心とからだのセラピースペース


by まりりん

尿療法との出会い

 尿療法については、数十年前から知っていました。
リウマチに効果があること、いろいろな難病が軽快することなど。
病気になったら最後の手段としてこれをやればいい、と思っていました。

だのに、長い間忘れていました。

去年の春、ある人から「尿を飲み始めた」と聞きました。

がんになり、最小限の手術はしたけれど、
医者からかなり脅されたにもかかわらず
CTも、リンパ節の郭清も、抗がん剤も拒否して、
代替療法でずいぶん元気になっている人です。

私も「いざというときはしよう!」と思いました。

先日その人から、「尿療法の大会に行ってきた」と電話がありました。
話を聞くと、とても魅力的で、
第一、その人がとても元気なのです、がんになる前よりも更にずっと。

こんなすばらしい療法、勧めたい人がいっぱいいます。
でも人に勧めるには、その前に自分がしてみないと、と思いました。

早速その日の晩、お風呂から出てすぐ、飲みました。

からくて苦かったです。
でも、においもそれほどないし、色も、そんなに・・・
薬と思えば全然へっちゃらです。

飲んだとたん、楽しくなりました。
(気分が明るくなる、性格が明るくなるといわれます)
普通の人がしないことをすることで、
枠が外れるという効用もあると思います。

次の日、一番いいとされている朝1番のを飲みました。
きついかと思ったけど、昨夜より飲みやすいくらいでびっくり。


続きはまた近いうちに・・・



心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
 E-メール:info@d-rainbow.com
 URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2013-06-19 10:41 | 療法