心とからだのセラピースペース


by まりりん

『奇跡の脳』

『奇跡の脳』 ジル・ボルト・テイラー著 新潮社


37歳のアメリカの神経解剖学者が、ある朝脳卒中を起こします。

左脳に内出血が起こり、徐々に左脳の機能が侵されていきます。


衰え行く左脳で、
自分に起こりつつある変化を冷静に興味しんしんに観察しながら、
「助けを呼ばなくちゃ!」と、
時折やってくる明晰なひと時を待っては、
電話をかけるという大仕事に取り組みながら、
頭の激痛に襲われながらも、
相対的に優位になった右脳の至福感、恍惚感に浸り、
このままでいたいと感じます。

「この本は、私が脳卒中で人間の脳の美しさと回復力を発見した物語です。
左脳が衰え、再び回復するのを体験するのがどんな感じか、
一人の神経科学者の目を通してみた、個人的な記録でもあります。
この本が、健康な脳と病気の脳の働きについて
新しい発見を提供することを心から望んでいます。」


リハビリでは、白紙状態の脳に必要な情報をどんどんインプットしていきますが、
著者は意識して、いらないものは取り込まないようにします。
たとえば憎しみとか嫉妬とかの回路を再び作らないように。

「脳卒中によってひらめいたこと。
それは、右脳の意識の中核には、
心の奥深くにあり、
静かで豊かな感覚と直接結びつく性質が存在しているんだ、という思い。
宇宙は世界に対して、
平和、愛、歓び、そして同情をけなげに表現し続けているのです。」

「自分に苦痛を与える思考を巡らす必要なんかないんだと気が付いた。」


「右の脳は全体像を感じ取り、
自分の周囲や自分の内部のすべてのものは、
宇宙という織物に織り込まれたエネルギーの粒子でつくられていることを理解しています。
あらゆるものがつながっているので、
私の周りと内側の原子の空間と、あなたの周りと内側の原子の空間との間には、
私とあなたがどこにいても密接な関係が生じます。・・・
ほんの一例ですが、レイキ、風水、鍼灸の技術や瞑想がうまくいく理由は、
医学的には謎のまま。
これは、いかに右脳が機能しているかという事実に、
左脳や科学が未だに追いついていないからでしょう。
でも、右脳マインドが直感的にエネルギーの動きを感じ、
取り入れていることは、ほぼ確かだと思います。」


「社会の精神的健康は、その社会を作り上げている脳の精神的健康によって決まります。
残念なことに、
西洋の文明は、愛すべき平和な右脳の特性が存続するためには、
全くもって挑戦的な環境です。」

「世界を変えたいのなら、私たちが変わらなくては」ガンジー


8年間のリハビリにより、完全に回復した著者は、
自分の体験から得られた情報を、
特に脳卒中患者のケアに当たる医療従事者などに活用してほしいと、
多くの人にこの著書を知らせてほしいと、訴えています。





        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2013-10-09 16:25 |