心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2017年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

うま味調味料の興奮毒性

化学調味料のイメージが落ちたので、
最近はうま味調味料と言うらしいです。

グルタミン酸ソーダ
グルタミン酸ナトリウム
グルソー

よくないものだ
とは思いながらも

ほとんどすべての加工食品に入っているので、
あきらめムード。


しかも表示が大雑把になって、
アミノ酸等とか
たんぱく加水分解物とか
調味料(アミノ酸)とか

見分けがつかない!
しかもなんか、いいものかと思い違いしそうな…


体感的には
中華料理、ラーメンを食べるとぐったりするので、
なるべく避けたいと思っていますが


徳間書店の5次元文庫
『マスコミとお金はひとの幸せをこうして食べている』

を読んで、
ここまで恐ろしいものだとは…(@_@)(-_-;)


認知症が増えるの、当たり前じゃん!!
自閉症、ADD,パーキンソウン病が増えるのも当然!!


グルタミン酸は
血液脳関門を開き、
脳に入り、
神経細胞を傷つけ、
殺してしまう。


水銀、アルミ、農薬、除草剤、
グルタミン酸、アスパルテーム、
どれも、脳に損傷を与える仕組みは同じ。
すべて興奮毒性のメカニズム。


そして、心臓突然死。

もし、化学調味料を含む食事をして、
アスパルテーム入りの飲み物を飲んだ後、
激しい運動をしたら
心臓にあるグルタミン酸受容体が強く刺激され、
人によっては、心臓突然死を起こす!

心臓突然死の原因、
不整脈と冠動脈攣縮。
どちらもグルタミン酸によって起きる!

コンビニのおにぎりやお弁当と清涼飲料水でお昼を済ませ、
午後に運動、というのは、よく見る光景では?


さらに追い打ちをかけるように…

興奮性神経毒は
がん細胞の成長と転移を劇的に促進する!



中でも最悪なのは
大豆抽出物なのだそうです。

25年間の追跡調査で、
大豆食品をよく食べる人たちの脳を
CTスキャンで観察したところ、
認知症と脳萎縮の最も高い発症率が確認されたそうです。

これは困った(@_@)
ほぼベジタリアンの私は、どうしたらいいんだ???


これらの研究をし、公表している
ブレイロック博士によると、

食品中の神経毒の危険性を述べる研究者には
すさまじい圧力がかかるのだそうです。

本を書いたときに知人が
「本当にこの本を出版したいのか。
もしそうすれば、
彼らはお前が死ぬまで追っかけてくるぞ」
と言ったそうです。

ブレイロック博士の答えはイエス

ただ、気にかけたのは
彼らが決して反論できないほどのものに仕上げて見せる!
ということだったそうです。

なぜこういうことが報道されないのか?

マスコミは、こういうことが報道できない仕組みになっているのです。

必要な情報は自ら手間と暇、お金もかけて求めましょう。
手始めは800円+税のこの本。
私は図書館で借りたので、手間と暇だけです(*^^)v



[PR]
by d_rainbow | 2017-02-24 11:10 | 健康

ケムトレイル?

今朝、自転車通勤の途中、空を見上げると
飛行機雲が何本もありました。

まだできたての細いもの、少し広がったもの、
かなり幅広くなったもの。

これまで見たことのない多さでした!

ケムトレイル!(@_@)


ちょうど
徳間書店の5次元文庫
『マスコミとお金はひとの幸せをこうして食べている』

に載っている
名古屋上空のケムトレイルの写真を
見たところでした。


「時折、日本のニュースを見ていると天気予報の前後に
アナウンサーが唐突に飛行機雲の説明を始めることがある。
「飛行機雲には、尾の長いものと尾の短いものがあります。
両方とも自然にできるものです」と
排気中の水蒸気の粒を核にして飛行機雲が形成される様子を
図解して説明するのだが、
これなどはアメリカでは、
NASAがHP上で子供向けに行いケムトレイルの説明のコピーである」

そういえば、聞き覚えがある…


アメリカルイジアナ州では2007年、
飛行機雲から舞い降りできた粉を市民が収集し、
そのサンプルをテレビ局が研究時に持ち込んで分析した結果、
安全基準の3倍を超えるバリウムが検出されたそうです。

テレビのレポーターは
ケムトレイルが非公式の気象操作プログラムであると同時に
国民を対象にした生物化学兵器実験である可能性を指摘し、
その根拠として
1977年に上院聴聞会で公表された
アメリカ軍による生物化学兵器実験を挙げたそうです。

アメリカ軍は1949年から69年の20年間、
全米239か所の住宅街で
秘密裏に細菌や化学物質を散布していた。

飛行機、車、戦艦などから
各種細菌や化学物質を大気中に散布しており、
中にはカドミウムや大腸菌や炭そ菌に似た枯草菌などもあった。

「ケムトレイル」という用語が
政府の内部書類に明記されているそうです。

そして今も、
アメリカ政府はテロ対策の一環として
国民を対象にした模擬人体実験を合法的に行う権利の一部を
有している!


日本ではまだ言葉を知る人もわずか、
知っていても
都市伝説としてとらえている人がほとんどのようですが、
欧米ではすでに周知の事実で、
裁判や反対運動が起こっているそうです。



この本には、すごいことがいっぱい書いてあって、
人々に知ってもらいたい!!
という思いが沸いてきますが、


ふと『奇跡のコース』の視点に立つと

あ、エゴが「大変だ大変だ!!」と
この世界という幻想を
リアルにしようと躍起になっている!

これは夢
投影を解除するチャンス!!

でも、この夢はまだまだ続くから、
やっぱり人々に知っていてほしいことは
伝えていきたい。

この世界は幻想!!と
赦しを実践しながら、

アスパルテームの害とか、
うま味調味料の害とか、
伝えていきたいと思います。


そして、心穏やかに
すべての人の本質をしっかり見て、
誰をも非難することなく、
みんなが幸せになれるよう、
方向性を示せたらいいなあ…


あははは、難しくて、
とても無理!
かもしれないけれど、
思いはそんなところです。










[PR]
by d_rainbow | 2017-02-22 15:18 | 生活雑記

アクアリア 第14回

かっち君と『奇跡のコース』を学ぶ会、
先日14回目でした。

あいにくの雨で、
(どうもアクアリアの日は雨が多いような…)
かっち君が定刻を過ぎても現れないので、
「雨だからお休みかな?」ということで、
しばらく
『奇跡のコース』にまつわるあれこれの思いを
気ままに話し合っていましたが、

いつものように、テキストを読もうか、ということになりました。


この会をはじめたころは、
参加者が疑問を持ったことなどに関係する
テキストの該当箇所を読んだり
テキストのわからない部分を読んで
かっち君が解説したり、
話し合ったりしていましたが、

「どこもかもわからないから、
はじめから順番に読んで解説してほしい」
という希望が出て、
今年の初めから、
序文から順番に読み進めています。


その2回目で、その日は
第1章 奇跡の意味
その1、奇跡の原理 の段落 7 からです。

1つ読み上げては、
それに関してあれやこれや、
話し合いました。


10.信じさせるために見世物として奇跡を用いることは、
奇跡の目的を誤解したものです。

「奇跡の目的は何だろう」
「愛を知ること?」
「愛は神だから、神を知ることになる!」
「神を本当はもともと知っているんだから、
神を思い出すことだ!」

参加者それぞれの思いつくことを言葉にすることで、
一人で考えるより、
広く、深く、
思い、気づきが深まっていきます。


私はちょうど今、
暉峻淑子さんの『対話する社会へ』
を読んでいて、
対話の醍醐味を感じていました。

それをまさに実体験している!(*^^)v


そして、なぜか読みたくなって、
たまたまその日に読んでいた、
テキストの25章3節、を読みました。

この世界には、世界を作った造物主が2人いる!
それぞれにとって、この世界は異なった目的を持っている。

「特別性」にとっては
この世界は特別性を引き立てるための完璧な額縁。
特別性の戦争を仕掛けるための完璧な戦場であり、
特別性が実在的なものにする幻想のための完璧な避難所。

もう一人の造物主は、
狂気の信念の「修正者」。
修正された過ちは過ちの終焉。

ここにいる人は皆、暗闇の中に入っていますが、
自分の中にいる「天国の助力者」と共にやってきた。

助力者はいつでも彼を暗闇から光の中へと導く準備ができている。

助けはそこにあり、彼の選択を待っている。

彼が自分に与えられているものを活用する選択をするとき、
これまでは自分の怒りを正当化する手段であると考えていた状況の一つ一つが、
彼の愛を正当化する出来事に変わってしまったことを目撃することになります。


どこで止めたらいいのか、どこまでも読み続けたく、
中断するのが難しいのでした…


かっち君、アクアリアは明日だと、思い違いしていたのだそうです(^^)/
たまにはかっち君不在のアクアリアもいいものです。
起こることはすべてOK♪




[PR]
by d_rainbow | 2017-02-20 13:53 | 『奇跡のコース』

MMSその9

前回、MMS3滴×8回/日の7日目で
下痢してストップしたところまで
書きました。
あれから9日経ちました。


無理せず、続けています。
3滴を、1日に1回だったり、5回だったり。

飲んでから1時間以上過ぎてから、
胸やけを感じたりすることがあるので、
そういう時は、次に飲むまでに時間をたっぷりとります。

胸やけを感じるということは、
MMSが有効に働いてくれている、
ということだと思って、
ゆっくりでも、
続けていればどんどんいい方向へ向いているはずなので、
焦らず、成り行き任せで続けています。

(念のため
ここでMMS 3滴 というのは
MMS1(亜塩素酸ナトリウム25%溶液)3滴に
50%クエン酸水溶液3滴を加えて20秒ほど待ち、
活性化するのを待って、
水など100㏄ほどで薄めます。)


はじめのころ、
水の代わりに万能酵母液で薄めて飲んだことがあります。
水より飲みやすい感じがしました。

なぜか1回でやめたのですが、

その後友人から、
そのまた友人が万能酵母液で薄めて飲んだら、
ひどい腹痛を起こした、
と聞き、もうしないことにしました。

そういえば、私もちょっとおなかが痛かったような…


尿療法も続けていたのですが、
朝少しだけ、
MMSとの間に1時間以上時間を空けて摂るようになりました。

もし重金属が排出されているなら、
せっかく排出できるのをまた取り込んでは惜しいから。


MMSについての、
どういう病気に効果が確認されたとか、
どういうふうに活用したらいいかとかの
情報が、
以前は読めたのに、今は見ることができない
ということがあります。

ありがたいことに、コピーして載せてくれている
ブログを見つけました。
以下です。

http://pleiadesm45subaru.blog.fc2.com/blog-entry-969.html


「有害だ」とか「発がん性の疑いがある」
とかの古い情報を見ると
不安になりますが、

こういう情報や、
「発がん性のないことが確認された」という
情報を目にすると、
ほっとします。

ほとんどの人が選んでいることと違うことをする
ということは
勇気がいることなのだなあと、
つくづく思います。






[PR]
by d_rainbow | 2017-02-17 10:52 | MMS

『若返ったゾ!ファスティング―誰でもやれる「11食」生活―』

    船瀬俊介 著   三五館   1200円+税  20151月発行


食事を(もちろんおやつも)減らすと

長寿遺伝子がオンになって、

若返って元気になるそうです。

お医者さんはすぐに

「断食は危険だ」と言いますが

大学で学んだ限られた、間違った知識しか無いからなのだそうです。

人工透析は、

病院にとってすごいドル箱なのだそうです。

一人7000万円(@_@)

患者の争奪戦だそうです。

がん患者よりオイシイ(-_-;)

でも、ファスティングで、簡単に治るのだそうです。



実際に

断食、11食、小食、

などを実践している人へのインタビューで、

これらがいかに素敵か!

分かります。

11食が実践したくなります。

私は10年余り前に

ナチュラルハイジーンというものに出会って、

それ以来、

朝は果物だけです。

それだけでも、とっても恩恵がありました。

もう少し、徐々に、小食に向けて進めたいと思います。


政府は、マスコミは、

13食食べることの重要性を吹聴していますが、

11食やファスティング(断食)は

今や静かなブームのようです。

そして、ベジタリアンも、ずいぶん増えているようです。

特にミュージシャンや俳優など。



食べずに何年も、何十年も、生きている人がいて

片方に餓死する人がいる。

どういうこと???と思っていましたが、

謎が解けました。

「食べないと死ぬ!」と固く信じ込んでいるから

その恐怖で死ぬのです。

「食べないと元気になる!」と信じられれば、

死なないようです。

私はひどい睡眠障害が何年も続いたとき ふと

「寝なくても平気なんだ!」と気が付いて

そしたら、元気になりました。

睡眠障害を持ったままで。



94歳で亡くなった菜食主義者の思想家

バーナード・ショーの面白い言葉が紹介されています。

「私は現在85才だが、これまで同様、元気で仕事をしている。

もうかなり長生きした。

そこで、そろそろ死のうかと思っているのだが、

なかなか死ねない。

ビーフステーキを食べれば、一思いに死ねると思うのだが、・・・。

私には動物の死体を食べるような趣味はない。

自分が永遠に生きるのでは・・と思うと、空恐ろしい。

これは、菜食主義の唯一の欠点じゃな。」

アインシュタインは

「菜食は情緒面の変化と浄化をもたらします。

それらは人類への多大な恵みなのです。

菜食は人類に、

より大きな幸福と平和を授けます。

人類は菜食をすべきです。

ベジタリアンになることほど健康と長寿に有効な方法はありません。」

千利休は

「食は飢えぬ程度で十分」と言っています。

利休はどんな賓客が来ようとも、粗食の哲学を貫いたそうです。

これは見習いたい( ^)o(^ )



大学医学部では、

人間に備わっている自然治癒力を教えないそうです。

高名な医者が

「患者がほっといても自然に治るなんてことを教えたら、

医者もクスリ屋もおまんまの食い上げだ!」と呵々大笑したそうです。



西洋医学は

例えば風邪という「病気」で現れる

「治癒反応」の発熱” ”” ”鼻水” ”下痢などの

個々の「症状」を病気と勘違いして、薬物療法を行う。

医者も薬剤師も看護師も、それが治療だと信じ切っている。

病気を治すための治癒反応を止めてしまうのです。

そのうえ、副作用を抑えるための薬、

薬で不調になって出たきた新たな症状を抑えるための薬、と

処方される薬は増える一方です。

薬をやめるのにも、ファスティングは有効だそうです。


体内の血管のほとんどは毛細血管。

その太さは、赤血球の直径の半分近く。

赤血球は折りたたむようにして通るのだそうです。

だから、1個づつバラバラになっていないと通りません。

赤血球がくっついている(連銭形成)と
認知症やらがんやらになりやすくなります。

肉を食べると赤血球がくっつきます。

玄米菜食、ファスティングでバラバラになります。



「栄養」についての考え方も、発想の転換が必要なようです。

そして、薬についても。
薬の害について最後に解説されていて
普通に、多くの人が飲んでいる薬の
驚くような恐ろしい副作用が紹介されています。

[PR]
by d_rainbow | 2017-02-14 11:55 |
MMSは
はじめはそれほどでもと思うのですが
だんだん飲みにくくなってきます。

リンゴジュースで薄めると飲みやすいです。

ただし、ビタミンC無添加でないといけません。
これがなか無かなくて、
皆さん苦労されているようです。

私は、買い物上手な友人が
いろいろ情報を流してくれるので
助かっています。


まず、
青森県農村工業農業協同組合連合会の
「希望の雫」という
280㏄のペットボトルをいただきました。

姫路駅の東ビルのスーパーにあったそうです。
108円で!

とてもおいしくて、

でも姫路までなかなか買いに行けないし、いつもあるかわからないし、
まとめ買いすることにしました。

お問い合わせ先
0120-34-7520に電話すると、
パンフレットと振込用紙を送ってくれました。

ビタミンC無添加は
「希望の雫」と
黄色い品種だけ使った
「黄色い林檎」が
あります。

空気に触れないよう密閉した状態で林檎をすりおろして搾っています。

280㏄ ペットボトル入り 24本で
送料、振込手数料、税金込みで
3630円。

電話して注文して、
郵便局で振り込みます。

入金確認後発送なので、
ちょっと日数がかかりますが、
書いてあるよりだいぶ早く届きました。

「黄色い林檎」の方が酸味が少なくて甘い
とのことなので、
そちらを試してみました。

「希望の雫」がもう手元にないので、
もう一度飲み比べできないのですが、
印象としては
「希望の雫」の方が私にはよかったかも、です。

でも、大きさ、お味、お値段、満足しています。


もう一つは、
コープこうべの「さわやかりんご津軽産」です。
まるごとフルーティ果実便り
ストレート果汁100%
160㏄ 缶入りです。
108円でコープこうべのお店にありました。

リンゴジュース(ストレート)
としか書いてないのですが
ほかの商品にはすべてビタミンC添加と書いてあるので、
これはビタミンCが添加してないのだと思います。

これも味はいいです。

少しづつしか使わないので、
空きペットボトルに移して使っています。




[PR]
by d_rainbow | 2017-02-14 10:42 | MMS

MMS その7

MMS(マスター・ミネラル・ソリューション)を飲み始めて
今日で26日目です。

前にも書きましたが、
はじめは、朝晩各1滴から
徐々に増量して、
朝晩各15滴まで行ったら
1週間続けて、
また徐々に減らして、
その後は
1日1回寝る前に6滴飲むつもりでした。

 1滴というのは
 詳しくは
 MMS1つまり亜塩素酸ナトリウム22.4%溶液1滴を
 クエン酸50%溶液1滴を加えて反応させたのもです。
 水またはリンゴジュースなど(ビタミンC無添加)で薄めて飲みます。



増量していくにつれ、
クエン酸の味が口に残り、
だんだん我慢できなくなりました。

ケチな私は水で薄めていたので、
助っ人の友人が
おいしいリンゴジュースを持ってきてくれました。

うんと飲みやすくなりましたが、
抵抗が強くなってしまったので、
1回の量を減らし、回数で稼ぐことにしました。

それと、面倒だけど、
頻繁に摂るほうが効果があるようで。
ただし1時間は間隔をあけて。


それで、
1回3滴で、回数を徐々に増やし、
目標3滴を8回
それをとりあえず1週間続けることにしました。


その後は下痢をすることもなく、
胸やけもほとんどなく、
順調に回数を増やし、

今日はめでたく
3滴8回の7日目を迎えるはずでした。

そして、
めでたく明日から
回数を減らしていくつもりでした。

ところが
けさ1回飲んだ後
下痢しました。
そして胸焼け。

不快なのは嫌なので、
今日は1回だけということにしました。

やれやれ

明日また再開するつもりですが、
明日友人と話ができるので、いろいろ教えてもらうつもりです。


特にどこが不調とかいうことなく始めたので、
どこが良くなったとか何が治ったとかいうことがないのですが、


MMSを飲み始める前は
何を食べてもおいしくて幸せだったのですが、

MMSを飲み始めてから
何を食べてもおいしくなくて、
お茶を飲んでもまずくて、

玄米がまずくて、
何食べよう??( 一一)って感じです。


きっと、身体の中でMMSがいい働きをしてくれていて
より健康になってきている はず!
と思っているのですが

実感が まだありません。


身体を壊した時には
これを使えばいい
という安心材料には、なっています。



[PR]
by d_rainbow | 2017-02-08 10:49 | MMS
この冬はぬくぬくの夜を過ごしています(^^♪

年とともに冬の冷えを痛切に感じるようになっていました。
やがて寝室にも暖房が必要かしら
などと考えていました。


ふと、娘に何度も湯たんぽを薦められていたことを思い出しました。

かつて愛犬ももが使っていたオレンジ色のが物入れにあるはず…
面倒で何年も見送っていましたが、
動き出したら、すぐ見つかりました。

やかんに一杯お湯を沸かして、
満杯にしないと変形すると書いてあるので、
足りない分水を足して、
バスタオルでくるんで袋に入れて、お布団に入れました。
お布団の、温かくなっていてほしいあたりに置き、1時間ごとに移動させ、
寝るときに足の先に移しました。

きれいな色のあったかい湯たんぽを扱うのは、楽しいです(^^♪

さて、
お布団に入りました。
まあ!なーんて暖かいんでしょう!!(*^^)v
しあわせ~(*^▽^*)
お布団が温まっているから、手もあったかい。

暖かいって幸せ~

この幸せ、1回目が一番強烈、
だんだん慣れて、当たり前になり、、、
でも、湯たんぽやめたらみじめになるのは確実。

夜中トイレに起きず、
熟睡(*^^)v


そして朝。
お布団の中にいれば、寒さを全然感じません。
今日はあったかいの?と思ってしまいます。

まだまだ暖かい湯たんぽを持って台所へ。
ボールに2・3杯のお湯があるから、
これで手を温めながら朝の作業をします。


私が子供のころ、
姉が湯たんぽを使っていました。

ある日、起きたら、
ふくらはぎの外側に低温やけどしていました。
だいぶ長い間お医者さんに通っていました。
きれいに治りましたが。

だから、低温やけどにはとても気を付けています。

夫は寝るときに湯たんぽが足に触る位置に置きたがります。
私は足を延ばして、向こうのほうに押しやります。

ラジオでお医者さんが湯たんぽをとても薦めていました。
でも、低温やけどについての注意は全くしてなかったので、
ちょっと心配しました。



[PR]
by d_rainbow | 2017-02-07 10:32 | 生活雑記

永森木綿子さんの
毎年2月恒例の展覧会が
土山駅南東の 喫茶 神戸館 ギャラリーで開かれています。

今回のテーマは Women with Flower です。

2月27日まで 最終日は15時までです。

昨日の日曜日、ランチを兼ねて夫と2人で行ってきました。

11
時半過ぎに行ったら、
ギャラリーの方にも4人掛けテーブルに3人、大テーブルに2人。

ほどよいにぎやかさ。

で、2人用のテーブルを陣取りました。

じきに小学生くらいの女の子とお母さんらしい2人がやってきて、大テーブルに座りました。

パン食べ放題のランチ、メインはカキフライを注文して、
さて、

どっちから見ていくのがいいかな?と思いながら、いつも通り左から右へ順に…

まず、絵本の3枚の原画がありました。
その
1枚目で、何とも言えず明るい、うきうきした気分になりました(*^^)v

そして右に目をやると、かわいらしいぞうさん。
かつて一緒に暮らした愛犬ももを彷彿させます!
(^◇^)

眼をあげると、またまた柔らかな軽やかなぞうさん。

ゆっくり目を右に移していくと、

・・・

どう言ったらいいのかなあ???

えが、かわったなーー。

どんどんかわっていくんだなあ。

あかるくて、かるくて、、、



今年描かれた絵

昨秋のミャンマー旅行のお話で聞いていた
ミャンマーの、仏像、
指を下に向けて、いらっしゃいました。
なんか、しん とした
心が改まる感じ…


花と女の人の
何枚もの絵を楽しんで味わって…

一番気に入ったのは、最後の絵。

なんて鮮やか!
躍動感!

その左の絵も素敵!

構図、木の生き生きした感じ。

もう一つ左の桜?の絵も素敵! きれい!!

夫はこれが一番気に入ったそうです。



カキフライのランチをしっかり味わって楽しんで
どっさりパンのお代わりをして・・・

そういえば去年は
私があまりたくさんパンを食べるので、
木綿子さんに「もうやめときなさいよ」と言われたのでした( ^)o(^ )

十分に満足して、
もう一度一回り、絵を楽しみました。

夫が「アクリルって、どういうふうに描くのかなあ?」って言ってました。

帰るころには
込み合っていた喫茶の方も、お客さんがだいぶ減っていました。

ステキなランチタイムでした。

今週末また
ゼロ会のメンバーと行く予定、次回も楽しみです
(^^

イジキタナイ私は
食べ放題だとどうしても食べすぎるので
次回は食べ放題ではないセットにすることに決めました(^_^)

帰ってすぐまた、絵が見たくなりました。
絵、そのものはとても手が出ないから、
絵葉書を、今度買おうと思います。


[PR]
by d_rainbow | 2017-02-06 10:57 | イベント
『元祖野菜スープ強健法ーがん細胞も3日で消えた!?』

    立石和 著   徳間書店   1994年出版


絶版になっていて
アマゾンでは古書が4500円の値段がついています。

ブログ「強健ラボで、
なんかすごそうな面白いスープの情報を見つけて、
本が紹介されていたので、
図書館にリクエストしたら、
姫路の図書館から借りてくれて、読むことができました。


著者の指導で難病が治る人が多くて、

各地のファンが相談会を開いていたようです。


やがて評判が広まって、

マスコミで取り上げられるようになり、

間違った内容の関連書も出版され、

ここからは、よくあるいつものパターン!


強健ラボによれば

「・・・ところが、

1993年ごろからオーバーな効能の表現という理由で、

週刊文春が「野菜スープの怪人」として取り上げて蹴落としました。。

確かにオーバートークだったかも知れませんが、

実際に1万人ほどのがん患者が治っていました。

1994年に岐阜、福岡両県警により、

立石氏は、医師法、薬事法違反の疑いで逮捕されました。

それにより、この野菜スープの人気は消えました。」

ということです。


今はもう残念ながら、他界されたようです。



著者は、普通では体験できないような経験を積み、

日本の普通の医者とは違うコースをたどり、

独特の診断、治療法を身に着けたようです。


「やはり"間違いだらけ"の現代医療常識」

という章では、

なるほどー!そうかー!!さもありなん、という

沢山の興味深い情報が紹介されています。



ただ単に《野菜スープ》と言っても

ほかの野菜スープと違って、

深く研究しつくされた、

特殊な材料と作り方なのでした。


と言っても、どこにでもある普通の野菜が材料なのですが。


立石さんのレシピ通りに作り、飲む

ことが重要らしいです。


「立石式○○」とか、

ただの一般名詞である「野菜スープ」ではないネーミングが

必要だったなあ、と思います。

それでも、つぶされたでしょうが。



私は すなお(ばか?)(^◇^)なので、

こういうことをすぐ真に受けて、

わー、面白い、やってみよう!

誰かに教えてあげよう!(これは気を付けないと!)

となるのですが、


多くの普通の人は

「そんな馬鹿なことあるわけがない!

そんな簡単なことで

がんが、難病が、

簡単に治るわけがない!!

そんなに簡単に治るなら、

みんな苦労しないし、

病院も製薬会社もいらないじゃないか!!」


と馬鹿にしたり、怒り出したりするのですよね(*_*;


私なら、高いお金を払って、

身体をぼろぼろにして、

抗がん剤を打つよりも、

野菜スープを飲むほうがよっぽどいいと思うんだけど。


何で試してみないんだろう???!!!

と思うのです。



内海さんの言う「グーミン」は

本当に!

がんは怖い、難病は怖い、

けっして治らない、

死んでもいいからがんをやっつけねば!!(@_@。

とまで洗脳され切っているのでしょうか。


がん集団ヒステリーです。


なぜ、実際に起こっていることを見ないのでしょう?


なぜ、マスコミの言うことをそのままうのみにするのでしょう?


そして「彼ら」に大金を貢ぐのです。

もちろん命も(*_*;



頭に入れておきたいの私が思った情報を

以下に挙げておきます。


本には、その理由、根拠も書かれています。


ピアス、指輪などの金属を身に着けていると

視力、聴力障害、がん、痴呆

などになりやすい。


同じ理由で、磁気・電気治療も危険。


ハツカネズミにヨーグルトを食べさせていると白内障になる。


牛、豚などの肉の中のジストニアという菌によって

脳障害が引き起こされ、

口が開いたままふさがらない人が増えている。


早く死にたければ、レバーを食べて磁気マットに寝る。


造影剤レントゲン等は、よほどのことがない限り必要ない。

(もちろんCTも!)

その検査のために急性白血病、血小板減少、再生不良性貧血などを引き起こす。

特にがん検診は百害あって一利なし。


脳細胞と神経細胞に

多量のカルシウム、または動物性の脂肪を詰め込んで低周波を送ると、

アルツハイマー病と同じ反応を示す。

(カルシウムをわざわざとるのは、

とてもよくないようです、牛乳も含めて、

いろんな意味で)


アルツハイマーの大きな原因として、

ユビデカレノンという薬の薬害がある。

この元は強心剤、不整脈の薬として開発されたものが、

血圧降下剤などとして頻繁に処方されている。


外見をあでやかにすればするほど、脳は退化し、…


脳障害には「野菜スープ」と「玄米茶」が効く。

(もちろん、普通の玄米茶とは違います)







[PR]
by d_rainbow | 2017-02-04 11:27 |