人気ブログランキング |

心とからだのセラピースペース


by まりりん

特別寄稿 「私のがん体験」 2

 手術は、問題もなく短時間で無事に済み、

手術後2日目でしたか吐き気がして食事がとれない時が有りましたが、

他には痛みも無く順調に回復していきました。



 退院の日が近づいた頃、

医師から抗がん剤を勧められました。


リンパを取らなかったので

リンパ節に転移しているかどうか分からないから

抗がん剤をしたほうが良い、

このまま入院を続けて抗がん剤をしてはどうかということでした。



私は、抗がん剤をする気は有りませんでしたが、

「抗がん剤の副作用について説明して欲しい」とお願いしたところ、

時間をとってくださり、病棟の婦長も同席で、

1時間位説明をしてもらい、夫と共に聞きました。



 説明によりますと、次のような副作用があるということでした。


・アレルギー、アナフィラキシー反応

・関節痛、腰痛

・消化器症状、(吐き気、嘔吐、便秘、下痢)

・骨髄抑制

  白血球減少・・・感染、発熱

  赤血球減少・・・貧血

  血小板減少・・・出血

・ 肝機能障害、腎機能障害

・脱毛

・末梢神経障害(手足のしびれ)


そして、リンパへの転移の可能性は2025

抗がん剤の奏功率は、6070%位ということでした。


抗がん剤は、3週間毎に1回入院して合計6回行うということでした。



 私は、

元気になったらまた畑で野菜や花を作りたいと思っていましたので、

畑仕事が出来るかどうか尋ねたところ、


感染しやすくなるので、

土いじりは無理、

人ごみへ出かける時は、マスクが必要ということでした。


 婦長さんは、

「それでも皆さんやっておられますよ」と言われましたが、

私は説明を聞いて

抗がん剤は受けないという気持ちがより強くなりました。



 その後、医者には、

抗がん剤を受けるかどうか息子たちにも相談したいので、

一度退院させてほしいとお願いし、

手術から10日目に退院しました。



 退院の日、ナースステーションで、

夫は「近いうちにまた来ますから」と挨拶していましたが

私は、「もう二度と来るものか」と思いました。



 退院後、私の考えに賛成してもらうため、

息子には安保さんの本を読んでもらい、

娘たちも呼んで家族会議を行って、

抗がん剤を断ることに賛成してもらいました。



 そして、次の受診日に抗がん剤を断りましたところ、

医者は、すんなり了承され、

かわりに、定期的な検診はきちんと受けるようにと言われました。


                                  続く

 


by d_rainbow | 2016-12-04 20:34 | 療法