心とからだのセラピースペース


by まりりん
尿療法でかなり軽くなっている花粉症ですが、
ヒノキ花粉が飛び始めて、
ティッシュの減りが速くなりました。

mmsを飲み始めてみました。

ちょうど
2日前の晩に
オルゴナイトが届きました。

オルゴナイトというものを、つい最近まで知らなかったのですが、
いろんな情報をくださるお客様から教えて頂きました。

見た目にもきれいで、いろんな魅力的な効能があるようです。

なぜか、しばらくあまり魅かれませんでした。
まあ、いろんなものがあるし、いろんなことをやっているから、
もう、いいかな、って感じでした。

ところが、にわかに
パソコンの電磁波がつらくなってきたのです。

これは何とかしなければと、
見直したのがオルゴナイトでした。

ウィルヘルム・ライヒが提唱した
オルゴンエネルギー。
ライフフォースエネルギー、気、プラーナ、、、
それを生み出すオルゴナイト。
そして、電磁波を防御し、
マイナスイオンを発生させる・・・

手に入れるなら、私に合うものが欲しい。
いろいろ研究?しました。

あれこれ探して、ペンジュラムに相談して、
最後は直感で、意外とあっさり決めました。

で、届いたのがmmsを飲み始める2日前。

翌日、花見のつもりが
かなりの険しいガラ場を上る登山?になってしまいました。

オルゴナイトはリュックの中。

心臓が弱くなっていて、
もう何年も、登山は無理、とあきらめていました。
ところが、登ってしまいました。

後で疲れが出ると思ったけど、全然大丈夫でした。
筋肉痛も当然、と思ったけれど、
ほとんど出ませんでした。

そして、鼻水も、
オルゴナイトとmmsの相乗効果なのか、
よくわかりませんが、
あっさり止まっています。
とても爽快です。


パソコンの前にオルゴナイトを置いて作業をしています。
以前感じていた不快感はありません。

寝るときは枕の向こうに、
くつろぐときは居間のテーブルに、
仕事中はヒーリングルームに、
食事の時は食卓に、置いています。
出かけるときは背中にしょって、
いつも一緒です。

手が空いているときは手に握って、
気持ちのいい微細な波動を楽しんでいます。
凝ったところに当てていると、凝りがスーッと流れて行ってしまいます。

学習会やお茶会の時は、その真ん中に置いています。
以前よりさらにハッピーな集まりになっている感じがします。

このところかなり改善されていた睡眠の質が、更によくなっています。


書いてみたら、ほとんどオルゴナイトのことになってしまいました(^_^)





# by d_rainbow | 2018-04-06 15:20 | 療法
玄米菌万能酵母液を使い始める4年余り前、
首の後ろの髪の毛の生え際に
皮膚の異変が始まりました。
触るとかすかに膨らみがあります。

痛くもかゆくもないし、
髪の毛に隠れていて、特に不都合はありません。
でも、お客様相手の仕事だから、
うつしてはいけないと思い、
調べてみました。

伝染性のものではないとわかり、一安心。
中年以後の女性に多いもの、
原因不明、
治療はステロイド塗布、
早めに治療するように、とのことでした。

皮膚科に行く意味はないと判断、
様子を見ることにしました。

1年ほどは特に変化なし。
2年目からほんの少しづつ拡がってきたような…
4年たったころ、拡がるスピードが増した気がしました。
夫に見てもらうと、赤くなっているとのことでした。

ちょうどそのころ万能酵母液を始めました。
毎晩お風呂の後に、万能酵母液を塗って、
乾いたら納豆菌水を塗りました。
1日1回です。

4年たって拡がった部分が、
割と短期間で消えました。
1~2週間くらい?
その後何か月かで、2,3年目に拡がっていたあたりが
治りました。
そのあとはなかなか進展がありませんでした。
でもとうとう、約1年で、
ほぼ完ぺきに、消えました。

気長に続けてみるものですね。
簡単だからできました。
今もまだ塗っています。

手の指にすこーしづつ大きくなっているイボがあるのですが、
こっちは効き目が見られません。
すぐに洗ってしまうからでしょうか?


# by d_rainbow | 2018-03-25 13:06 | 万能酵母液
私がもっともっと活用したいと思っているサイト
強健ラボ、
今日こそ抗がん剤についての真実を紹介しようと思って
探していたら、

「水素水より健康に良い…」http://maron49.com/3711
という記事が目について、
クリックしてみると…

ありましたありました!!

さすが強健ラボ、ちゃんと紹介してあったのですね。

もっともお金がかからず、手間もかからず、だれにも知られずにできる療法。
しかも、何にでも効果がある。

どうぞ読んでみてください。

コメントにある
「勇気なんていらない。
 好奇心とよくさえあれば」
同感です!


# by d_rainbow | 2018-02-23 11:22 | 健康

とても有益な情報満載の
「強健ラボ」http://maron49.com/というサイトから
抗がん剤の真実を紹介したいと思って、
ちょっと道草したら、まずこちらをご紹介する気になりました。

舟瀬俊介さんが紹介している情報です。
『ワクチンの罠』という本です。
転載させて頂きます。


《ワクチンは、いいですか?

1972年に、WHOの極秘文書はパトリック・ジョーダン
という勇気あるジャーナリストによって暴露された
んです。

それは何と書いてあるかと言うと、
WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発すると。

極秘文書ですね。

ワクチンは生物兵器であると認めている
んです。

それもスリーステップでこの生物兵器を
人類の身体に時限爆弾として埋め込むとそこまで書いています。

まず、0歳児に打つ。

なぜか。まず、0歳児で免疫が弱い時に、ワクチンの種を植え込むと。

だから0歳児に20回、30回打つの。

だからその、「何で0歳児にワクチン打つんですか?」ってよく聞かれる。

その子を将来、殺すためですよ。」

今度、子宮頸癌ワクチン。

10代になったら打つ。それはどうしてか。

今度この生物兵器がスタンバイモードになるんです。

そして今度、パンデミック
で、インフルエンザが流行った。

その時は国家で強制的に法律を作って
おくわけ。

誰も逃れられない。


その時に最後の仕上げでトリガー、引き金のワクチンを打つ。

そうするとそのアジュバントというトリガーになる薬が引き金を引くんです。

すると何が起こるかと言うと、サイトカイン・ストームという免疫の嵐の爆発が起こる
んです。

確実に死にます。原因不明で。

ワン・ツゥ・スリー、これで逝くわけですよ。》



私たちは健康のためと思って、ワクチンを打ちます。
私たちはWHOは私たちの健康を守ってくれると思っています。
私たちは医療は私たちを病気から守ってくれると思っています。
私たちは政府や厚生労働省は国民の健康を願っていると思っています。
残念なことに、これ、全部間違いだと気づくことが必要なようです。

# by d_rainbow | 2018-02-21 11:48 | 健康
毎年恒例
2月の 永森木綿子さんの展覧会
今年は陶作家の岡本みつおさんとの2人展です。

会場は
あの素敵な神戸館ギャラリー。


今回は夕方、
いつもと時間帯が違うので、
人が少なく、落ち着いてゆったり鑑賞できました。


まああー!
なーんて、鮮やかなんでしょう(*^▽^*)
そして、明るい。
わ――。
ほほえましいとりさん、かえるさん、、、、

木綿子さんの絵は時々女性が登場しますが、
今回は、ふくよかな人が増えた気がしました。
私好みです。

うーん、力強さが増した感じがします。
見ていくうちに、
自分の顔から笑みがこぼれているのに気が付きました。

心の変化を感じる前に、顔が勝手に変化しています。
そして、ほてっているような、輝いているような、面白い感じ。

絵から、あったかさがあふれている…

日々の作家さんの変化、心の変化、生活の変化…がもろ
作品に出るんだなあ。


陶の方は、たくさんお買い上げになった方が、
すぐに海外へ帰国されるとかで、
お持ち帰りになったそうで、
残念でした。

かわいい犬の作品、
花器、など、魅力的でした。


初めて神戸館でスイーツを楽しみました。
いつもはモーニングかランチだったので。
バナナクレープ、おいしかったです(*^^)v
同伴者はフレンチトースト、
ひと切れいただいたら、やさしいお味で、これもとてもおいしかったです。
食べ放題じゃないので、食べ過ぎなくて済みましたが、
でも、あとでホイップクリームがちょっとで重かったです。

素敵なアフタヌーンティータイムを過ごすことができました。


2月27日まで明石の喫茶神戸館で開催しています。


# by d_rainbow | 2018-02-09 16:02 | 生活雑記