心とからだのセラピースペース


by まりりん

尿療法  Y子さんからの情報 1 副鼻腔炎

尿療法を

ご自身の健康ライフに、育児に、

活用していらっしゃる30代の女性Y子さんが

情報を寄せてくださいました。

3回に分けてご紹介します。



尿療法 副鼻腔炎

2年前の春、副鼻腔炎になりました。

症状は、

オレンジ色の鼻水が出たところから始まり、

鼻がかんでもかんでもスッキリせず

どんどん出てきて、

味覚、臭覚は感じず、

顔面痛、歯痛、眼の奥の痛み、頭痛に、

全身の関節痛の翌日に高熱が出ました。

10年前にも

同じ症状になったことがありました。

耳鼻科で出された抗生剤を飲んだものの

なかなかよくならなかった経験もあり、

強い薬はもう飲みたくないと思っていました。

2年前は授乳中だったこともあり、

薬はどっちみち飲めないからと

病院も行かず

生理食塩水で鼻うがいをしていました。

はじめの症状が出てから4日目、

高熱が出てどうにも辛くなったころ、

母に、

尿で鼻うがいしてみたらどうと

すすめられました。

その少し前に飲尿を試していて

効果を感じていたことと、

臭覚も全くなかったため、

抵抗なくすぐにやってみました。

鼻うがい後、

鼻をかむと奥の方から

膿の塊のようなものがぽ〜んと出て、

はじめてスッキリ鼻が通ったのです。

効果テキメンでした。

その日は辛くなる度に行い、

翌日からはだいぶ楽になったので

朝晩2回くらいだったと思いますが、

10日程で完全に治りました。

その後、

秋に再び副鼻腔炎になりましたが、

軽いうちに鼻うがいをしたので、

34日ほどで完治し

それ以来は かかっていません。


[PR]
by d_rainbow | 2016-12-13 20:42 | 療法