人気ブログランキング |

心とからだのセラピースペース


by まりりん

うま味調味料の興奮毒性

化学調味料のイメージが落ちたので、
最近はうま味調味料と言うらしいです。

グルタミン酸ソーダ
グルタミン酸ナトリウム
グルソー

よくないものだ
とは思いながらも

ほとんどすべての加工食品に入っているので、
あきらめムード。


しかも表示が大雑把になって、
アミノ酸等とか
たんぱく加水分解物とか
調味料(アミノ酸)とか

見分けがつかない!
しかもなんか、いいものかと思い違いしそうな…


体感的には
中華料理、ラーメンを食べるとぐったりするので、
なるべく避けたいと思っていますが


徳間書店の5次元文庫
『マスコミとお金はひとの幸せをこうして食べている』

を読んで、
ここまで恐ろしいものだとは…(@_@)(-_-;)


認知症が増えるの、当たり前じゃん!!
自閉症、ADD,パーキンソン病が増えるのも当然!!


グルタミン酸は
血液脳関門を開き、
脳に入り、
神経細胞を傷つけ、
殺してしまう。


水銀、アルミ、農薬、除草剤、
グルタミン酸、アスパルテーム、
どれも、脳に損傷を与える仕組みは同じ。
すべて興奮毒性のメカニズム。


そして、心臓突然死。

もし、化学調味料を含む食事をして、
アスパルテーム入りの飲み物を飲んだ後、
激しい運動をしたら
心臓にあるグルタミン酸受容体が強く刺激され、
人によっては、心臓突然死を起こす!

心臓突然死の原因、
不整脈と冠動脈攣縮。
どちらもグルタミン酸によって起きる!

コンビニのおにぎりやお弁当と清涼飲料水でお昼を済ませ、
午後に運動、というのは、よく見る光景では?


さらに追い打ちをかけるように…

興奮性神経毒は
がん細胞の成長と転移を劇的に促進する!



中でも最悪なのは
大豆抽出物なのだそうです。

25年間の追跡調査で、
大豆食品をよく食べる人たちの脳を
CTスキャンで観察したところ、
認知症と脳萎縮の最も高い発症率が確認されたそうです。

これは困った(@_@)
ほぼベジタリアンの私は、どうしたらいいんだ???


これらの研究をし、公表している
ブレイロック博士によると、

食品中の神経毒の危険性を述べる研究者には
すさまじい圧力がかかるのだそうです。

本を書いたときに知人が
「本当にこの本を出版したいのか。
もしそうすれば、
彼らはお前が死ぬまで追っかけてくるぞ」
と言ったそうです。

ブレイロック博士の答えはイエス

ただ、気にかけたのは
彼らが決して反論できないほどのものに仕上げて見せる!
ということだったそうです。

なぜこういうことが報道されないのか?

マスコミは、こういうことが報道できない仕組みになっているのです。

必要な情報は自ら手間と暇、お金もかけて求めましょう。
手始めは800円+税のこの本。
私は図書館で借りたので、手間と暇だけです(*^^)v



by d_rainbow | 2017-02-24 11:10 | 健康