心とからだのセラピースペース


by まりりん

What a wonderful worid 展に行ってきました

毎年恒例
2月の 永森木綿子さんの展覧会
今年は陶作家の岡本みつおさんとの2人展です。

会場は
あの素敵な神戸館ギャラリー。


今回は夕方、
いつもと時間帯が違うので、
人が少なく、落ち着いてゆったり鑑賞できました。


まああー!
なーんて、鮮やかなんでしょう(*^▽^*)
そして、明るい。
わ――。
ほほえましいとりさん、かえるさん、、、、

木綿子さんの絵は時々女性が登場しますが、
今回は、ふくよかな人が増えた気がしました。
私好みです。

うーん、力強さが増した感じがします。
見ていくうちに、
自分の顔から笑みがこぼれているのに気が付きました。

心の変化を感じる前に、顔が勝手に変化しています。
そして、ほてっているような、輝いているような、面白い感じ。

絵から、あったかさがあふれている…

日々の作家さんの変化、心の変化、生活の変化…がもろ
作品に出るんだなあ。


陶の方は、たくさんお買い上げになった方が、
すぐに海外へ帰国されるとかで、
お持ち帰りになったそうで、
残念でした。

かわいい犬の作品、
花器、など、魅力的でした。


初めて神戸館でスイーツを楽しみました。
いつもはモーニングかランチだったので。
バナナクレープ、おいしかったです(*^^)v
同伴者はフレンチトースト、
ひと切れいただいたら、やさしいお味で、これもとてもおいしかったです。
食べ放題じゃないので、食べ過ぎなくて済みましたが、
でも、あとでホイップクリームがちょっとで重かったです。

素敵なアフタヌーンティータイムを過ごすことができました。


2月27日まで明石の喫茶神戸館で開催しています。


[PR]
by d_rainbow | 2018-02-09 16:02 | 生活雑記