心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ニュースの活用法

我が家にはテレビがありません。
代わりにラジオがあります。

夕食時、夫がラジオをつけるとたいてい
殺人のニュースが流れます。
「ご飯を食べながら、こんなこと聞きたくないわ!」と
いつも思っていました。
「まあ、テレビよりましだけど…」と。

「家庭の団欒に、血なまぐさいことを持ち込まないでほしい!!」
と思っていました。



昨日ふと、違う思いが浮かびました。

赦しのチャンス!!(*^^)v



「神に背いて神から離れ、神と敵対した」
と思い違いした私が
すさまじい罪悪感を抱え、その苦しさに耐えられず、

逃げ場としてこの世界を作り、
その中のあれやこれやに自分の中の罪悪感を投影し、
あれが悪い、これが悪い…
あの人がひどい、この人がけしからん…

とやってきました。そうと知らずに。


このニュースも、殺人犯も、ラジオをつける夫も、私の自我が作っている!?


「私は間違った選択をしたに違いない。
 血なまぐさい争いが絶えないこの世界にはうんざりです。

 私自身が、「神から離れたい」と望み、
 神の愛を拒否して、自我を選んでしまった。

 自ら望んで、愛から分離することを選んでしまったけれど、
 もうこの選択をし続けたくはない。

『聖霊、別の選択ができるように助けてください』と、聖霊に依頼します。

 私は選びなおします。

 自我ではなく、精霊を選びます!!(*^-^*)」



これから、ラジオのニュースを赦しのチャンスとして、活用します!!(*^^)v
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-28 13:34 | 『奇跡のコース』
『愛は誰も忘れていない』

    ゲイリー・レナード 著
    ティケリー裕子   訳   
        ナチュラルスピリット  2400円プラス税


待ちに待ったゲイリーの3冊目、入手しました(^^♪

まだほんの少ししか読んでいませんが、
ゲイリーの本を読むことで、
生活が整い、前向きな気持ちになり、
穏やかな心で、安心していられる、

その状態を思い出しています。



「他者を神に他ならない完全無欠なものとしてとらえると、
 自分自身のことも徐々に同じように、そう経験するようになる」


「霊に戻りたいなら、精霊のように考えること。

 精霊は誤ったイメージの身体を見過ごして
 幻想のヴェールの向こうにある真実へ考えを及ばせる。

 その真実とは、
 完璧な一体性(ワンネス)と罪のなさのこと。
 つまり神と全く同じもの。」


「あなたが自分自身の才能や能力に頼るのではなくて、
 高次の力に助けを求めるとき、
 実は心の中で 分離の概念を取り消しているの。
 それを強化するんじゃなくてね。

 自分で何かをやろうとする時こそ、
 自分のために分離の概念を強めてしまうのね。

 でも、精霊に任せることはそこから抜け出す方法よ。

 朝、10秒、時間を取って、こう言ってみて。
 「精霊、今日の私の行動と思いのすべてをあなたにお任せします。」」



出会うすべての人が、神と同じ完全無欠な存在と見る!

今朝、さっそく一番に
「精霊、今日の私の行動と思いのすべてをあなたにお任せします」
とお願いしました。

心が軽くなって、楽しい気分です(^_^)

出会う人を完全無欠な存在と見ることが、
楽にできるような気がします(*^^)v


そして・・・いよいよゲイリーはタダイに出会うようです(#^^#)



以下、ナチュスピニュースから紹介文を転載します。


すべてを「赦す」ことで、エゴを解体し非二元に溶け込む!

アーテン、パーサという二人のアセンデット・マスターが
ゲイリーさんに語った教えをまとめた
『神の使者』『不死というあなたの現実』
に続く3部作の完結です。

難解といわれる『奇跡のコース』の教えですが、
二人のマスターはジョークを交えかろやかに引用し
「赦し」こそが真の自己を見つける一番の近道だと説きます。

「赦し」とはいったい何でしょうか?
何となく「感情に蓋をしてでも、我慢して許す!」
というイメージですよね。

でも「真の赦し」とは、この世はすべてエゴが投影した
仮想現実であると見抜くことです。

エゴはあらゆる手を使って善悪・価値判断をし、
条件づけを定義します。
それがエゴの生存方法だからです。
あらゆる苦しみの原因は、エゴの投影にすぎません。
エゴは「あるがまま」であることに抵抗し続けます。

聖霊(ホーリースピリット)に身をゆだねたとき
「すべては実在しない幻なんだ!」
と夢から覚め、実在の世界の輝きが姿を現します。

本当の幸せは、変わりゆく外的状況によって
左右される儚いものではありません。

非二元の「永遠の存在」との合一。
それこそが真の奇跡、神そのものに溶け込むことなのです。

-----------------------------------------------------------------

J(イエス)が『奇跡のコース』と呼んだのは、
「奇跡」という言葉の定義を変えたかったからなんだ。

人々が考える奇跡というのは、
世界と呼ばれる画面上で起こるもののことで、
それは燃え続ける芝生のごとく単に結果にすぎない。

彼はそういうものの代わりに、奇跡は心のなかで起こるもの、
つまり原因なんだと考えるようになってもらいたかったんだ。

確かに、奇跡は画面上にシンボルとして現れることがあるかも
しれないし、そうでない場合もあるかもしれない。

だが真の奇跡は、きみがエゴで考える代わりに心を変え、
聖霊(ホーリースピリット)と一緒に真の赦しを行ったときに
起こるものなんだ。
(本文より)


(目次)

1.きみは何になりたいかい?

2.今世と来世をめぐる旅

3.脚本は書かれているが確定ではない

4.悟りを開いた心のための身体的治癒

5.トマスとタダイのレッスン

6.ゲイリーのレッスン

7.今世のアーテン

8.パーサの最後のレッスン

9.アーテンの最後のレッスン

10.愛は誰も忘れていない

-----------------------------------------------------------------

<著者紹介>

ゲイリー・R・レナード GARY R. RENARD

マサチューセッツ州ノースショア生まれ。
プロのギタリストとして成功する。
1987年から「調和ある収斂」の期間に「呼び声」を聞き、
人生の方向転換が始まった。
1990年はじめにメイン州に移り、そこで強いスピリチュアルな
目覚めを体験する。
著者は啓示を受け、9年の歳月をかけて慎重に『神の使者』を執筆。
その後、続編である『不死というあなたの現実』
(ともに河出書房新社刊)を刊行。
現在は南カリフォルニアに在住し、執筆活動を続けながら、
世界中で『奇跡のコース』の講演を行っている。
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-24 12:11 |
玄米菌を教えてくださったN子さんに「ありがとう!!」とメールしたら
8月に神戸で講習会がありますと、
お知らせくださいました。

参加費は京都より500円安いし、近いし、
交通費も少しで済むし、
友人を誘いやすいし、

これから忙しくなりそうです(^^♪


そういえば「筋トレ」の今週の私は
「忙しい週、少し先の出会いにつながる…」



8月8日(月) 午前の部は10時から13時半
        午後の部は15時から18時半
兵庫県中央労働センター 小ホール

参加費 5500円  再受講 500円

申し込み方法などはダブルレインボーにお問い合わせください。





        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-17 11:16 | 万能酵母液
お客様のN子さんに教えていただいた、なんかスゴイもの
「玄米菌」
何にでも効果があるから「万能」
その「万能酵母液」の作り方の講習会に行ってきました。


「作り方講習会」と銘打っていますが、
作り方の説明はごくわずか、
よくわからず、
あとからHPやら、ほかの人のブログやらを読んで、
試行錯誤しています(´・ω・`)


講師は 堂園仁という55歳の男性。

万能酵母液を摂取していると、
髪の毛が黒々ふさふさしてくるというのに、
彼はスキンヘッド。

勇気ある参加者が質問しました(^^♪

彼の答えは
「懺悔です。
 家族を顧みなかったことへの懺悔です。
一生伸ばしません」


その彼が約3時間ノンストップで、大きな声でしゃべり続けました。


まず初めに見たのが、
米俵5俵担いだ2人の女性の写真です。
JA全農山形提供の、山形県の郷土資料館が所蔵している
昭和14年の力比べ大会の写真です。

その次に見たのが、
米俵を担いで運ぶ女性たちの行列です。

1俵の重さは60k。
「重すぎず軽からず最も作業効率が良いのが60kだった」
のだそうです。

当時の女性たちは、そんなに怪力だった!!
運ぶのは女性の仕事。
そして、男性は、ものすごいスピードで走ったそうです。


かつての日本人は、すごい力を持っていた(@_@)

戦後、GHQがやってきて、
怪力日本人を骨抜きにしようと?
こういった資料をすべて焼却処分してしまったので、
かつての日本の面影をしのぶものは
ほとんど残っていないのだそうです。


発酵食品に、この力を取り戻すカギがあるのでは?
と、堂園さんは玄米菌に着目したのだそうです。


戦後段々と失われてきた身体の能力を、
60年かけて玄米菌が元の状態に戻していきます。
目標は米俵5俵(*^^)v



1回の講習会では、ごくわずかしか理解できないでいるので、
再受講したいと思います。

わからないなりに、どんどん生活に取り入れて、
変化を楽しんでいます。

今も「酵母液」の入ったペットボトルを傍らにおいて、
ちびりちびりやりながら
パソコンを打っています(^^♪

すぐに人に伝えたくなる私ですが、
まずは自分がしっかり体験しようと思っています。

私の生活に「玄米菌」が入ってきて、
毎日が活気を帯びできました。

教えてくださったN子さん、ありがとうございます!!



「納豆菌」というのもあるし、
この続きはおいおい・・・


そうそう、STAP細胞というのは無くて、
STAP現象が起きるのだそうです、
これを摂取すると。


これって「ユーリン」よりすごいかも(@_@)
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-15 15:29 | 万能酵母液
翻訳出版を楽しみにしていた

ゲイリー・レナードの三部作
『神の使者』『父子というあなたの現実』に続く最後の1冊が
6月22日に発売されるそうです。


とっても楽しみ、うれしいです(^^♪



『愛は誰も忘れていない─人生への答えがここにある』
   ゲイリー・R・レナード 著

      四六判 360ページ
      本体2,400円+税

★☆★・・‥…─━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

真の奇跡は、エゴで考える代わりに心を変え、
聖霊(ホーリースピリット)と一緒に真の赦しを行ったときに起こる!

そして、身体と世界が実在しないことを知覚し、非二元の実在の神と一つになる!


『神の使者』、『不死というあなたの現実』(河出書房新社)に続く、
『奇跡のコース(A Course in Miracles)』のティーチャーである
ゲイリー・R・レナードの3部作完結編。

『奇跡のコース(ACIM)』について、
二人のアセンデッド・マスターが、著者との対話を通してわかりやすく解説します。


イエスの時代のトマスとタダイも登場し、
イエスとその時代の真実を明らかにしています。



以上、ナチュスピニュースからです。

先の2冊は河出書房新社から出ていますが、
3冊目はナチュラルスピリットから出るのですね。

訳者は、ニュースにも書いてないので、今の私にはわかりません。
どなたが訳されているのか、楽しみです。
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-15 11:10 |
お客様から、「玄米菌」というすごいものがあるというお話を聞きました。

明日、その「万能菌」の講習会に行ってきます!
とっても有能な菌だから「万能菌」というのだそうです。

ちょっと予習をしておこうと、
検索していたら、興味深い記事に行き当たりました。


以下、Core院長のブログ からの転載です。




《ご本人の希望もあり、削除される前にどんどん拡散してください

読者皆さんで実践して健康になりましょう
(以下転載記事)[さらに転載された記事です]


実話、STAP細胞は、簡単に御家庭で作れるのです。
[実は(?)]
もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、
素になった培養液は「玄米乳酸菌」。
小保方さんは、偶然的に(言われるままに)その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。
そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!あわてて封印されましたが、
現在某アメリカ薬品会社が特許出願したとの事で、全てが利権がらみ。

そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、要するに酵素体の菌で、
これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を活性化し若がえり、
細胞の再生化が活発になります。
...

[ブログ主の注:以下のレシピは講座で習うものとは違うところがあります。
講座で聞くのは玄米の「万能酵母液」で、「乳酸菌」ではありません。]


(玄米乳酸菌のレシピ)
材料…無農薬玄米 1合
天然水 1.5 L.
天然粗塩 15 g
黒砂糖 45 g

(作り方)
1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。
3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。

さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、
あんまり長生きしても後輩のみなさんに申し訳ない時代で、
この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを合わせて、1~2日常温で置くと、
STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。

金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう…
いろんなレシピがあるようですので検索してください。

酵素は、フリーエネルギーです。
特に稲魂パワーは、No.1!

昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。

時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
「今日は、楽しい…ひな祭り」㊗️

も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1519998938246895&set=a.1473241046256018.1073741828.
100007104103822&type=1&theater
←*残念ながらご本人の投稿が削除されてしまっている可能性がありますが、
それだけに高い信憑性を裏付けていると思います。》
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-10 11:19 | 万能酵母液
日本では、多くの人があくせく長時間働いています。
日本以外の多くの国では、人々はもっとゆったりのんびり働いているらしいです。
しかもそれは先進国に限ったことではないらしい…
よその国ではそんなに働かなくても経済が回っているのに、
日本ではなぜそれができないのでしょう?
ずーっと、それが疑問でした。

私の疑問に対する、なるほどー!!と思う回答を見つけました!


まぐまぐニュースでの
高城剛さんの回答です。


「スペインに引っ越した当時、もっとも驚いたことは、
朝出社すると皆でカフェに行って朝食をとることや、
「午後一」が16:30であること、
そして最低夏休みが一ヶ月と、労働時間が驚くほど短いことでした。

その理由は明らかで、
誰もが「働くために生まれてきたのではないから」と言い切ります。
一方、日本人に尋ねると
「経済が成り立つわけがない」、
「鵜呑みにしてはいけない」と答えます。

しかし、ご存知のようにスペインは国家として成立しており、
その上一人当たりの生産性は日本より高く、今年の成長率は日本よりも高いのです。
さて、この違いはどこにあるのでしょうか?

僕の答えは、
スペインでは(というより、世界のほとんどの国では)、
個人が個人の幸せを追及しているのに対し、
日本は個人より和を大切にし、個を犠牲にしているからだと思います。

その和を重んじるために、
責任転嫁や必要以上の会議や人間関係に時間を使い、
結果生産性が削がれます。

最近も異常に高額なスタジアム建設費やスポーツイベント開催費が取り上げられましたが、
和を結ぶ接着剤(実はコンクリのこと)に、多くが使われていることも顕著です。

その和を維持することを、自著に何度も書いたように
「日本式システム」と僕は呼んでいます。

日本は生産性の向上より、
日本式システムに刃向かう人を根絶することが目標ですので、
経済は二の次=「経済は成り立たない」のです。
それゆえ、永遠に増税となるでしょう、消費税だけでなく。」


「責任転嫁」!
「生産性の向上より、日本式システムに刃向かう人を根絶することが目標」!!

なんと情けない( ;∀;)


若かりし頃、ある職場でのことを思い出しました。
みんな毎日大忙しで働いていました。
とっても重要な仕事をしている、という感じで。

ある時、どなたかのお葬式の連絡が入りました。
その途端、全員がその時していた重要な仕事をすべて放り出して、
お葬式の連絡に奔走し始めたのです。

義理とメンツのためのお葬式

それまでが、よっぽど大変だのに。


それにしても、なーぜ、日本だけが、こんなことになっているのでしょう???(´・ω・`)
[PR]
by d_rainbow | 2016-06-07 10:33 | 生活雑記