心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奇跡のコースを学んでいると
ホ・オポノポノとの共通点を強く感じるようになってきました。


私がホ・オポノポノに出会ったのは2008年だったでしょうか。

NPOの喫茶店で無料でタロットをしてもらえるというので、
ゼロ会のメンバーで出かけていったときのことです。


遅れてやってきたY子さんが、
「変な講演会に行ってきた」と話してくれたのです。

友人に誘われてよく知らずに行った講演会で、
そのときもやはり遅れて参加したY子さんは
変なおじさんが一人の女性を前に、とても冷淡に何か言っているのに出くわしたのだそうです。

とても印象を悪くしたY子さんはホ・オポノポノについても否定的だったはずなのですが、
話を聞いた私はホ・オポノポノにとても強く惹かれました。


早速本を買って読み、実践し始めました。

本を読んだだけですぐ出来る。
一人で出来る。
いつでもどこでも出来る。
お金が要らない。
自分だけでなく、他人の問題も、世界の問題も!解決できる。

なんてすてきなんでしょう!!
夢中になりました。


ちょうどその頃、友人のお嬢さんが不登校になりました。
友人はとても落ち込んでいました。
私は、よく分からないけどとにかく、
早速ホ・オポノポノをはじめました。

「私の潜在意識の記憶の何が、友人のお嬢さんの不登校を引き起こしているのだろう」と
ひたすらクリーニングを続けました。

2・3ヶ月すると、彼女は登校し始め、以前よりずっとおおらかになりました。

たまたまだろうと思ったのですが、
カウンセラーによると「めったにないこと」
何が彼女を変えたのか、思い当たることはないらしいのです。

ホ・オポノポノの効果かもしれません。


移り気な私は、その後あちこちに興味が飛び、ホ・オポノポノを忘れたことはないけれど、
あまり熱心にはクリーニングしていませんでした。

1年後にベーシッククラスを受講しましたが、
それでも初めて出会ったときほどときめきませんでした。


やがて、奇跡のコースに夢中になり・・・
わけが分からないままに、読み進むうちに、

「自分の中の罪悪感の投影がこの世界を作っている」
「潜在意識の中の記憶の再生がこの世界の問題を引き起こしている」
「自分の外にあることはすべて、自分の中にあることの表われ」

「幻想をアトーンメントするのが私たちの仕事」
「潜在意識の中の記憶をクリーニングするのが私たちの仕事」

それを続けることによって
「聖霊に従って生きる」
「神聖な存在からのインスピレーションが降りてくる」
「神の意志こそが本当の自分の意志」

「ホ・オポノポノはそれぞれの問題を、試練としてではなく機会だと捉えます」
「問題は、赦しのチャンスです」

奇跡のコースとホ・オポノポノとの共通点をとても感じるようになってきました。


そして、もう一度ホ・オポノポノに戻りたくなりました。

一番初めに買ったホ・オポノポノの本を再読しました。

分かったつもりで読み飛ばしていたところ、
わけが分からないまま読み流していたところ、
初めて読んだときよりもずっと深く理解できる感じがしました。

ますますホ・オポノポノが好きになりました。

そして、クリーニングに磨きをかけようと思いました。


そんなことを話したりメールしたりしていたお相手のA子さんが
「投影解除の祈り」を教えてくださいました。

「奇跡の祈りの処方箋」というブログで紹介されています。

またまた素敵なツールを手に入れてしまいました!

同じブログで紹介されている「宣言の祈り」も、いいです。

A子さん、ありがとう!!
f0186096_16112754.jpg


               ゼロ会メンバー あみちゃん撮影





        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2014-08-29 16:15
8月19日午後1時、暑い暑い中、9人が集まりました。

皆さんいろいろと予定が入っている中、やりくりしてご参加くださるので、
少しづつ毎回メンバーが変動します。
今回は女性7人、男性2人。

この会が始まるきっかけを作ってくださった人が、初参加してくださいました。


例によって一人づつ話したい人から、自己紹介、近況報告、コースにまつわる体験など。


そのあと今回初めての試み、前回提案のあった、
レッスンを一つ、全員でしました。

「これが全部終わるのは365ヵ月後です」という司会者の発言に
全員、一瞬「エッ!!」

レッスン1から毎月1づつ順番にやっていけば、確かに・・・
終了までは、生きてないでしょうね・・・
いや、長生きすれば・・・  若ければ・・・


次はテキストです。
4回目ともなると、だいぶ慣れてきました。

充分な間を取って読む人。
解説を入れながら読む人。
聴くほうも慣れてきて、
「どういうこと?」「分からない!!」と言う声も遠慮なく出るようになってきました。

とても素敵な解説をしてくださる人がいて、
「『奇跡のコースの○ちゃん訳』を出したらいい」と言う発言も・・・

「一人で読んでいたらさっぱりだけど、こうしてみんなで読むと、
少しづつ理解できてくる。深まる」と言う声が、あちこちから聞こえました。

さっぱり分からない中、でもほんの少しづつ分かってくるような、
そういう快感を味わっています。


何よりも『奇跡のコース』を気に入って、学びたい!と言う人が集まっている
という安心感があります。


最後にまた全員が一人づつ感想などを話して、終了しました。

f0186096_10452878.jpg


               ゼロ会メンバー あみちゃん撮影



この会は毎月第3火曜日の午後1時から、東加古川のソフィアハウスで開いています。
いつでもお好きなときにご参加いただけます。
テキストをお持ちでなくても大丈夫です。
『奇跡のコース』をご存じなくても大丈夫です。
参加費は、会場費とお茶代で 500円です。



        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2014-08-22 10:55 | イベント
『3日食べなきゃ7割治る!ー病院で殺される前にー』

   船瀬俊介 著   三五館  1.300円+税


試したらみんな納得
「自分の体の主人公は、わたしだ!」
副作用ゼロの、究極の健康法


政府や医学界が「三食きちんと食べろ」とうるさく言うのは
「キチン」と食べて、しっかり病気になって、
しっかり稼がせてくださいーという"ホンネ"が裏にあるのです。
ドイツに古くからある諺
-1日三食のうち2食は自分のため、1食は医者のためー


空腹があなたにもたらす10の"宝物"

①自己治癒力を呼び覚ます
②空腹という快感!
③頭が冴えわたる
④万病の原因"血液の汚れ"を浄化
⑤最強のデトックス
⑥体の悪いところが分解・排出していく
⑦遺伝子を活性化する
⑧スタミナ抜群になれる
⑨免疫力が高まる
⑩老化の原因"活性酸素"を減らして若返る・・・


お客様が貸してくださった本です。
読んでいて、楽しくなりました。
ゆめときぼー が湧いてきます。


船瀬俊介さんが『病院で殺される』を出版したら、
「じゃ、どうしたらいいんだ!!?」
という質問が殺到したそうです。
それに対する答えがこの本です。


「似非科学」「似非医学」と批判する人たちは、
「エビデンスがない」「高額」といいますが、
この本で紹介されていることは、当てはまりません。


私たちが常識として持っている近代栄養学「フォイト栄養学」は、
全く科学的根拠のないものなのだそうです。

フォイト栄養学が推奨している動物性蛋白は
史上最悪の発がん物質だそうです。

 
グルメ、飽食、そして糖尿病、心筋梗塞、ガン・・・

小食、断食、そして健康、若返り・・・


兵庫県には淡路の五色町に県立の断食道場があります。
医師の管理の下、とてもきちんとした指導がされているようです。

道場というと雑魚寝を連想しますが、
個室も選べて、ホテルのようでとても快適だそうです。
食べ物以外は、何をしていても自由。
日数も、3日、1週間、2週間・・・と、いろいろのコースがあるようです。
呼吸、瞑想?などいろいろなワークも実施されていて、
個室でビデオで見ながら、一人ですることも可能だそうです。


5月の連休にお客様が体験してこられました。
とてもきれいに! 身体も心も若返って、はつらつ、
何人もの人に
「どうしたの!? 何したの? きれいになった!!!」と言われたそうです。


私はこのごろ小食になっていますが、
お盆に2食付のホテルに泊まって、
食べ物はほとんど残さない主義なので(これはそろそろ改めたほうがいいですね)
食べ過ぎて、久々にしんどい思いをしました。

生まれてはじめて「口角が切れる」というのも体験しました。
「本当に切れるんだー!」とびっくり。

食べ物の消化にフルマラソン並みのエネルギーを使うというのも、確かに!って感じでした。


小食、断食がいかに身体に(心にも)いいかということのほかに、
「笑い」「感謝」の効能、
呼吸法と運動の効果についても書かれています。
1日たった5秒「アイソメトリクス」も紹介されています。

ちなみに、著者の船瀬さんは1日1食だそうです。
「おなかがすかないのに食べるなんておかしい」
確かに!!
意識してみると、ほとんどすいてないのに食べています。

「卵は1日ひとつくらいは食べたほうが良い」とか、
「ちゃんと栄養を摂らないと骨粗しょう症になる」とかいう
脅しに引っかからないようにしたいと思います。
f0186096_10501825.jpg


               ゼロ会メンバー あみちゃん撮影



        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-08-19 10:53 |