心とからだのセラピースペース


by まりりん

今年は花粉症発症しない!?

毎年
3月から5月の連休明けくらいまで
陽気のいい時期ずーっと
マスクで顔を覆い、
ティッシュが手放せないのですが、
今年はそのうっとうしさから解放されています!

マスクしないって、なんてさわやか!♪

半信半疑ながら、今日もまだ大丈夫です。


去年までと、何が変わったのかな?


尿療法
花粉症にも効果があると言われています。

2013年6月から私は始めました。

毎年少し、効果を感じてきました。

今年に入って、
MMSを始めたので、飲む量を
1/4~1/5に減らしていました。

MMSを中断したのと、
体力が落ちてきたのを感じて、
元の量を復活させました。

尿療法の効果は、ある程度、考えられます。
あくまでもある程度です。


去年新たに始めたことの一つは
玄米菌の万能酵母液と納豆菌水です。

去年の6月から始めて、
寒くなるにつれて飲む量は減りましたが、
ご飯を炊いたり、ケーキを焼いたりスープを作るときは
ほとんど酵母液を使っています。

煮物にも入れます。
夫は、スムージーに万能酵母液を入れるとおいしくなると言います。
みそ汁は納豆菌水で作っています。

万能酵母液と納豆菌水の効果は、確かにあるのでしょう、きっと。


今年に入って始めたことは、
MMSです。

1月中頃から、3月下旬まで続けました。

これの効果も考えられます。

友人のお連れ合いは、
毎年ひどい花粉症で
お医者さんでどっさり薬をもらい、
ベッドの周りはティッシュだらけになるのだそうですが、

MMSを朝晩6滴飲んでいる今年は
医者にも行かず、
ティッシュもたまに一つ落ちているくらい
なのだそうです!
ほかには変わったことはしてないから、
MMSしか考えられないとか。

でも、別の知人は、熱心にMMSを摂っているけれど、
鼻水ズルズルらしいです。

そして私は、3月下旬にMMSを中断して
再開しないまま、
今のところ大丈夫です。


とにかく、
尿療法も、万能酵母液も、MMSも
効果がある!!
と感じます。

特に
尿療法と万能酵母液は、
続ければ続けるだけ恩恵があるのは
間違いないと思います。


MMSは、
特に感染症などにかかった時や、
流行時の予防に、
保険として持っておくには
とても力強いものだと思います。

長期間保存ができ、場所も取らないので、便利です。



[PR]
by d_rainbow | 2017-04-04 10:45 | 療法