心とからだのセラピースペース


by まりりん

「『奇跡講座』の原稿の歴史」


ケネス・ワプニックの「『奇跡講座』の原稿の歴史」
JACIM別館に、6月26日に
和訳、掲載されました。


ゲイリーの本にもあるように、
アメリカでは、
ACIMの別の版が入手できるそうです。

それと「内なる平安のための財団」が出版しているものとの
違いを取り上げて、
ACIMや「内なる平安のための財団」を批判する人たちがいるようです。


そのことについての説明が必要、
ということもあって、

ワプニックさんがこれを書かれたようです。


けれども、そのこと以外に、
いろいろと参考になる興味深い情報が入っています。


実際のヘレンとイエスとのやり取りがどんな風だったかとか、

ヘレンが筆記している期間、どんな心理状態だったのかとか、

最初のうちはヘレンの「受信装置」としての機能が
調整中で、
いろいろ問題があったこと、

そして、かなりイエスと やりあった!とか、

だから始めの5章までくらいは、
矛盾点を探そうと思えば、
いくらでも見つけられる、とか。



あなたが『奇跡講座』に関して何をするにしても、
最も重要なことは、
怒りや裁き、あるいは「不当に扱われている」といった気持ちを
持たずにそれをすることです。

これらの反応は、常に自我のものです。
あなたが何をするにせよ、
その動機が自我を交えないものとなるように努めてください。

そのようなやり方であれば、
あなたのすることは何でも、愛に満ちたものになるでしょう。


人によっては、
異なったバージョンの利点について議論したくなるかもしれませんが、
本当に重要なことは、
『奇跡講座』がどこから来ているか、ということです。

それは万人の<正しい心>から来ているものであり、
どんな時でも、
私たちの一人一人が<正しい心>を選ぶことができます。

もしあなたが、その議論に何か意味があると考え、
論争に巻き込まれているとしたら、
あなたは議論し、差異を見るでしょう。

しかし、本当はそこには何の違いもないのです。

違いは、
形態(肉体)の中には疑いようもなく存在していますが、
内容(心)の中には決して存在しません。

ですから、異なった立場を代表する人々の間には、
何も重要な違いはあり得ません。

差異を見て、それを何か重大なものにするときは、
自我が私たちを捕まえたときです。

というのは、その時私たちは、
分離という「小さな狂った考え」を笑い飛ばすことを忘れているからです。


人々が論争を起こすのは、
葛藤が存在する状態を必要としているからです。

そして、葛藤が存在するとき、
自我が招き入れられたことは確かです。

<正しい心>の中には葛藤はあり得ません。

・・・


ここで大切なことは、
人は、どんな立場であれ自分が正しいと思う立場に立つべきですが、
それを大仰なものにしようとしないことです。

真に正しい唯一の立場とは、

私たちは皆、
間違った教師を選ぶという同じ間違いを犯したが、
今は選びなおすことによってその訂正をすることができる、
という立場です。

これが唯一の重要な事柄です。

今起こっていることは、
これまでとは違った選択をするためのもう一つの機会に過ぎない、
ということです。

つまり、分離した利害ではなく共通の利害を見るための機会です。



Ⅵ.結論 から少し紹介しようとしたのですが、
「少し」にするのはとても難しく・・・

是非、読んでください、とてもいいです(#^^#)



加古川のダブルレインボー
「かっちくんとACIMを学ぶ会」をしています。
純粋非2元を なるべくオブラートに包まずに、やっています。

東加古川のソフィアハウスで
「ACIMを楽しむ会」を開いています。
こちらは、気楽に、スピリチュアル何でもありで、楽しんでいます。

どちらも、どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお問い合わせください。




        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2016-07-08 11:57 | 『奇跡のコース』