人気ブログランキング |

心とからだのセラピースペース


by まりりん

『愛は誰も忘れていない』その2

デイリーの3部作の完結編、読了しました。
とても面白かったです。


ゲイリーは、現世でのタダイに出会いました!
急展開です。

そして、現世でのあの人、この人と
来世でのあの人、この人が、つながります。

幻想の中での輪廻転生が、立体的に感じられてきます。


前半ではこれまでの復習っぽところも多いですが、
新たな視点、新たな情報、なども多く、
ワクワクしながら読みました。


「エゴの脚本にあるのは、カルマとも呼べる出来事で、
それは誤りだし、画面上で起きているように見える幻想の因果に過ぎない。
その一部には一見、身体に起きているように見えることも含まれるが、
身体は単に結果であり、分離を象徴する症状なんだ。

精霊の脚本に書かれていることは、心の中で起こる。
心の真の力を使うことを学んで、
見るものについて精霊の解釈のほうを選ぶと、
精霊の脚本に切り替わるんだ。
それは時空の外側からやて来て、
時空に対する君たちの思いを変えてくれる。」


ほんの少しですが、ホ・オポノポノも出てきました。
ゲイリーの質問にタダイが答えています。
なるほどー、やっぱりー、そうかー!です。
内容については、どうぞご自分で確かめてください。
p.329 の最後の2行と、次のページの最初の2行です。
楽々立ち読みできる短さです(^_-)-☆



読み終えて、難解な『奇跡のコース』の理解が、またほんの少し深まって、
赦しの実践にほんの少し磨きがかかり、
「『奇跡のコース』を生きる」ことへの
意欲が、さらに増したことは確かです(*^^)v



コースが提示している世界観?は
ほかのスピリチュアルなものとは全く異なっていますが、
その説明の中には、
これまでのスピリチュアル界での言説?と
重なるところがたくさんあるような気がします。

ということは、

いろんなスピリチュアル本を読んだり、

エゴを創造主と誤解している?
罪悪感が温存されたまま?
という問題はあるにせよ
「覚醒した!」とされているいろんな人の本を読んだりするのも、

コースを理解する下地として、
有益なんだー。と思ったりしました。


もう一度『愛は誰も忘れていない』読みます(^^♪
by d_rainbow | 2016-07-01 11:20 | 『奇跡のコース』