人気ブログランキング |

心とからだのセラピースペース


by まりりん
『奇跡のコース』のテキストの精読会を始めて、丸1年が経ちました。

おととしの夏ごろ、
アクアリア(奇跡のコースを学ぶ会)に参加し始めた人から
皆の話についていけるように、
基礎的なことを教えてほしいと言われ、
不定期で2人で勉強会を始めました。

しばらくしてもう一人、楽しそうだからと
加わりました。


そして、去年の1月、
始めに声をかけてくれた人から招集がかかり、
3人で集まりました。

テキストの原語(英語)と和訳に解説も付いた
資料が用意され、
体験お試し精読会が開かれました。

そして、『奇跡のコース』のテキストの精読会の開催が
提案されたのです。


私はとてもうれしくて、
私がやりたかったのはこれだ!と思い、
早速翌月から、
月1回のACIM精読会が開かれるようになりました。


難解なので、進むのはとてもゆっくりですが、
徐々に、理解が進んでいるのを感じます。

『奇跡のコース』というと、
とても厳しいことを要求されると決めてかかって、
毛嫌いする人が多いように思いますが、
コースはとてもやさしいです。
思いやりに満ちています。
強制しません。
せかしません。
提案するだけです。

だから、とても楽しく学べます。
学ぶほどに、心が軽くなっていきます。


兵庫県播州の片田舎、加古川で、
こんな素敵な勉強会ができることが、
考えてみれば、夢のようです。


ACIM精読会は
毎月第2金曜日午後2時から、
ダブルレインボーの和室で開いています。
どなたでも、いつからでもご参加いただけます。
参加費無料、資料代実費です。
詳しくはダブルレインボーまでお問い合わせください。

今月の精読会はちょうど1週間後、
14日です。


アクアリア(奇跡のコースを学ぶ会)は
毎月第3金曜日午後2時からです。
こちらも会場はダブルレインボー和室。
参加費無料(カンパ歓迎)です。

精読会でテキストを学ぶので、
アクアリアでは体験のシェアと情報交換、
JACIMのQ&A、ビデオなどから学んでいます。







# by d_rainbow | 2020-02-07 11:43 | 『奇跡のコース』

JACIMに助けられて

2016年3月に「『奇跡のコース』レッスン134」というタイトルで
ブログに書きました。

その時点では、こうとしか考えられないけれど、
もっと理解が深まると、考えが変わるかも、
とも思っていました。

コースというのは、本当に覚醒するまでは、その連続なのでは?
と思うのです。


あれから、JACIMにずいぶん助けられて、学びを進めてきました。

まず『原因についてのコース』
そして『奇跡の原理』『この宇宙は夢なんだ』
ケネス・ワプニックさんのビデオ。
ワンポイント解説。
本館、別館のQ&A。
ケンのインタビュー、その他の記事。
『聖霊のレッスン』
『赦しのカリキュラム』

そして、『思考の逆転』へと学びを進めてきて、
何度も何度も、学び間違いの訂正、修正を繰り返し、
少しづつ少しづつ、がっかりしたり、進歩を感じたり、


そして昨日。
ずっとひっかかっていた
「私はこれと同じことをする自分を、責めたいだろうか」

『思考の逆転』の中のいくつもの図を見ながら、
自己概念A、自己概念B、自己概念Cを考えながら
p.86,87を繰り返し読むうちに、

氷が解けるように、わかってきたのです!

4年近くかかって、ようやく理解できました。

ふわーーっと心が軽くなりました。
なあーんだ、そうなんだ!
そういうことだったのか!!
たのしくて、うれしくて、、、、

奇跡のコースの学びは、なんてすてきなんでしょう(*^▽^*)

今朝の目覚めは最高でした。


コースの学びは、自我の抵抗が半端ないから、
とにかくゆっくり時間をかけて進むように、
と、何度も何度も、加藤さんもケネス・ワプニックさんも
おっしゃっています。

これからも、ゆっくり、自分に優しく、無理せず進んでいこうと思います。



# by d_rainbow | 2019-12-02 15:28 | 『奇跡のコース』

最近ふと気づいたこと

私は「セドナ」をよく知らないのですが…

以前学習仲間に「セドナ」を始めた人について教えてもらいました。

重症の心臓病で、
何もせずに寝椅子で死を待つしかないと医者に宣告されたレスター博士が、
自分のこれまでの人生で出会った、全ての人を愛せるようになろうと、
恨んだり憎んだりした人たちを一人一人思い出して、
ものすごい精神エネルギーを注ぎ込んで、
毎日毎日、長い時間をかけて、

やがて、とうとう
全ての人を、完璧に、
愛することができたのです。

そのとき、
重症の心臓病が完治していたそうです。

それからは、なんでもスムーズに進む、
幸せな日々の連続に、
人生が変わったそうです。

うろ覚えで、間違いもあるかもしれませんが…


先日、レスター博士のことを思い出して、
ふと気が付いたのです。

レスター博士がやったことは、
奇跡のコースでいう「赦し」と共通点があるのでは?と。

# by d_rainbow | 2019-11-27 10:43 | 『奇跡のコース』

かゆみ止め、万能酵母液

夫の母が、背中が痒く、ぼりぼりと盛んに掻いています。
孫の手を使ったりして。

処方薬を持っているのですが、
ステロイドが入っているから使うなと、
息子が言うようです。

91才にもなるんだから、
ステロイドを避けるより、
今の快適さを選ぶ方がいいんじゃないの?
と、その処方薬を使うことにしました。


しばらくして、
やっぱり盛んに掻いています。
ステロイド入りの処方薬のかゆみ止めが、効かないようです。


ふと思いついて、
気休めになるかと、
万能酵母液を渡してみました。

気に入って使い始めました。
スプレー容器に入っているので、
スプレーするのですが、
逆さまにしてシュッとするので、出ません。

プッシュ容器にしてみました。
手の平に受けて塗るように。

「このかゆみ止め、よー効くわ(^^♪」とご機嫌です。

背中は届かないので、首からたらたらと流しているらしいです(-_-;)
下着が濡れないかと、夫に言うと
「まあ、いいんじゃないの。ほっといたら?」

「かゆみ止め、もろたわ。
これ、よー効くね!」
ご機嫌です。

「もろたわ」というときは、空になっています、
「無くなったからまた入れてね」と翻訳して聞くことにしました。
一晩で30ml(@_@)

「あんた、こんなものよ―作るねー!」と、ほめてくださいます。

「かゆみ止めじゃないんだけどなー」と思いながら
ふと気が付きました。
万能酵母液でした。

何にでも効くのでした(*^^)v
お義母様に教えて頂きました。

そろそろ材料のサラサラ黒糖を注文しなければ。


# by d_rainbow | 2019-03-13 14:05 | 療法

ACIM精読会を始めます!

2月から『奇跡のコース』のテキストの精読会を始めます。


2012年春、このブログで
奇跡のコースについて話し合う集いへのお誘いをしました。

2013年の秋、初めて神戸在住の女性から
参加したいとのメールをいただきました。

彼女の力を得て、
2014年1月、ソフィアハウスで
第1回の集まりを開きました。


まだ『奇跡のコース』というものを知らない人がほとんどのこの時期、
まずは『奇跡のコース』を知ってもらうことと、
精神世界について話す場の少ない加古川で
そういう話をしたいとの要望に応える
やわらかい会にすることにしました。

半年後くらいから、要望に応じて
毎回テキストを少しづつ読み進め、
レッスンを1つづつやりはじめました。

やがて
もっとしっかりと
『奇跡のコース』にしぼって
妥協のない「純粋非二元」を学びたい!
という人たちが育ってきました。


かっち君の声掛けで2016年1月
ソフィアハウスでの会と並行して
「かっち君と奇跡のコースを学ぶ会 クアリア」が
ダブルレインボーで始まりました。


3年近く、アクアリアで毎月学ぶ中で
「ACIMの理論をもっと理解したい」
「英語の原文に照らし合わせて、より理解を深めたい」
といった要望が高まってきました。
そして、自然な流れで
アクアリア参加者のお一人の提案で
テキストの精読会を始めることになりました!


毎月第2金曜日(参加者の要望に応じて変更の可能性あり)
午後2時から。
会場はダブルレインボー和室。
資料代100円。


第1回は2月8日です。


どなたでもご参加いただけます。
テキストをお持ちでなくても大丈夫です。


最初の呼びかけから7年弱、
関西の片田舎の加古川で
ACIMの学びの意欲が、こんなに高まってくるとは、
驚きです。

アクアリアと精読会が
車の両輪のように
ACIMの理解と実践に役立つ働きをしてくれることを願っています。


お問い合わせはダブルレインボーまで。
☎ 079-423-3780
メールアドレス info@d-rainbow.com


参加ご希望の方は、資料準備のため
4日ほど前までにご連絡ください。








# by d_rainbow | 2019-01-29 14:31 | 『奇跡のコース』