人気ブログランキング |

心とからだのセラピースペース


by まりりん

もう一つのマイブーム「湯たんぽ」( ^)o(^ )

この冬はぬくぬくの夜を過ごしています(^^♪

年とともに冬の冷えを痛切に感じるようになっていました。
やがて寝室にも暖房が必要かしら
などと考えていました。


ふと、娘に何度も湯たんぽを薦められていたことを思い出しました。

かつて愛犬ももが使っていたオレンジ色のが物入れにあるはず…
面倒で何年も見送っていましたが、
動き出したら、すぐ見つかりました。

やかんに一杯お湯を沸かして、
満杯にしないと変形すると書いてあるので、
足りない分水を足して、
バスタオルでくるんで袋に入れて、お布団に入れました。
お布団の、温かくなっていてほしいあたりに置き、1時間ごとに移動させ、
寝るときに足の先に移しました。

きれいな色のあったかい湯たんぽを扱うのは、楽しいです(^^♪

さて、
お布団に入りました。
まあ!なーんて暖かいんでしょう!!(*^^)v
しあわせ~(*^▽^*)
お布団が温まっているから、手もあったかい。

暖かいって幸せ~

この幸せ、1回目が一番強烈、
だんだん慣れて、当たり前になり、、、
でも、湯たんぽやめたらみじめになるのは確実。

夜中トイレに起きず、
熟睡(*^^)v


そして朝。
お布団の中にいれば、寒さを全然感じません。
今日はあったかいの?と思ってしまいます。

まだまだ暖かい湯たんぽを持って台所へ。
ボールに2・3杯のお湯があるから、
これで手を温めながら朝の作業をします。


私が子供のころ、
姉が湯たんぽを使っていました。

ある日、起きたら、
ふくらはぎの外側に低温やけどしていました。
だいぶ長い間お医者さんに通っていました。
きれいに治りましたが。

だから、低温やけどにはとても気を付けています。

夫は寝るときに湯たんぽが足に触る位置に置きたがります。
私は足を延ばして、向こうのほうに押しやります。

ラジオでお医者さんが湯たんぽをとても薦めていました。
でも、低温やけどについての注意は全くしてなかったので、
ちょっと心配しました。



by d_rainbow | 2017-02-07 10:32 | 生活雑記