心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

奇跡の道-兄イエズスの教え』 1

  本文・序文~第6章

          ヘレン・シャックマン 記
    ウィリアム・セットフォード、ケネス・ワプニック 編
            田中百合子 訳       
                      ナチュラルスピリット  1600円+税


今 この本を手にして、とっても嬉しいです。

10日ほど前、「アクアリア」(ダブルレインボーでかっち君が主催している
ACIMを学ぶ会)で
「田中百合子さん訳のテキストがほしい」と話したところでした。

その数日後、ナチュラルスピリットからのメルマガで、
なんと、それが出版されることを知りました!


かつて大内博さんが「安らぎのワークショップ」でおっしゃっていました。
「ほしいものが、自分がほしいと気付く前にやってくる」

今回は「気付く前」でなく「気付いた時」ですが・・・・


訳者の田中さんは、
日本でACIM(奇跡のコース、奇跡講座、奇跡の道)が出版される前から
翻訳してネットで提供されていた人です。

中学2年?の時に、大事な人との別れを経験して、
若くしてアメリカに渡り、修道院に入り、
神への道を求めているときに
ACIMに出会い、
修道院を出て、ACIMに取り組まれたそうです。

訳がいいとの評判は以前から聞いていましたが、

コオ(川上貢一)さんによると、田中さんは

 「あれは翻訳ではないのです。
  私がまず英語で声を出して読んだ後、
  心を鎮めてイエズスに祈ります。
  私はこの文章をどんな日本語にしたらいいのでしょうか?
  その答えを私は書き取っていったのです。」

とおっしゃったそうです。

どおりで!!
本当に! 
翻訳、という感じではない!!のです。
どう表現していいのか・・・

とても自然というか、
飾らないというか、
ざっくばらんというか、
親しみがわくような素朴な日本語、
独特の感じです。

本当に、お兄さんが私たちに語りかけている、という感じで、嬉しくなります。


ACIMは
大内博さん訳の『奇跡のコース』がナチュラルスピリットから
加藤三代子さん訳の『奇跡講座』が中央アート出版から
すでに出ていますが、
それぞれに良さがあって、どれも捨てがたいです。

私は、まったく本マニアではないですが、
ACIMに関しては、3種類持つことになりました。

それぞれの訳を読むことで、理解が深まるからです。


今回の本のさらにうれしいことは、
分冊になっているので、手ごろな大きさで扱いやすいこと。
紙が薄すぎず、字が小さすぎないこと。
一時に大金?を払わなくても、まず1冊目から始められること。

ナチュラルスピリットさん  ありがとう!!


余談ですが…
先ほどふと出会ったYOU TUBEで
エハン・デラヴィさんが去年の4月に
奇跡のコースを紹介していました。

ACIMを、8年間やっている、とのこと。

翻訳した大内博さんとは友人で、
彼は「これがライフワークで、これができたら死んでもいい」と
エハンさんのお連れ合いの愛知ソニアさんに話していたそうです。
そして本当に!その通りになりました。

この本の編者のお二人が、
直前までピンシャンしていて、突然他界されたことも話されていました。
ウィリアム・セットフォードさんは前日開いたパーティーで
「すべてを赦した」と言ってダンスを踊って、
翌朝家を出たところで他界されたそうです。
ケネス・ワプニックさんは、70歳を過ぎてもとてもスマートで、
若々しかったそうです。

コースをやっていたら、こういうふうに死ねるかも…
と笑っておられました。
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-30 14:45 |

『嫌われる勇気』

『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』

   岸見一郎 古賀史健  著   ダイヤモンド社  1500円+税


2年余り前に出て、ベストセラーを続けている本です。


アドラー心理学は20年以上前に、気に入って
いろんなセミナーに参加したり、アドラーギルドに通ったり、
学会にも入り、本も買いあさりました。

とても明快で楽しいもの、という印象があります。

やがて私はスピリチュアルにはまり(*^_^*)
アドラー心理学から離れました。
集めた本もすべて、友人に回しました。


岸見さんは何度かお会いして、会話したこともあり、
私の印象は、物静かで真摯、頭脳明晰、という感じでした。

今更、という気もあり、
ベストセラーになってしまうと余計醒めてしまい、
夫は買って2回も読んだのに、私は手にも取らずにいました。


かつての学習仲間(今も)の松ちゃんが読んでよかったというのと、
今の学習仲間のかっち君がよかったというので、
ようやく読み始めました。


読み始めて、
おもしろい!
なつかしい!
たのしい!

だけど、今は『奇跡のコース』を一生懸命実践しようと

「世界はない!」
「この身体はわたしじゃない!」
とやっているのに(^_^;)

そして、コースは何度も何度も
「2つの世界を同時に選ぶことはできない。
 この世界をあきらめなさい」
と言っているのに、(と私は理解している)

この世界に引き戻されるのが嫌で、
読むのをやめようかと、迷いました。


でも、かっち君が「これも非2元だ」というようなことを言っていたのを思い出して
とにかく一通り読みました。


確かに!

やっぱり!!  アドラーは覚醒していた!

そして、人々から拒絶されないように、
「神」という言葉は一切使わず、
「宗教」「信仰」とは完全に一線を引いて、

でも、コースが目指しているところと同じ方向に
人々が前進できる方法を、
提案したのではないか???

すごい策略家(*^^)v


「自己受容」 「他者信頼」 「(犠牲ではない)他者貢献」
これらの言葉はすべて、コースが奨めていることに置き換えられます。

他者を評価しない。横の関係。これもです。

そして! 
「過去も 未来も ない!」

計画するな。
刹那に生きよ!


「目的論」「全体論」も、コースと重なります。


『奇跡のコース』との違いは、
「宗教」「信仰」を出さず、
「神」を出さないための必要から出てくるもの。

コースでは、本当の幸福は、
神と一体であることに目覚めることで得られると言っていると思いますが、
アドラーはそれを言わないことを選んだので、
「幸福とは貢献感」と言ったのではないでしょうか?


これはあくまでも「自分」に当てはめて実践するもので、
「他人」にすぐ当てはめたくなるエゴに邪魔されないために
まんべんなく実践することが、とても大事だと思いました。


岸見さんがあとがきで
「アドラーの考えを受け入れがたいということがあれば、
それが常識へのアンチテーゼの集大成だからであり、
その理解には日常生活での実践も必要だからです」
と書いておられますが、

これは奇跡のコースにもぴったり当てはまると思います。
そして、コースは、さらに、段違いに「常識へのアンチテーゼ」です!

そして「言葉の難しさはなくても」なのですが、
コースは逆に、言葉も難しければ、何もかも難しい(ー_ー)!!


「私の力は測り知れないほどに大きい」
「私」が変われば「世界」が変わってしまう。
世界とは、ほかの誰かがかえてくれるものではなく、
ただ「私」によってしか変わりえない。

「誰かが始めなければならない。
ほかの人が協力的でないとしても、
それはあなたには関係ない。

私の助言はこうだ。
あなたが始めるべきだ。
ほかの人が協力的であるかどうかなど考えることなく。」

なんて ステキ なんでしょう(*^_^*)


続編『幸福になる勇気』も読みたくなりました。




     心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-28 10:56 |

今 気に入っている歌

先日「ほんわかコンサート」とやらに行ってきました。
かっち君がソロで出演するからです。

かっち君が歌ったのは「愛は花 君はその種」
さすが かっち君が選ぶ歌。
この歌が歌いたくて、このコーラスグループに入ったのだそうです。

とっても気に入ったので、ネットで検索したら
山下ヤスミンという、日系4世のブラジルの
10歳の女の子が歌っているのに
出会いました。
これがすっかり気に入ってしまい、
何度も何度も聴いています。
何度聴いても、聴きほれてしまいます。


20年くらい?前に「おもひでぽろぽろ」という映画で
都はるみさんが歌われていたそうです。

この映画は、見たことは覚えているのですが、
歌は印象に残りませんでした。


山下ヤスミンのように歌いたい!!
・・・
ちょっとやそっとでは、あんなふうに、歌えません(ー_ー)!!

でも、この思いは強く、聴くたびにさらに増し、
・・・
そのうち、いつかは、・・・

なんで、あんなふうに歌えるんだろう???

私が歌うと、すっごい薄っぺらで、何の魅力もない歌に(ー_ー)!!

でも・・・
聴けるだけでもありがたい・・・

あんなふうには歌えなくても、いいや!
私なりに、歌えるように、なろう(*^_^*)


もとはアメリカ?の「ローズ」という歌で、
もっと長ったらしい、説明っぽい歌詞ですが、
日本語の歌詞が、また素晴らしい!です。
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-22 11:17
木綿子さんの神戸館での個展に行った時のことです。

1枚の絵について、あることに気づきました。
木綿子さんに伝えると
「そんなことに気が付いたの、まりりんが初めてだよ」と
びっくりされました。

「きっと、何か意味があるんだよ」
「わー、どんな意味だろう??」
そんなやり取りがありました。


別れてすぐ、以前にも一度、
同じようなやり取りがあったことを思い出しました。。
絵について私が指摘した内容も、同じでした。
それに続く会話も一緒です。
会話をした場所、位置も、その他のシチュエーションも。


えっ!!  これって、どういうこと???


あの絵はいつ描かれたものだろう?
これまでにも展示されたことがあるのだろうか?

次に会う時を楽しみにしていました。


先日木綿子さんに会いました。
あの絵は、去年描いた。
展示は、今回が初めて。
!!!

さらに思い返してみると、もう1枚の絵についても、
同じように、会話の記憶があるのです。
そして、初めて見るはずの絵の、記憶がすでにはっきりあったのです!


ゲイリー・レナードの『不死というあなたの現実』の中で、
ゲイリーが未来のワンシーンを経験してきて、
実際にそれが起こった時に、
「まるでコピーだった。身体のほんの小さな動きまで同じなのだ。
語り合う言葉、丘に向かう足取り、・・・」
とショックを受けます。

「確かに今の出来事なのに、すでに前に起こっていたなんて。・・・
この出来事がすでに「書かれて」いてその通りに起こらなければならなかった…
それについて僕にはどうすることもできない。」と。

「だからといってこの経験に喪失感が伴うことはなかった。
それどころか大きな自由を感じた。
もう物事を起こそうと苦労する代わりに
物事が起こるままにしておけばいいからだ。」


これまでにも何度か、「確かにこれと同じことが以前にあった!」ということがありました。
でも、こういうふうに確認できたのは初めてです。

確認の必要のため、というのが、その『意味』だったと、今は思っています。
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-17 10:13 | 『奇跡のコース』
ワークブックのレッスン134で、しばらく手間取っていました。


「私は これと同じことをする自分を、責めたいだろうか?」(加藤三代子さん訳)が
どうしてもすっきり入ってこないのです。

大内さんの訳を調べてみました。
「これを私がしたとしたら、私は自分自身を責めるだろうか?」
ほとんど同じです。

誰かの罪をとがめたくなった時に、こう自分に問いかけなさい、というところです。
私はどうしても、自分を責めてしまうと思うのです。

でも、コースが言っているのはそういうことではないはずです。

香咲弥須子さんの訳を見てみました。
「わたしは、こうして非難することで、自分自身を非難したいのだろうか?」

ようやくすっきりしました(^O^)/


「奇跡のコース」のメインテーマは”赦し”

コースでいう赦しとは

この世界で私たちが知覚していることはすべて、幻想。
誰かが重大な罪を犯した、と見えても、
些細な罪を犯したと見えても、
それはすべて幻想だから、
その誰かは、本当はその罪を犯していない。

それは起きていなかった、と認めることで、幻想を取り消す。

ということだと、私は理解しています。


誰かを非難することで、幻想を現実化してしまい、
それにより、自分が犯したと思っている罪も、現実化してしまいます。
そうすると、罪悪感から自由になれません。

他人を非難しない、赦すことにより、
自分も無罪になり、罪悪感から解放されるのです。

だから
「わたしは、こうして非難することで、自分自身を非難したいのだろうか?」
と常に、問いかけたいのです。


原文ではどうなっているのだろう??


ありがたいことに、
There is no spoon」で見ることができます。

“Would I accuse myself of doing this?”

!!!(*^^)v


コースは「これ」とか「それ」とかがとても多いです。
それが何を指しているのか、なかなか分かりにくいです。
それもコースの難しさの一つの要因だと思います。

もっとわかりやすく書いてよ!と言いたくなりますが、
難解だからこそ、上滑りしにくくて、何度も何度も読むうちに、
徐々に深まっていく、
らしいのです。


難しいけれど、とてもとても魅力的な『奇跡のコース』です(*^_^*)
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-16 11:17 | 『奇跡のコース』

『ガンは自宅で治す!』

『がんは自宅で治す!-DR.石原メソッド』

     ムラキ テルミ 著   KKロングセラーズ ロング新書   ¥ 857


手術も受けず、お金もかけず、病院に通うことなく
身体も心も環境も、本当の意味での健康を取り戻す


肝臓がんで、余命3か月、手術しても肝硬変は避けられないと宣告されたムラキさんは、
身辺整理中に書棚から落ちてきた本で石原DR.を知ります。


「あなたが作った病気なんだから、あなたが治すんですよ。」
と言われてびっくり。


「じっと不安を抱え込んでいると、暗い気持ちはどんどん育ちます。
それが、ドクター石原メソッドに出会い、
自分の手で状況を改善できるんだという信念を持って行動を起こした時、
不安は薄皮をはがすように解消されていったのです。」

「行動の一つ一つは、本当にささやかなものでした。
ニンジンジュースをのむこと。
体温を測って記録すること。
半身浴をすること。
湿布をすること。
生姜紅茶を飲むこと。
弱り切った状態であっても、自宅に居ながらにしてできることがある。
お医者様や薬の力を借りなくても、自分で自分を治癒するために、
迷うことなく前に進むことができる。
その気づきは、大きな自信につながりました。」


石原メソッドを初めて1か月後には、かなりの変化が起きていたようです。

好転反応にはすさまじいものがあり、石原DR.の支えがなければ
不安に負けてしまっただろうと思います。
つらい症状も、悪いものが排出されているのだと思えれば、
喜びに変わります。


そして1年後、ムラキさんは
ガンが消滅したのはもちろんのこと、
虚弱体質で長年持っていたあらゆる症状が消え、
これまでの人生で最高の健康体になって、そして、若返って!!いたのです!


「私は、がんをきっかけに、
「自分の人生を歩んでいない」ことを
痛烈に悲しく感じました。
自己の人生を省み、心の汚れに愕然としました。
自分に必要と信じて、自分を飾りたてていたさまざまなことが
削ぎ落とされました。
その結果、すっかり忙しい日常から解放され、
暮らしもコンパクトになり、人生が軽やかになっています。」


アメリカの心理学者、ラッセル・ロックハートのことばが紹介されています。
『多くの人々は、自分の潜在的な独自性を、最初から十分に発揮できていない。
しかし、病気になった人々の多くが、
病気をきっかけに初めて自己実現の道を歩み始めている。
自分の人生を歩んでいないことに気付くためには、
身体が病気になる必要があったのである。
おそらくガンは、より大きな人格を作るための試みなのだろう。
人格を存在の瀬戸際まで追いつめ、
以前は意識していなかった自分の人生の意味と目的とを
そこに集結させる』


ムラキさんは療養中に何度も、
「身体と心がずれている」と感じ、
「そういえば最近身体の中にちゃんといなかったな~」
と思う体験をしたそうです。

「機能不全で分裂した身体・心・魂を治癒するためには、
病気の原因を理解し、自分を変化させるチャンスであると気づき、
そして実際に自己変革することです。
ネガティブな感情をすべて、「感謝」に置き換えることで、奇跡が起こります。
魂は広がり、身体は安らぎ軽くなり、心には平和が訪れます。」



抗生物質にさようなら
ガンは血液を浄化するための最終装置
ガンは食べすぎ病
生きているエネルギーを食べる
「吸収は排泄を阻害し、食べないと排泄が促進される」
「めんげん(好転反応)出ざれば病癒えず」
理想と現実のギャップが「鬱の素」
幸せ感度を磨くことが病気治癒につながる

目次を読むだけでも、いろいろヒントが得られます。



著者も、DR.石原も
誰でもこの方法でがんが治る! とは言っていません。

でも、確かに、がんが消えて健康体になった人がここに確かにいるのです。
医者の多くは「がんが消えるということは、ありえない」といいます。
だから消えた時には、誤診だったというのです。
ムラキさんの元主治医もそうだったようです。
誤診で手術されてはたまりませんね。

人は見たいものしか見ない。
見たくないものは見えない。といいます。
私たちは、がんは消えることもあることを、しっかり見たいと思います。
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-09 15:17 |

続「べジブロス」

昨日書洩らしたことを追加します。

友人に「べジブロスがおいしいよ」とメールしました。

そしたら質問が返ってきました。
野菜くずとスープをどうやって分けるの?って。


私は、鍋の蓋をずらして、大きなものが落ちないように押さえて
流れ出すスープを茶こしで漉して別鍋に受けています。


彼女は、西宮ガーデンの「花草香」(かそうか)で
「べジブロス薬膳スープ」を食べたことがあるそうです。
ネットで検索してみたら、魅力的な自然食のビュッフェレストランでした。
一度行ってみたい♪


昨夜また、べジブロス味噌汁をしました。
今回は、リンゴの皮が入っていて、
フルーティーな香りがするので、どうかな~???
と思ったのですが、

やっぱり! うまい!!!
おいしい、おいしいのです!!

びっくりです。

その残りを今夜温めなおして食べたのですが、
やっぱりおいしい!!


べジブロスを検索してみたら、
いっぱい出てきました、おいしい!おいしい!って。

そして、「美容に」「健康に」いいんだって、いっぱい書いてありました(*^^)v


お金がかからず、たいして手間もかからず、難しくもなく、おいしくて身体に良い。
こういうものが、私は大好きです(*^▽^*)

友人も、野菜くずを集め始めたそうです(^^♪
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-05 21:03

おいしい べジブロス

べジブロスってご存知ですか?
私は、最近 図書館で借りたナカムラタカコさんの本で初めて知りました。

野菜くずを煮だしたもので、栄養があっておいしい!!というのです。

もの好きな私は早速、試してみました。


料理していて、これまで捨てていた
人参のしっぽやへた、大根・かぼちゃ・じゃがいもの皮、キノコの下の方、
小松菜の根に近いところ、白菜の芯、カボチャの種とず、等々
シール容器にどんどん入れていって、3日ほどでいっぱいになりました。

1Lの水に小さじ1杯のお酒と野菜くず両手にいっぱいくらいを入れて、
沸騰したら弱火で約30分、ことこと煮ます。


1回目は、玉ねぎの皮が多かったからか、濃い色になりました。
飲んでみると、かなり えぐい(*_*;
でも、せっかく作ったのだから捨てるのは惜しい、、、

ちょうど大豆のゆで汁があったので、飲んでみたら、甘い(^v^)

大豆の煮汁と合わせて、みそ汁にしてみました。

びっくり!(*^^)v
おいしい(*^▽^*)のです!!!


こんなの、夫は嫌がるだろうと思っていたら、
夫が自発的に野菜くずを貯めはじめので、
これまたびっくり!

2回目はミネストローネにしました。
うちのはベーコンなし、チーズなしですが、おいしくいただけました。

3回目はもう一度、みそ汁。
これがまた、おいしいのです!!!
あまりのおいしさにたっぷりお代わりしてしまいました、私も夫も。
味に深みがあって、コクがあって、まろやかで…

この味を知ってしまったら、普通に作った味噌汁が、一味足りなく感じられました。


我が家にべジブロスはすっかり定着してしまいました。
まだこれを知ってほんの10日ほどです。


野菜の、普段捨てている部分には、フィトケミカルやミネラルなど
老化や病気を防いでくれる、とても有益な栄養がたっぷりあるのだそうです。

じっくり煮出すことで、それらの有効成分が煮汁に溶け出して、
有効に活用できるのですって。


タカコさんによると、キャベツの芯だけは、味が落ちるので、入れない方がいいそうです。

ベジブロスというのはタカコさんの造語だそうですが、
ベジはベジタブルのベジ、ブロスは煮出し汁という意味。




フィトケミカル:ファイトケミカルともいう。
        ポリフェノール、イソフラボン、リコピンなど、
        健康に良い影響を期待できる物質の総称。
        野菜が紫外線や虫から自分を守るために作り出す成分
        最近では第7の栄養素ともいわれ、抗がん対策にも注目されている。
[PR]
by d_rainbow | 2016-03-03 13:51