心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ふと見ると、換気扇が変?
手をかざしてみると、なんと、風が入ってきている!!
止めてみると、逆に回っていました。

しばらくすると正常になりました。

そんなことを何回か繰り返した後、
数日後、ぴたりと止まり、動かなくなりました。


今の家に住み始めてうん十年。
中古に入ったから、前の住人が使っていた換気扇がしばらくして壊れて、
買い換えたのが今使っているもの。

そろそろだめになってもおかしくないよね。

私の力でははずせなくて、夫にお願いしていたけれど、
なかなかチャンスがなく、
油汚れがひどくなる一方でした。

お掃除する前に壊れてよかった♪
と思いました。

でも、このこてこての換気扇をごみに出すの、恥ずかしいなあ・・・


次の休みに新しい換気扇を買いに行きました。
お掃除が面倒でない、フィルター付きを薦められ、それにしました。

また、なかなかチャンスがなく、取り付けしないまま日が過ぎ・・・


あるとき本を読みながら ふと、
壊れた換気扇、あのまま捨てるのかわいそう。
最後にちゃんときれいにして「ありがとう!」って捨てよう!
と思いました。

そのあとすぐ、
f0186096_111307.jpg

                  ゼロ会メンバー あみちゃん撮影

夕食のしたくに2階から下りて台所に行くと、
なんか「ごーーーー」って音がしています。

あれ!

なんと! 換気扇が回っているではありませんか!!

まるで「壊れた換気扇ってどれ?」って感じで、
今日も、普通に、ちゃんと働いてくれています。




        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-02-28 11:06 | 生活雑記
『喜びから人生を生きる! 臨死体験が教えてくれたこと』

   アニータ・ムアジャーニ 著  奥野節子 訳  ナチュラルスピリット 1600円+税


「恐れずに本当の自分を生きたいと願うすべての人に贈る奇跡の実話(医療記録付き)」

「病気の本当の原因は、『恐れ』だった・・・」

「末期がんから生還したアニータのすばらしいメッセージをぜひ、読んでください。
人生が変わります!」  山川夫妻推薦

ウエイン・W・ダイアー博士が序文を書いています。


インド人の両親の元にシンガポールで生まれ、
2歳から香港で暮らす著者が自分の体験を元に書いたこの本は、
昨年6月に出版されてすぐに購入し、読了しました。
似通った関心を持つ友人数人に回し、戻ってきた時点でブログで紹介するつもりでした。

ところが何故か、なかなかそれが出来ずにいました。
再読し、紹介したい部分に付箋を貼ると、
見る間に本が付箋だらけになりました。

この本の紹介を待ってくださっている人もいて、
早く!と思うのですが、1日延ばし、1月延ばし・・・
あとから読んだ本を先に紹介し・・・

あまりにもお伝えしたいメッセージが多すぎるからでしょうか?


「私のガンが治ったのは、心の状態や信念が変わったことよりも、
自分の真の魂が輝き始めたおかげだとはっきり言いたいと思います。

多くの人から、プラス思考のおかげで治ったのかと尋ねられましたが、そうではありません。
臨死体験の最中に私がおかれていた状況は、心の持ち様をはるかに超えたものでした。

私のガンが治ったのは、自分の有害な思考が完全に消えてなくなったからです。」


ブリティッシュスクールで学び、自立した女性に育ったアニータは、
女は親の望む結婚をして、夫に従い、完璧に丸いチャパティを焼く・・・といった
インド社会の理想の女性像との板ばさみで、
自分を否定し続けます。

ようやく、ありのままの彼女を愛する人と出会い結婚したものの、
ガンを宣告されてしまいます。

インドに渡り、アーユルヴェーダでいったん健康を取り戻しますが、
周りの影響で不安が大きくなり、再発します。

2006年2月、ガン末期のこん睡状態に陥り、専門病院に担ぎ込まれます。

必死の治療が行われるのと平行して、彼女は臨死体験をします。

「信じられないほどすばらしい気分だわ。なんて自由で、軽いんだろう!
どうして全く痛みがないの? どこへ消えてしまったんだろう?・・・
どうして怖くないのかしら? 恐れはどこに行ってしまったの? うわあ、もうどこにも恐れがないわ!」

病院内のあちこちでおきていることを見、聞きし、
臨終に間に合うかとはらはらしながら、飛行機で駆けつける兄を見、
あの世で父親と再会します。

そして、たくさんのことを学び、
それを人々に伝える使命に気付き、
身体に戻ることを選びます。


ガンは、見る間に縮小し、消失してしまいます。
どんどん体力も回復し、
アニータは、本来の自分を生きる人生を、生きはじめます。


この本が出来るいきさつは、
まさに、宇宙は完璧に計画されている!!と思わせ、読んでいてワクワクします。


「私のガンの治癒は、信念によるものではありません。
臨死体験は純粋な気付きの状態で、その時、これまで持っていた教えや信条は完全に消えていました。
この状態が、私の身体の”修復”を許したのです。

言い換えれば、私の癒しに必要なのは、信念を捨てることでした」

「自分の理解が十分ではないことを受け入れ、不確実な状態を心地よく思えるようになれば、
無限の可能性の領域が目の前に広がるのです。」


ご紹介したいアニータのメッセージは、いっぱいあります。
ぜひ、ご自分で手に取って、読んでみてください。
f0186096_15562492.jpg


            ゼロ会メンバー あみちゃん撮影




        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-02-26 16:12 |
60代はじめの男性からの楽しい報告です。


20代中ごろに、腎臓結石が尿路をふさいで、開腹手術を受けました。

その後、水分を大量に摂るなど、注意事項をよく守って暮らしていました。
しばらくは大丈夫だったのですが、
石が出来やすい体質なのか、地域的にそうなのか、
やがてまた、石が出来始めました。

検診のたびに潜血がプラス、石があることを指摘されました。


昨年夏に、尿療法を始めました。

朝1番の尿を少しづつ飲み始めました。
徐々に量を増やして、100から200ccくらい。

半年たったころ、人間ドックに入り、
潜血は久々にマイナス、
石があるとの指摘もされませんでした。


石が、溶けて、消えてしまったのです!!


溶けるという薬を飲んだ時期もあったけど、全く変化無かったそうです。

ただ、自分の尿を1日1回飲むだけで、
石が溶けて無くなったのです。


ちなみに胆石も、尿療法で溶けて無くなるのだそうです。



消化器系のただれも指摘されていたのが、
すべてきれいになっていたそうです。


f0186096_11365773.jpg


            ゼロ会メンバー あみちゃん撮影




        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-02-24 11:42 | 療法

『病院で殺される!』

『病院で殺される!』
   船瀬俊介 著  三五館


かなり激しい書名ですが・・・

内容もかなりショッキングです・・・



ですが、こういうことは、知っておいたほうがいい、かも、・・・
自分や周りの人を守るためには。


かつて、知り合いのお孫さんが1・2歳のときに、元気いっぱいだったのに、
風邪を引いたと思ったら、あれよあれよという間に容態が悪化して、他界されました。

ごく普通に暮らしていた人が、ガンと診断されて
入院した途端にどんどん衰えて、あっけなくお亡くなりになる。

検査入院して、しばらくするといろんな症状が出てきて、
治療すればするほど弱っていき、なくなる人を何人も見送りました。


いつも、何か変!!と感じながら、そういう時期だったのだ、と自分を無理に納得させていました。

この本を読んで、ひょっとして、あの人も、この人も、病院に行かなかったら違ったかも!
と思いました。


多くのクスリが、効能以上の副作用を持っているようです。

副作用というとその症状だけを問題にすることがほとんどですが、
重要なのは、身体がどういう被害を受けているかです。

が、副作用の症状に対応する薬を更に処方し、
毒に更に毒を盛ることが、現実にされていることです。

患者は、ほとんど処方される薬の毒性について聞かされませんが、
かなり恐ろしいものが多いようです。
医者の多くも忙しすぎて、知らないまま習慣的に使っている!

効能と副作用が同じクスリも多いようです。
つかの間の安らぎのあとに更なる苦痛が待っている・・・

タミフルは、脳の活動を低下させるだけ、ウイルスをやっつけているわけではなく、
症状が出なくなるだけ!

輸血は、臓器移植と同じ、問題がいっぱい。
貧血を改善するつもりが、出血させる。
エホバの証人が、無血手術の普及に貢献した。
大量出血しても、水分とミネラルを補給すればいい。


白血病の治療法が間違っている、
本当は怖い病気ではない!
関節リューマチしかり、ガンしかり・・・
ちらほらと、そんな情報が入ってきていましたが、
その根拠が知りたいと思っていました。

この本で、その多くが納得できました。


環境ジャーナリストの著者は、たくさんの本を出していますが、
2000年に長女を14歳で亡くします。
医者が処方した薬が、死を招いたことを知り、
訴訟を起こし、全面勝訴します。

その後、医療の間違いを告発する本をたくさん出しています。
2013年夏に出たこの本は、
それらの本のこれまでの総まとめという感じです。

こういう情報は、テレビや新聞ではまず得られません。



日本人は、西洋医学に洗脳されている・・・
病院に行けば、いい治療をしてもらえると信頼して、
命を差し出している・・・
お金も差し出している・・・言われるままに。

お医者さんの多くは、教えられたこと(間違ったことも)を信じきって、
製薬会社の言いなりに、時代遅れの非科学的な治療をしている・・・
献身的に!

でもその背後では、巨額のお金が動いているようです。


身体は賢い。
身体は、自分で治す力を持っている。
それを邪魔しないこと。
その力がしっかり発揮できるような状態をつくること。

お金をかけず、健康になれるのです。


でも、みんなと違うことをするのは勇気が要るのですよね。
よくないと思っても、みんながしているほうを選ぶほうが、なんとなく安心。

f0186096_14332611.jpg


            ゼロ会メンバー あみちゃん製作・撮影



        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-02-17 14:40 |

麻ことのうた

私の『麻ことのはなし』を紹介したブログを読んでくださったE子さんが
こんなメールを送ってくださいました。


「ブログ拝見しました。
私も最近とてもよく大麻の役割について耳にします。

去年は、とても不思議な女性にお会いする機会があり、
お歌が上手な彼女が歌う「麻ことの歌」という大麻の賛歌を聴きました。

大麻は麻薬じゃなかった、ほんとうだよ~♪っていう歌です。

杉浦さんのブログを見て彼女を思いだし、
大麻は麻薬じゃなかった、ってGoogleで調べたら、こんなステキな画像が出てきました。

f0186096_14363611.jpg


私の大好きなミステリーサークルが、大麻の形をしています。
私はミステリーサークルが大好きで、写真集を2冊も持ってるんですが、こんなのは見たことなかったです。
というわけで、嬉しい気持ちをシェアさせてくださいな。」



なんて素敵なクロップサークルでしょう!!
すごいエネルギーを感じます!!


ぜひブログで紹介したいと返信したところ、


「以下のリンクから視聴もできるのでよかったら彼女のステキな歌声を聴いてみてください。

せつこさんは、大麻がすばらしい植物であることを広く知ってもらうためにみんなで歌える歌を作ったんです。
杉浦さんがブログで紹介されたらとっても喜ばれると思います。

CDの紹介
http://minanohiroba.com/?pid=62351405
せつこさんのブログと動画
http://pub.ne.jp/Mina11/?entry_id=4773783 」


うさぎのせつこさんのサイトを知らせてくださいました。



早速せつこさんに、ブログ掲載の許可をお願いしたところ、快くご了解くださいました。


「はじめまして。
メッセージ、ありがとうございました(^^)/

ご紹介いただけるとのこと、感謝です!
「麻ことのうた」世代を超えて、より多くの方に歌っていただき、
大麻文化の復興が、日本をはじめ、地球を救う魔法の杖となりうることを、
知っていただけたら嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたします!

今朝は、鎌倉のヒーラーの方をゲストに、スピリチュアルテレビで放送させていただきました。

http://www.ustream.tv/recorded/43203146
後ろの正面、だ~れ?
今朝の放送は、「ふるさと」のピアノからスタート。朝からボロボロ間違えてます(^_^;)
この地球は、間違いながら、思い出すところ。笑って、許して~♪セッコ~!

こんなノリでやってますので、どうぞよろしくお願いいたします!

せつこ」



「麻」をきっかけに、素敵な交流が出来て、ハッピーな気持ちになりました。

こんなふうに、少しづつ少しづつ
『大麻は、とっても素敵な植物なんだー!!』という意識が広まっていって、

やがて、地球も、人々も、みーんなハッピーになる日が
きっと!!やってくるでしょう!!!

 

      心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-02-03 14:55
もっこさんと、伊豆在住のアーティストさんの2人展が開催中です。

f0186096_14205797.jpg

f0186096_14245214.jpg


      


       喫茶 神戸館ギャラリー http://www.coffee1998.com/freepage_2_1.html


               イオンタウン明石の南東   
                メニューの豊富な楽しい喫茶店です。

 

      心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2014-02-03 14:18 | イベント