心とからだのセラピースペース


by まりりん

『菜食への疑問に答える13章』

『菜食への疑問に答える13章
   -生き方が変わる、生き方を変える』

       シェリー・F・コーブ 著
       井上太一 訳         新評論  2500円+税


図書館の新刊のところで夫が見つけました。
最初の方にある
「菜食人になる共通の理由は3つに分かれる。
・健康
・環境
・動物」
を見せられて、借りました。

まだ1/3も読んでないのですが…
とても興味深いです。


私はかなりいい加減なビーガンです。
この本では「菜食人」と訳されています。

ちなみにベジタリアンは「菜食主義者」

菜食人は卵も牛乳・乳製品も食べない人。
菜食主義者はそれは食べるけど、肉・魚は食べない人。

私は、ビーガンはだしも含めて
一切の動物性のものを摂らない人だと思っていましたが、
この本での定義は
重要な必要性があって、
上記のようになっています。


私は自分の趣味で、ひっそりと
いい加減なビーガンをやりたいと思っているのですが、
そういう私のような存在を脅威に感じる人がいるように感じていました。

そして、あれこれ質問されるのを煩わしく感じていました。

便利な本ができました。
これからは質問されたら、
この本を教えてあげようと思います。


なぜ、私のような存在を脅威のように感じる人がいるのか、
なぜあれこれ質問するのか、
そのわけも、わかりました。


少数者でいるということは、居心地のいいものではないです。
奇異の目で見られたり、
非難されたり…
自分が非難されていると思い込んで攻撃的になられたり…

そのわけもわかりました。


最近のブログに書いているように、
今、卵醤を試しています。

面白いものがあるとつい試したくなって…

でも、平飼いで良い卵を生産しているようでも、
その背後には隠れた殺戮が、避けようもなく存在する・・・

「命を奪いたくないから有精卵でなく、無精卵を食べる」と言う人もいますが…


「動物はだめでも、植物はいいの?」と言う人も多いです。
著者はこれにきちんと丁寧に答えていますが、

私は著者の説に同感しません。

ごめんなさい、せめて植物だけでも食べないと、まだ生きていけないから…
やがては不食を目指します。
それまで、最低限の植物をいただきます。


この世界は、神に背いたと思い違いした
強烈な罪悪感をごまかすためにできた世界だから、
こういうふうに、必ず、
「すべてよし!」と言えるものはあり得ないんですよね。

だから、自分は完ぺきに正しいということはあり得ないし、
どこにも矛盾がない、ということは不可能な世界…

その中で、お互い傷つけあわない、
なるべくみんなが居心地がいい
というところを探っていきたいと思います。






[PR]
by d_rainbow | 2017-05-31 15:01 |