人気ブログランキング |

心とからだのセラピースペース


by まりりん

「万能酵母液」もう少し詳しく

先日の記事の追加です。


まず、未開封のミネラルウォーターのペットボトルに口をつけて
指定されたところまで水を飲みます。

空気が容器の1/3ほどなのが、発酵にちょうどいいそうです。


ふつうこういうことをするとき、消毒とか、雑菌が入らないようにとか、
言いますよね。
ところが、雑菌だらけの口をペットボトルに直に付けて飲みました(^_^)

玄米菌は、とっても強い菌で、
雑多な菌のある中でリーダーになり、
菌のバランスをとってくれるのだそうです。

その中に、O-157を入れると、
殺しはしない、けれど、O-157はおとなしくなり
悪さをしなくなるそうです。

だから、殺菌したり、雑菌の混入を防いだり
する必要はないのです(*^^)v

そして、玄米菌は、煮沸しても、冷凍しても、死なないそうです。



材料

玄米。
無農薬玄米を入手してください。
10回くらい再利用可。
使用後は液を切って、冷凍保存しておきます。
私はさっとすすいで、茶こしで水けを切って
ジップロックに入れて冷凍しています。
何回使ったかわかるように、
使うたびにのしるしを1本付け加えて。
使い終わった玄米は、ご飯を炊く時に一緒に炊くのがいいです。

さらさら黒糖。
いろんな黒糖が売られています。
原材料名を見ると、原料のサトウキビだけでなく、ほかの混ぜ物があったりします。
粉になっているのを、溶かして使えばいいかと思ったら、
それだとあまりうまくいかないそうです。
講習会場で売られているのが割高ではなさそうなので、
2つ(1パック500gで600円でした)買いました。
これで、玄米10回使う間、足りそうです。
講習会・結のHPから、10個以上送料無料で
購入できます。

海塩。
海水から作った塩であればいいけれど、
沖縄の塩はカルシウムが多いので不向きだそうです。
これも会場で買うのがいいかも。
私は今は普段使っている塩を使用していますが、
今度は一袋(200g 100円?)買ってこようと思っています。

水。
水道水を少し汲み置きしたもの。
浄水器を通したもの。
ミネラルウォーターは良くない、と言っていたけれど、
いいものを見つけたとのことで、
講習会ではそれが使われています。
私は、水道水のブルーソーラーウォーターをブリタに通したのを使っています。



分量

水  200g
玄米  20g 水の10%
黒糖  65g 32.4 %
塩    7g 3.5%

500mlのペットボトルで作るなら

水  285㏄
玄米  29g
黒糖  92g
塩 10g

先日も書きましたが、コツは
大雑把、いい加減、適当、です。
大体、でいいです、それが長続きのコツ(^_-)-☆


蓋をしっかりしめて、20~30回ほどしっかり振り混ぜます。

暖かいところに置いて発酵を待ちます。


室温で丸1日くらい、
35℃~45℃位にすると、早く発酵するようです。

発酵が進むと表面に小さな泡の塊が少しづつできてきます。
玄米菌は発酵力が強いので、あまり発酵させすぎないほうがいいそうで、
泡の塊の、小さいのが2・3できたくらいがいいようです。

耳をすましながらゆっくり蓋を緩めていき、
空気が漏れる「シュポッ」という音が聞こえたら
発酵成功(*^^)vです。
聞こえなければ、
もう一度しっかりふたを閉めて、
暖かいところに置いて、更に発酵を進めましょう。


この続きはまた次回(^.^)/~~~


まだ、万能酵母液を作り始めて、使い始めて2か月足らず。
わからないことだらけです。

でも、細かいことを気にせずに、気楽にどんどん作り続け、
使い続けていくうちに、だんだん理解が深まって、
液との付き合いが上手になっていく、と思います。

その過程を楽しんでいます。
気長にお付き合いいただけたらありがたいです。
by d_rainbow | 2016-08-05 11:44 | 万能酵母液