心とからだのセラピースペース


by まりりん

『愛の宇宙方程式』

『愛の宇宙方程式-合気を追い求めてきた物理学者のたどり着いた世界』
  保江邦夫 著  風雲舎   1,429円+税
『人を見たら神様と思えー「キリスト活人術」の教え』   
  同上

              
武道に詳しい知人が、私が興味ありそうな本として、貸してくださいました。
とても面白くて、あっという間に読んでしまいました。
それを伝えるとすぐに、もう2冊を届けてくださいました。
その1冊目が『人を見たら・・・』です。
2冊目は、後ほど改めて紹介したいと思います。
どちらも更に面白く、夢中で読みました。

著者は子供の頃UFOを見て強烈な印象を受け、UFOの操縦を夢見て、
偶然とはいえない運のよさが積み重なって、結果として理論物理学者になります。

体の弱さを克服したいと合気道を追及し、「愛魂」、活人術に行き着きます。
愛魂は、自分の両手首をつかむ相手を、
相手の魂を自分の魂で包み込む(相手を愛する)ことによって、
身体を浮き上がらせ、立ち上がらせてしまいます。
普通、武道では相手を倒すことばかり考えますが、
愛魂は、相手を活かすのです。

愛魂、活人術に行き着く過程には、
大腸がんのルルドの泉による治癒、マリア様の助けと白いハト、
隠遁者様などの不思議が連なります。

 
『人は死なない』の矢作直樹さんが、序文を書いておられます。


『人を見たら・・・』では「活人術」について、詳しく説明されています。
そして、「活人術」を実践することによって人生が変わった13人の体験手記が載っています。

崩壊学級を受け持った小学校教師は
『すべての子が先生を愛していると思ってください』とのアドバイスを実践し、
感動の卒業式を迎えます。

牛に「愛魂」をかける牧場主もいます。

活人術の1は「損なくじを引く」
2は「しもべになる」
6が「人を見たら神様と思う」です。
一昔前の私なら、そんな馬鹿な!と即座に本を閉じたと思います。
でも今は、やってみたい、一理ある・・・と思います。


世の中、確実に変わってきています。
『愛の宇宙方程式』は2012年9月に、『人を見たら・・・』は2013年3月に出版されています。
世の中、ますます面白くなってきそうです!
[PR]
by d_rainbow | 2013-09-03 10:23 |