心とからだのセラピースペース


by まりりん
『緑内障・黄斑変性症・糖尿病網膜症を自分で治す方法』

        山口康三 著   現代書林   1400円+税


『白内障・緑内障が少食でよくなる』という本が
図書館で貸し出し中で、
たまたま目に留まったこの本を借りて帰ってみたら、
同じ著者でした。

西洋医学では、どの病気も
全身を見ずに、
特定の臓器に焦点を当てるのが普通のようです。

この著者は、東洋医学に精通していて、
眼だけでなく、全身を見て、
全身の状態をよくすることで、
目の病気も、
その多くが顕著に治療効果が上がることを実感し、
治療に役立てています。

読んで楽しい症例が色々載っています。


この3つの目の病気は
生活習慣病だ、ということで、
歩くことと、食事を変えることを、特に勧めています。

歩くのは、1日に1万3千歩以上。
ゆっくり、何回かに分けて歩きます。
歩くことで、血液の循環が良くなります。

食事は、
量を減らす。
精白しない穀物を摂る。
肉、魚を少なく、野菜を多く。


私がこの本を読んで、
へー、知らなかった!覚えておきたい!!
と思ったことが3つありました。

白内障は、手術をすれば良くなると、
安易に考えられているような気がしますが、
水晶体を切除するので、
網膜が老化しやすくなるので、
黄斑変性症を発症する確率が高まる。

糖質制限食がもてはやされていますが、
相対的に食事中の脂肪やたんぱく質の摂取割合が高くなり、
寿命の短縮、心臓病・痛風・腎臓病・アレルギー・がんの増加などが
起こりやすくなることが指摘されている。

黄斑変性症や白内障を防ぐには、
光過敏症にならないように気を付ける必要がありますが、
現代医学の大半の薬が
光過敏症を引き起こすと言っても過言ではない。

そしてもう一つ、
コーヒーは、
目のためには、飲まないほうがいいのだそうです。

もう一つおまけ
目は心の窓といいますが、
身体の窓でもあるようです。
目が健康になると、
脳も健康になるそうです。
眼底検査で動脈硬化や高血圧がわかり、
視野の異常パターンから、脳の出血部位もわかるそうです。



著者はこういう生活指導をすることで、
びっくりするような治療効果を上げているのですが、
いまだに
眼科医の大半は
歩いたり食事を変えることで目の病気が治るはずがない
という意識だそうです。

自分の健康を守るには、
医者任せにせず、
自分で有益な情報を集めて、
実践する必要を痛感します。


こうして眺めてみると、
身体にいい治療法はお金がかからず、
身体に悪い治療法はお金がかかる。
と見ることもできそうです(*^▽^*)



[PR]
# by d_rainbow | 2017-10-27 11:48 |

仲良くすること

先週、10月20日は
第22回の「アクアリア」でした。

2016年1月にダブルレインボーで始まった
かっち君と『奇跡のコース』を学ぶ会です。


私にとっての『コース』のキーワードは
「赦し」です。

当初から
かっち君のキーワードは
「統合」なのだなと、
見ていました。

私には「統合」というものが、よくわかりません。


『コース』が言うには
私たちは本当は
全員がひとつ。
だのにこの世界では、ばらばらに分かれたかのようになっていて
たがいに違いを強調し合って、
競い合って、争い合っている。

バラバラを解消して、一つになっていく、
それが統合。


でも、実際に、この世界で、
どういうふうにするのか?

かっち君にしつこく聞くと、

それは
「仲良くすること」!!


そっかー!!!


だって、競い合ったり争い合っているときは
とってもみじめ、悲しい。

仲良くしていると、楽しい、幸せ。
心があったかくなる。


そういうことだったのかあ!!!



かっち君は時々、
とってもわかりやすい、すっきり理解できる
言い換えをしてくれます。

はじめのころにそっかあ!!と思ったのは
「世界はエゴが作った」ということ。

かっち君は言います。
「だって、テキストに書いてあるやる?」
そりゃそうだけど、あまりに明快で、
楽しくなります。


第22回のアクアリアも、
おいしい持ち寄りがどっさり、
楽しい話題もどっさり。
何度も大笑いして免疫力アップ、
満ち足りた気持ちになった会でした。

[PR]
# by d_rainbow | 2017-10-25 14:49 | 『奇跡のコース』

ロミロミと卵醤

ハワイのマッサージ、ロミロミを
初めて受けました。

そしてうっかり、
その日に
卵醤を始めました。


ロミロミ、ものすご~く気持ちよかったです。

卵醤の方は
意外と、飲めました。


卵醤というのは
質の良い有精卵
半量の、自然海塩で作った天然醸造の醤油を
混ぜて、生で飲みます。

とても塩辛そうだけど、まあ、飲めます。

1日1個
4日続けて、
3・4日空けてもう1回、
あとは週1回くらい飲むのがいいようです。
人によっては週2回とか。

私は2回飲んで、1日抜けて、
もう2回飲んで、
気持ち悪くなってやめました((+_+))



9月下旬、かなりハードな日々だったので、
その疲れが抜けず、
毒素がたまっているような感じがしていて、
それをどうにかして取りたい!!と思っていました。
グッドタイミングでロミロミを受けることができました。

本来のロミロミがどういうものか知らないのですが、
いろんなものを採り入れたロミロミだそうで、
エサレンマッサージのような
流れるような全身のストロークとか、
1本1本の指先から絞り出すような施術で、
毒素が排出されるような感じがしました。

そして、外に出た時に、
視力の低下を痛感していたのが、
少し回復したような気がしました。

うっとり、ほんわか、ぼや~~っとして、
帰りに有精卵を買って、夕食前に卵醤を飲みました。
(卵醤は、いつ飲んでもいいようです。)


温泉に浸かっているようないい気持ちが持続して、
その晩はとてもよく眠れました。

取れないで持ち続けていた疲れが取れて、
とても楽になりました。


しばらくして気が付いたのですが、
夜中にトイレへ2・3回行っていたのが、
0回になっていました。

そして、朝起きてから、
午前中何度も何度も
ひどいときは10分に1回とか
頻繁にトイレに行きました。

更に気が付いたのですが、
血流が悪くなると、
起きているときは尿の出が悪く、
寝ると腎臓に血がたくさん流れて、
尿がどんどん作られるようになるとか。

どうも、血流が良くなって、
夜はしっかり眠れるように
尿の量が減って、
起きてからどんどん排出されるようになったようです。

これって、若返ったってこと(*^^)v


そして、とても元気になりました。

ロミロミと卵醤を同日に始めたので
どちらがどう効いているのか
判断できません。

どちらも、血流が良くなる効果があるので、
きっと、相乗効果でしょう。


卵醤には、かなりすごい効果があるようです。

現代人は良質の塩が不足していて
不調になっているので、
自然海塩を、生卵卵と一緒に摂ることで
吸収を高め、
塩不足の解消を図るのです。

不整脈とか、認知症とかにまで効果が見られ、
寝たきりになっていた人が歩けるようになったりするようです。

有精卵とか、天然醸造の自然海塩を使った醤油とか
入手がちょっと難しいですが、
それ以外の手間はかかりません。

卵醤までしなくても、
いい塩を日常使う、
塩の摂取を心がけるだけでもいいかも。
減塩は、だめ! まちがい!!

気持ち悪くなってやめてしまったけれど、
また必要を感じれば、
卵醤、飲もうと思います。

やっぱり、卵って病気とか、特別な時に摂るものですね。


ロミロミ、わあ~、きもちよかった!!
もう1回、受けたい~~!!!


[PR]
# by d_rainbow | 2017-10-25 11:25 | 療法
先日ご紹介した本
その186ページに、とっても素敵なことが書かれていました。

クリスティーンは
その時のことを思い出すたびに
胸が熱くなり、涙が出てくるそうです。

私はここを読むと、
とっても幸せな気持ちになり、
涙が溢れます。
他人のことだのに。


認知症と共に生きる人の
介護にあたっている人へのお願いとして、
クリスティーンが強く訴えているのは
認知症のをかかえた人を
魂の抜け殻のように扱わないで!!

ということです。

[PR]
# by d_rainbow | 2017-09-15 10:31 |
『私の記憶が確かなうちに』 
  「私は誰?」「私は私」から続く旅

    クリスティーン・ブライデン 著
    中川経子 著          クリエイツかもがわ  2000円+税


友人が
認知症の患者本人が書いた本
『私は誰になっていくの?-アルツハイマー病者から見た世界』
を教えてくれました。
認知症を持つ人の気持ちがよく理解できたと。

図書館に行くと、
同じ著者の4冊目の本を見つけ、
これを先に読むことにしました。

1冊目が出たのが1998年。(邦訳は2003年)
2冊目の『私は私になっていく―認知症とダンスを』が
2004年に日本で先行出版。
そして、この本が出たのが2017年です。


オーストラリアで、
大統領に科学分野の情報提供、アドバイスをするという
非常の高度な能力を駆使する役職を
有能に精力的にこなしていましたが、
それが少しづつ、ままならなくなり、
1995年に46歳でアルツハイマー病の診断を受けます。

最初に診断した医者は
「はい、間違いなく、アルツハイマー病です。」
「これらのスキャンには脳の損傷がはっきり映っています。
すぐに仕事を辞めなければなりませんね。
要職にとどまることはできません。」
「若年性アルツハイマー病の進行は、一般的に非常に速いものです。」
「普通、診断がなされた後は、
生活の基本的なことに対する介助が必要になるまでには5年くらいですが、
最後を迎えるまでには、
さらに2年か3年とかを高齢者介護施設で過ごすことになります」
と告げます。


「周りの世界は以前と変わりなく見えましたが、
たった今、
天地がひっくり返るほどの地震が起きたばかりのように感じていました。
私の過去と現在の間に巨大な地震のような変動があったのです。
未来は、私のあらゆる感情を吸い込んでしまう、
いったん入ったら脱出できないブラックホールでした。」


発症から20年余りにわたって、なぜ彼女は
かなり知的な仕事を継続できているのか、
(これはかなり異例の、驚異的なことです)
そのヒントが得られるかもということで、
著者の生い立ち、成長過程、家庭生活、職業生活が
紹介されています。

華々しい職業生活の背後には、
とても厳しい私生活があり、
そこを読み進めるのは結構きつかったのですが、
そのあとには、素晴らしい喜びが展開されます。


退職し、いったんは引きこもり、
落ち込みますが、
やがて、第2の仕事、役割、生きがいを見出し、
活躍し始めます。
大変な苦労と頑張りと共に。


「私はこれらすべての偏見を、
行く手を阻む邪魔な木や枝のように切り落とし、なぎ倒しては、
押し進んでいるのです。
認知症のない人たちに、
認知症とともに生きている人たちは、
社会に貢献ができるということに、
私たちは、今でも社会との絆を必要としていることに
気づかせることを目指しているのです」


著者は日本にもたびたび訪れ、
認知症当事者、医療・福祉関係者と交流を重ねているそうです。











[PR]
# by d_rainbow | 2017-09-13 16:20 |