心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『アロハ! ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉』

   イハレアカラ・ヒューレン 監修
   平良アイリーン 著            サンマーク出版  1,429円+税


去年の3月に出た本です。

著者の平良さんは、ヒューレン博士を日本につれてきた
平良ベティーさんのお嬢さんです。

博士の来日中などに、行動を共にすることが多いようです。


ホテルでの朝食中、悩み事に気を取られて上の空の著者に投げかけられる言葉、
講演会場に向かう道中で何気なく博士が語る言葉、

そのときの著者の内面、
はっと気付いて、著者が何をどう実践して、そのあと何がどんな風に変化したか。

きめ細かく書かれています。

博士の傍らにいいて観察した、日常の博士の動作、
毎瞬毎瞬静かにクリーニングしている姿も描かれています。

こういう体験が出来る著者をうらやましく思うと同時に、
こんなふうに体験を表現できるアイリーンさんの能力はすごいなと思い、
こういう形にして世に出してくれたことに感謝の気持ちがわいてきます。


ホ・オポノポノをとても気に入っていながら、
本も何冊か読み、初級クラスに参加しながらも、
クリーニングの仕方がいまひとつよく分からない私にとっては、
ありがたい本です。


「焦りも苛立ちも全部記憶だよ。
クリーニングしない限り、たとえ夢を実現できたとしても記憶の連鎖になるだけなんだ」


「この宇宙のすべての存在は『愛している』の言葉が聞きたいだけなんだ。
『愛している、だって・・・・・・』じゃない。
ただ、その存在を祝福されたいだけなんだよ。あなたと同じように。」


「もちろん、時に行動が必要なこともあるよね。
目の前で起きたことに対して、自分の中から出てくる感情をクリーニングする。
クリーニングをしたらね、その瞬間何をすべきか、ちゃんと見えてくる。
あとは、それを誠実に表現していくかどうか。

もし何をすべきか分からないときは、またクリーニングする。
クリーニングして何か行動する。
その繰り返しだよ。
いつでも、どんなときも、何が目に映ったとしても、もう一度、クリーニングするところに戻ってほしい。

あなたが『本当の自分』でいるためには、ウニヒピリの協力が不可欠なんだよ。
ウニヒピリはあなたが誠実かどうか、よおく見ているからね」
(ウニヒピリ:潜在意識、インナーチャイルド〉
f0186096_1628689.jpg

              ゼロ会メンバー あみちゃん撮影


「最大の才能とは、『自分そのもの』でいることだよ。
すべての存在が本来自分の才能を持って生まれてきている。
自分が自分の才能に気付いたとき、まわりのひとつひとつ、原子と分子もそれぞれの才能に気付くんだ」


「自殺が起きるところには、絶望がある。
その絶望の種というのは、どの家庭の中にもある。
私の中にもある。
外で起きていることなんて、ひとつもないんだ。
自分が手放して、自分が愛を体験できなければ、
この地球が愛を感じることもできない。

台風の中心は、いつも静かなんだ。
ホ・オポノポノもいつもそこから始まるんだよ。
まずは自分の内に平和を。

でも、ホ・オポノポノは、その中心がどんどん外側にも広がるという流れを持っているんだよ」


「あなたがそれぞれに対してクリーニングしないでそのまま毎日を終えてしまったら、
ウニヒピリは呼吸ができないよ。

たとえば、訪れた場所、関わったもの、思いを持った人、
それぞれの存在とあなたのウニヒピリがそれぞれ色の付いた糸で結ばれているとしよう。
行く先々であなたのウニヒピリは人やものとその糸で結ばれるんだ。

その糸はあなたがクリーニングしない限り切ることができない。
ウニヒピリはあなたがクリーニングをするまで、その糸をつかんだままでいる。
糸はどんどん増えていき、しだいにもつれウニヒピリに絡まっていく。
体中に巻きついた幾億もの糸によってウニヒピリは身動きがとれない。
あなたのウニヒピリはそんな状態で毎日を過ごしているんだよ。
そしてそのウニヒピリはあなた自身なんだ」


「同時にね、クリーニングしないかぎり、私たちは常に
土地、人、モノに対しても自分の糸をさらに植えつけていくんだよ。
まっさらで何もない完璧で美しい状態に、いろんな足跡を残し合ってつながっているような状態。
そうして、土地も人もものもすべてが荒らされ、本来の自由を失っていく。
これって虐待だね。
本当の自分を見失うんだ。

過去にいったい何があったのかは、私には分からない、
でも今この一瞬、もう一度それぞれが自由になる機会としてまた出会っているんだ。
わたしたちとその土地がアカ・コードという糸から開放され、自由になったとき、
初めてそれぞれが本来のつながりを取り戻せるんだね。

これは土地や人、どんな存在にも同じことだよ」


「ネイティブアメリカンはね、自分たちが生活する場所、訪れる場所に
自分たちの足跡を残さない、ということをとても大切にするそうだよ。
だから彼らは、教会もお寺も建てたりはしないんだそうだ」


アイリーンさんがクリーニングを続けていくうちに、
時に頭でホ・オポノポノをとらえようとしたり、結果が気になってしまうとき、
こんな声がどこからか聞こえてくるそうです。

『あなたはウニヒピリのケアだけしっかりとやっていてください。
後のことはこちらでやります』

「ディヴィニティー〈神聖なる存在)のなせるわざを私が自分でどうにかしてできるものではありません。
私がすべきことはいつでもクリーニングなのです。」




 心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
            ℡:079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2014-09-17 16:36 |

『完全なる治癒』その2

この本は1997年10月に出版されたものですが、
その時点では

「まことに残念なことに、今のところ日本には14-Xの治療を行う医師および医療機関は存在しない。
・・・
本書を読んでその治療を試みたいと考えている読者は、
以下のところに連絡を取り、直接指示を仰いでいただきたい。」

Centre Experimental de Recherchs biologiques de L'Estrie Inc.
5260 Rue Fontaine
Rock Forest,Quebec J1N1A1
Canada

℡:819/564-7883
fax:819/564-2195


ネサンの研究の追試に成功した和少ない研究者の一人、ヤン博士によると

「ネサンはあくまでも良心的でひたむきな人物。
"隠された動機"など全く持っていない。生物医学に新しい知識をもたらすことしか考えていない。
そうすることで人類のために尽くしたいと心から望んでいるんだ。」

「ネサンが医学会や科学界から締め出されているのは、
彼が革命的な新しい事実を発見したからなんだ。
その事実は全く新しい解釈を必要とし、革新的な技術を発達させるだろう。
そのことが定説に反し、われわれの生活を支配している既得権益に反するんだ。」

「ネサンの締め出しは、彼の学歴とか能力などとは全く関係がない。
ネサンでなくても同じ道をたどろうとすれば、みな同じ目にあう。
ネサンが仮にノーベル賞やそれに匹敵する賞を受けても、黙殺され侮辱されることは間違いない。

なぜなら、正統派が我慢できないのは、ネサン個人ではなく、彼の新(Nu)生物学だからだ。

しかし、いまや様々な方面で正統派に対する抵抗が強まっている。
それは、ある〈晴れた日〉に新しい見解が正統派を打ち破り、将来は科学やその他の分野の研究者を完全に支配してしまうことを暗示している」

ヤンはネサンの顕微鏡についても述べている。
「私の知っている限り、これほど優れた性能を持つ顕微鏡はほかにはない。
ネサンの顕微鏡には"神秘性"など全くない。
簡単に同じものが作れる。
多少の時間と適切な機材があれば私にも作れると思う。
・・・
今日の科学の〈仕組み〉を考えると、彼の顕微鏡が大量に製造されて広く販売されることはまずないだろう。
そんなことになれば、既存の科学の〈嘘〉が真っ先に暴かれる。
少し言い過ぎなら〈間違い〉でもいい。
そうなれば既存の科学は大打撃を受けてしまう。」

「残念なことだが、医学会では真実を追究することが奨励されているわけではない。
医学会を背後で動かしている力は、治療や救命よりもカネと利益を奨励しているのだ。

結局、人々が健康だと〈商売〉にならないんだ。
ネサンの治療法は、今日患者が支払っている費用とは比べ物にならないほど安上がりにつくので、
彼の存在も研究も彼らには邪魔になるだけなのだ。」


ネサンを支持するもう一人、クリフォード博士は言う。
「ネサンを勝利に導くのは昔ながらの民衆の力しかない・・・」



本の返却期限が迫っているのですが、
まだまだ中身の濃い部分が読めてなくて・・・

その3をまた書くかもしれません・・・
[PR]
by d_rainbow | 2014-09-12 16:46 |
お客様Mさんが、中秋の名月の翌日、今年最後のスーパームーンの満月を
望遠鏡で撮った画像を送ってくださいました。


「これで見る限りウサギには見えません。」とのことです。


f0186096_9562647.jpg


口径8センチの屈折望遠鏡で写したもの



f0186096_9574314.jpg


「口径20センチの反射望遠鏡で写したものです。
少しトリミングしています。

こちらの方が解像度が高いと思います。
アップにして比べてみてください。」とのことです。


マスクのないメロンのお尻の、花の付いていた跡とそこから放射状に出ている筋状の模様
のように見えるものがありますね。
他にも放射状の筋が幾つか見えます。
私何も知らないけど、これ、何でしょう??

まじまじと見ていると、いろいろと疑問が出てきて、興味がわいてきます。


Mさん、素敵な画像をありがとうございます!
[PR]
by d_rainbow | 2014-09-12 10:22
『完全なる治癒ーガストン・ネサンのソマチッド新生物学』

   クリストファー・バード 著  上野圭一 監訳  小谷まさ代 訳   徳間書房


船瀬俊介さんの『3日食べなきゃ7割直る!』で紹介されていた本です。

加古川ウエルネスパーク図書館の書庫にあったので、借りて読んでいます。

「ソマチッド」については、だいぶ前から関心を持っていましたが、
なかなか知る機会が有りませんでした。



ガストン・ネサンは、〈第6感〉によって高性能の顕微鏡を作り出し、
細胞内の微細な物質を観察し、
〈ソマチッド〉と名付けます。

ソマチッドは、健康な細胞では1から3の形態を持ち、
不健康な細胞では16の形態に変化する〈ソマチッドサイクル〉を持ちます。


ソマチッドの観察により、早期診断も可能。

楠から作り出した窒素化合物714-Xをリンパ節に注射することにより、
重症、末期のがん患者の3/4をはじめとして、エイズ、多発性硬化症なども
治癒しました。


超高性能の顕微鏡は、仕組みが説明できないため
顕微鏡業界では受け入れられず、
ソマチッドは生物学会では意味のないものという定説のため無視され、

違法な治療をしたということで、フランスの裁判所で有罪判決を受けます。


フランスに見切りをつけたネサンはカナダに渡ります。


学会には受け入れられないことをよく分かっているネサンは
発表はせず、ひたすら研究に励みます。

関心を寄せる人には惜しみなく情報開示し、
714-Xの製法も伝授します。
自分でそれを作り、瀕死のラブラドル・レトリバーに投与し、
すっかり健康になった犬を見て驚いた人もいます。


カナダでも、一人のがん患者が死亡したことで、裁判に訴えられます。
この本のメインテーマは、この裁判です。

まだ途中までしか読んでないので、最終的にどういう結論になるのか分かりませんが、

1980年代に多くの重症がん患者を救った、
副作用の全くない、
指導を受ければ自分で注射することも出来る治療法が、
30年以上たつ今も!
世界で活用さていないことに、あきれます。


本の後の方をちらちら拾い読みしたところでは、
ネサンは1991年に始めて自分自身の科学会議を主催しました。

そこで勇気ある医者が
「ネサンが開発したような画期的で有益なガンの治療を行うことはもちろん、
学ぶことさえ〈医学会〉によって禁止されている」と述べたそうです!!


そして、2014年の今も、多くのがん患者が
効果より副作用の方が大きい治療によって苦しんで、死んでいます。
そして、製薬業界は多大な利益を上げ、
ガン関連の医療従事者は増加する一方です。
そして保険会社も・・・



今の主流のがん治療は、がん細胞をやっつけることだけに焦点を当てています。

それに対してネサンの治療法は、免疫力を上げることにより、
がん細胞を無毒化します。

だから、全身が健康になり、がんだけでなく、他の病気にも有効です。


医薬品業界の餌食にならずに健康快適に生きるには、
心身の状態を健康に保つことによって、免疫力を高めることが大事なようです。


ガリレオの時代を人は笑うけれど、今も同じことが繰り返されているのですね。
ソマチッドが受け入れられるのは、いったい何年後でしょうか?

ネサンの100年前にも、同様の研究をしていた人がいるそうです。
f0186096_16451945.jpg

               ゼロ会メンバー あみちゃん撮影





        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2014-09-05 16:48 |
ハーバードの脳神経外科医、このブログでもご紹介した
世界的ベストセラー『プルーフ・オブ・ヘブン』の著者エベン・アレグザンダー医師が
NHKスペシャルに登場するかもしれないそうです。

詳細は不明だそうですが
ナチュラルスピリットニュースによると


【NHKスペシャル】で
著者が登場するかもしれません(詳細不明)。

9月14日(日)
午後9時00分~10時13分放送予定

臨死体験
立花隆 思索ドキュメント
死ぬとき心はどうなるのか


『私』という存在は死んだらどうなるのか、
死ぬとき『私』は何を見るのだろうか──。

20年余り前、臨死体験について徹底的に取材し考察を深めてきたジャーナリスト/評論家立花隆さん。

74歳を迎え、がんや心臓の病を抱えて死を間近に感じる今、
再び臨死体験の最新研究の現場を見つめ、
“死”について思索しようとしている。

死の間際に一定の人が見る臨死体験。
臨死体験が世界で注目され始めた1980年代以来、その解釈としては、
脳内現象として科学で説明できるとする「脳内現象説」と、
肉体が死んでも“魂(もしくは自我を感じる「意識」)”が存在し続けるという「魂存在説」───
これら二つの説が互いに相容れない、激しい議論が続いてきた。

そうした中、立花さんは新たな臨死体験の掘り起こしをすると同時に、
そもそも「意識(魂)」と呼ばれているものの正体とは何なのか、
最新の脳科学・心理学・哲学にいたるまで、
徹底した取材に基づいて正面から挑もうとしている。

科学的に見て、死後の世界があると言える余地はどれくらいあるのか。
死後の世界がないとしたら、『私(自分)』という意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。
私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。

有史以来、人類が答えを追い求め続けてきた
生と死にまつわる壮大な謎───その謎に挑む立花さんの思索の旅を通じて、
大震災や紛争などで多くの命が失われる今、
命や『私』の存在する意味を考える。
(番組HPより)

臨死体験にご興味のある方は、ぜひご覧ください♪   ということです。
f0186096_15335142.jpg


               ゼロ会メンバー あみちゃん撮影





        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2014-09-02 15:36 | お知らせ