心とからだのセラピースペース


by まりりん
『『フォークス・オーバー・ナイブズ』に学ぶ
    超医食革命
      Forkus Over Knives
      正しい食事は手術に勝る』

       ジーン・ストーン 編
         大島 豊  訳
      松田麻美子 監修・特別寄稿  
            グスコー出版 1300円+税 2014年


このところ
「肉を食べなさい」
「動物性たんぱくを食べないと栄養不足になりますよ」
といった情報をよく目にするようになりました。

「炭水化物は控えなさい」
「小麦粉が脳を焼く」
とも言われ、

ミーハーな私は
ハンバーグを食べてみてはおなかの調子を崩し、
小麦粉をやめたら、おやつは何を食べたらいいのだろう・・・
と途方にくれたりしていました。


図書館で何となく手に取ったこの本、
ナチュラルハイジーンの松田さん監修と気が付いて、
借りてみました。


アメリカでのナチュラルハイジーンの普及と、
それに伴い起こっている変化。

それを映画にした
「フォークス・オーバー・ナイブズ」の
解説書です。

がん死がどんどん増えている日本と違い、
がんで死ぬ人がどんどん減っている。
心臓病も、
ロッキングチェアに揺られて死を待ちなさいと言われた人が
健康を取り戻す。


このところの
「動物性たんぱくが必要だ、
炭水化物は身心によくない」攻勢への回答が、
一つ一つ具体的に、
納得できるように、しっかりと書かれています。

いくつも紹介したいところですが、
ご自分でぜひ読んでみてほしいです。

第11章 肉食と牛乳の真実
 良質のたんぱく質とカルシウムに対する大きな誤解
 肉を食べるとどうなるか
 大マスコミが伝えないこと
は特に読んでほしいところです。

つらいけれど、
第6章 動物性食品と畜産業が招く環境破壊
 報道されない畜産業の暗部  も。


食事を変えて健康を取り戻した何人もの具体的な事例。

肉食をこのまま続ければ、
多くの人々を飢餓に追いやること。
地球の自然も危ないこと。

肉食を続けることが、いかにたくさんの動物たちに
残酷な一生を強いているか。


こういうことを書いた本はこれまでにも読んできたし、
このブログでも紹介してきましたが、

莫大な資金力を持つ
畜産業化、食肉業界からの圧力が
情報をゆがめ、うそをばらまいているようです。

そして、ミーハーな私は
それらに惑わされ、体調を崩すのです。


「動物性食品を含む食事に変えると、
途端に病気になる、ということです」と言う
ジョン・A ・マクドゥーガル医学博士は
でんぷんが豊富な
プラントベース(植物を基本にした)の食事をとるよう
世間の人に促すことに生涯をささげてきました。

その彼に出版社は
「高タンパク質で低炭水化物ダイエットの本を書いてくれ。
書かないのであればもう新刊は出さないから。」
と言われたそうです。

その後アトキンスが出てきて、
肉食をメインにしたローカーボ(低炭水化物)ダイエットが大流行しました。
アトキンスは急死したようですし、
ダイエットに励みすぎた人は健康を害しているようですが。


何を食べると調子がいいかは、
体質にもよるでしょうから、
自分の体調に合うものを選ぶことが大事でしょう。

でも、動物虐待、自然破壊、飢えている人々を考えると、
それに目をつぶって
自分の健康を最優先するのは嫌だな。
ほどほどでいいかな、と私は思います。

幸い私は
この本が奨めている
プラントベースのホールフードの食事が合っているので、
この本を読んで安心できました。




[PR]
# by d_rainbow | 2018-05-15 11:29 |

『生きる職場』

『生きる職場   小さなエビ工場の
         人を縛らない
         働き方』    

   武藤北斗 著  イーストプレス  1500円+税  2017年


著者が工場長をしていた
小さなエビ工場は
東日本大震災の津波で全壊し、

大阪で
1億4千万円の2重債務を抱えて
再起を図ることになりました。


震災をきっかけに、
生きることをシンプルに見つめるようになった彼は、
人を縛り、管理し、競い合わせる今の会社や社会の在り方に
疑問を持つようになります。

まずは自分の足元から、
従業員が
「とにかく働きやすい職場にする」
ことを始めます。


働きたい日の働きたい時間だけ働く。
休みも遅刻も早退も連絡不要。

やりたくない仕事はしない。
やりたい仕事をする。


そんな勝手をさせて、やっていけるのか!?
という反応が普通です。

ところが、4年が経過した今、
人件費は下がり、
効率も品質も上がり、
「この働き方がなければ、
会社を継続していくことはできませんでした」


以前は、1年くらいでやめる人が多く、
新人採用、育成が負担になっていたのが、
働きやすいから長く続くので、
新採の手間も不要、技術も向上。

苦手な仕事をしなくていいから
ストレスがなく、
好き、得意なことだけするから、品質が向上。


管理や競争がなくなることで、
人を批判的に見ることがなくなり、
感謝、協力が自然に育ってきているようです。

以前はあった新入りと古参の上下関係や
いじめもなくなったそうです。


休憩5分前に準備時間を設けるとか、
忘年会をしないとか、
丁寧に面接をして、
より良い職場にするための改善を
どんどん続けているようです。

いいだろうと、
外から持ってきたルールは失敗することが多いとか。


「笑いと笑顔が絶えない職場」とは違う
というのも、
なるほどー!です。


「単純作業でも、
意義ある仕事なら誇りが持てる」

この小さなエビ工場の
成り立ちからして、
普通と違う、と私は思います。


理念が大事だなあ、と思います。
そこからぶれないことが大事だなあと思います。


こういう試みが、広がってほしいです。

理念、理想からやっていたことの先に
出てきた必要によって作られたもの。


  

[PR]
# by d_rainbow | 2018-05-01 15:37 |

甘酒と花粉症

このところ、甘酒にはまっています。

ヨーグルトメーカーで作るので、
一度に5~600㏄しかできず、すぐになくなってしまいます。
無くなるとすぐにまた飲みたくなって、
また作ります。

そんな調子で、
量は多くないですが、
ちょこちょこ甘酒を飲んでいました。


先日あるサイトで
甘酒(麹の)が花粉症にいい、
とあるのを見つけました。

甘酒が腸内環境を改善するので、
その結果としてアレルギー症状が軽くなる、
ということのようです。


私は例年、スギ花粉で症状が出て、
ヒノキで症状がひどくなるのですが、
今年はひどくなるはずの頃に
とても軽くなりました。

このブログにも書きましたが、
mmsか、オルゴナイトの効果かと思っていました。
でも、ちょこちょこ飲んでいた
甘酒のせいかもしれません。
きっと、その3つの相乗効果なのでしょう。

ありがたいことに、とても快調です。


甘酒がいいと言っても
酒粕の甘酒ではなく、
麹を発酵させた甘酒です。

このところ麹ブーム、発酵ブームで、
甘酒がたくさん市販されていますが、
売っている甘酒はまずほとんどが、
加熱殺菌されています。

ということは
麹菌が生きていない
ということで、
これは効果がありません。

麹を発酵させて作った甘酒をそのまま
加熱殺菌せずに飲む必要があります。


私たちは、衛生思想?で
何でも煮沸するように教育されてきたように思います。
私だけでしょうか、酢味噌を作るのにも
味噌を加熱していました。

この頃はちょっと賢くなって
家で発酵させた味噌に
酢を加えて混ぜて、
そのまま冷蔵庫に保存して、
必要に応じてそのまま使うようになりました。


話は甘酒に戻りますが、
我が家では、
7分搗米を玄米菌の万能酵母液で炊いて、
そのご飯を乾燥麹と混ぜて発酵させて
作っています。

玄米菌と麹菌が競合しそうですが、
これが、
すばらしくおいしい甘酒ができるのです(*^▽^*)
これは、友人にも確認してもらいました。
確かに万能酵母液を使うと、
「うんとおいしい!」そうです(*^^)v





[PR]
# by d_rainbow | 2018-04-18 16:24 | 健康
『世界一幸せな子どもに親がしていること』

   リナ・マエ・アコスタ&ミッシェル・ハッチソン 著
   吉見・ホフストラ・真紀子 訳

       日経BP社   1600円+税  2018年1月22日


アメリカ西海岸で育ったリナと、
イギリスで育ったミッシェルが書いています。

2人ともオランダ人男性と結婚して、オランダで暮らし始めます。
そして、当たり前と思っていた自分の子育て法が、
オランダのやり方とずいぶん違うことに気づきます。

オランダの子どもはみんなずいぶん幸せそう。
そして、お母さんたちもゆったりして、幸せそう。

いいな、と思い始めます。


2人はお母さんたちや、お父さんたち、
子どもにかかわる、いろんな分野の専門家にインタビューします。

赤ちゃんと幼児を育てるリナが、
乳幼児期の子育てを、
思春期の子どもたちを育てているミッシェルが
大きい子どもたちの子育てについて、
主に書いています。


オランダの子どもたちは、
親に監視されずに、かなり自由に遊びまわっているようです。

かなり早くから一人で行動させることや、
早期教育をしないことへの
著者たちの驚きと戸惑いが書かれています。

私は逆に、イギリスやアメリカは、そんなにひどいのか!と驚きました。
でもひょっとして、今の育児は、日本も同じで、
私が知らないだけ?


オランダの小学校には宿題がない。
オランダの小学校は成績を付けない。
テストもほとんどない。
親も子も、テストも成績も、まったく気にしない。

競争がない。
みんな仲がいい。
助け合う。

でも、こういうことは、実は
子どもにだけそうすることはできないんですよね。


オランダでは、
平等であることが幸せにつながると考えて、
不平等をなくす施策を
積み重ねてきているようです。

人生の成功とは何か?
が、アメリカやイギリス、日本と違うようです。
というか、
成功より幸せが大事、と考える人が多いのかな。

「オランダ人は、
自分がどれだけすごいことを成し遂げたかなんて
気にしない」
とオランダ人の友人が言うそうです。

だからオランダにはママ同士の争いがなく、
子どもの才能に目を向けることに熱心な人もいない。

家族が居心地よくいられる、ということを大事にしているようです。


お母さんたちはたちオランダの子どもたちの幸せについて

「幸せというのは、何かをたくさん持っていることではなく、
自分の持っているものや自分の置かれている状態を
受け入れることなんじゃないかしら」

「会話に参加して自分の意見を発言できる場がある」

「親がパートタイムで働くから子供と過ごせる時間がたくさんある」

「外に出て、街中どこでも好きなように遊ぶことができる」

と言います。


学校、教育は、
選別、振るい落としをするのではなく、
一人ひとりの能力を高めることに
力を注ぎます。

成績が振るわない子は
ダメな子とレッテルを貼るのではなく、
援助が必要とみて、
必要な手助けを講じます。

早期教育ではなく、
他人と楽しい関係を作る力を育てる
遊びを重視します。


出産後に母親を
できるだけ健康な状態に戻すことを国益と考えているようで、
家庭の収入に関係なく、
産褥看護師「クラームゾルフ」が
出産後8から10日間(必要ならそれ以上)
産後ケアとサポートのためにすべての家庭に派遣されるそうです。

母乳の飲ませ方、沐浴指導から、
炊事、買い物、掃除、
来客があれば暖かい飲み物とクッキーをふるまってくれたり、
上の子の遊び相手までしてくれたそうです。

とても必要なことだと思うし、うらやましいけれど、
日本にはもちろん、アメリカにもイギリスにも、
こういうサービスはないそうです。


ミッシェルの子どもが中学生になる時に、
思春期の子の親への指導が
1対1でされます。

そこでは、
思春期とはどういうものか、
詳しく説明され、冊子が渡されます。

思春期は、眼球も急激に成長するので、
目の奥の痛みや、
頭痛が起きることがある、
と冊子に書いてあったそうです。

私の友人のお嬢さんは、
頭痛がひどくて、何度もCTを撮ったと聞きました。
こういう知識があれば、
不要な大量被曝や心配を
しないで済んでいたことでしょう。


必要な時に必要な情報と手助けが
親にも子にも得られるのはうらやましいです。

日本では、
必要な情報提供や援助は得られず、
うまくいかなければ親や子どもが非難されるばかり、
と、ちょっとひがんだ気持ちになりました。


「終わりに」でミッシェルは書いています。

「過保護な親は、
しばしば学校や教師やほかの人といった、
外的要因を非難するが、
自分自身の不安について取り組んだほうがいい。
劣等感を感じている親は、
子供の成績を通じて自分と重ね合わせ、
失敗を取り繕おうとする傾向がある。
しかしそれは自己満足だ。」・・チョットキビシイけど、確かに(-_-;)
(日本には、不安をあおるもの、親を追い込むものがとても多いと思います)

「国民的によく言われる
『自分らしく普通にふるまいなさい』
という言葉がその(平均ということに重きを置く価値観)意味を
巧みに表現している。
オランダ人は、ユーモアをもって自己分析しながら
物事を大局的に見ようとする。
それは
自分の地位や成功ということに焦点を当てたものでは
全くないのだ。」


素敵なモデルを見せてもらって希望が持てて、
気持ちが明るくなる、楽しい本です。








[PR]
# by d_rainbow | 2018-04-12 12:00 |
尿療法でかなり軽くなっている花粉症ですが、
ヒノキ花粉が飛び始めて、
ティッシュの減りが速くなりました。

mmsを飲み始めてみました。

ちょうど
2日前の晩に
オルゴナイトが届きました。

オルゴナイトというものを、つい最近まで知らなかったのですが、
いろんな情報をくださるお客様から教えて頂きました。

見た目にもきれいで、いろんな魅力的な効能があるようです。

なぜか、しばらくあまり魅かれませんでした。
まあ、いろんなものがあるし、いろんなことをやっているから、
もう、いいかな、って感じでした。

ところが、にわかに
パソコンの電磁波がつらくなってきたのです。

これは何とかしなければと、
見直したのがオルゴナイトでした。

ウィルヘルム・ライヒが提唱した
オルゴンエネルギー。
ライフフォースエネルギー、気、プラーナ、、、
それを生み出すオルゴナイト。
そして、電磁波を防御し、
マイナスイオンを発生させる・・・

手に入れるなら、私に合うものが欲しい。
いろいろ研究?しました。

あれこれ探して、ペンジュラムに相談して、
最後は直感で、意外とあっさり決めました。

で、届いたのがmmsを飲み始める2日前。

翌日、花見のつもりが
かなりの険しいガラ場を上る登山?になってしまいました。

オルゴナイトはリュックの中。

心臓が弱くなっていて、
もう何年も、登山は無理、とあきらめていました。
ところが、登ってしまいました。

後で疲れが出ると思ったけど、全然大丈夫でした。
筋肉痛も当然、と思ったけれど、
ほとんど出ませんでした。

そして、鼻水も、
オルゴナイトとmmsの相乗効果なのか、
よくわかりませんが、
あっさり止まっています。
とても爽快です。


パソコンの前にオルゴナイトを置いて作業をしています。
以前感じていた不快感はありません。

寝るときは枕の向こうに、
くつろぐときは居間のテーブルに、
仕事中はヒーリングルームに、
食事の時は食卓に、置いています。
出かけるときは背中にしょって、
いつも一緒です。

手が空いているときは手に握って、
気持ちのいい微細な波動を楽しんでいます。
凝ったところに当てていると、凝りがスーッと流れて行ってしまいます。

学習会やお茶会の時は、その真ん中に置いています。
以前よりさらにハッピーな集まりになっている感じがします。

このところかなり改善されていた睡眠の質が、更によくなっています。


書いてみたら、ほとんどオルゴナイトのことになってしまいました(^_^)





[PR]
# by d_rainbow | 2018-04-06 15:20 | 療法