心とからだのセラピースペース


by まりりん

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

重ね煮

今年に入ってから「重ね煮」に凝っています。
きっかけは姉からのプレゼント「わらのごはん」という本でした。

岡山県の山奥にある「農家民宿 わら」のお料理が紹介されています。
その中で特徴的なのが「重ね煮」です。

鍋の中に特定の順序で、刻んだ材料を層になるように重ねていきます。
上からぱらぱらと塩を振りかけて、ほとんど水を加えずに、弱火で30から40分煮るのです。
蒸気を出す穴の開いてない蓋をします。

重ねる順序は、陰陽の理論?で、大雑把に言うと土の中にあったものが上、
地上の上の方にあったものが下という感じです。

本を読んで「わあ、面白い!」と
はじめに作ったのは「切り干し大根の重ね煮」でした。
夫が作った自家製の切り干し大根があったので。

出来上がってまず、一番上にあるにんじんを味見してびっくり!
すっごくおいしいのです!!
甘くって、にんじんのいやな味が全く無くて、うまみがあって。
調味料は塩としょうゆ少しだけなのに「おいしい、おいしい」と食べました。

それから病み付きになって、五目煮豆、ブイヤベース、きんぴらごぼうと、あれこれ作りました。


そういえば、20年位前に、いんやんクラブの梅崎和子さんが重ね煮を紹介しているのを
読んだことがありました。
でもそのときは、重ねる順序になんとなく抵抗があって、試してみませんでした。

今回分かったことですが、梅崎さんの重ね煮は、材料の7分目まで水を入れて、
沸騰するまで強火で煮ます。
このやり方の利点は、短時間で出来ることです。

わらの重ね煮の面白いのは、水を加えず、はじめから弱火で、蒸し煮状態にすることで、
素材のうまみが強化されているように感じます。

どちらの方法も、おいしいだけでなくf0186096_10135327.jpg健康増進に役立つようです。



心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
E-メール:info@d-rainbow.com
URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2013-04-19 10:24 | 生活雑記

発酵玄米

我が家の主食「発酵玄米」をご紹介します。

姉に教えてもらって、昨年9月からはじめました。
それ以来ずっと、我が家の夕食とお弁当は、これです。

姉は名古屋にあるがん患者の会「いずみ会」で教えてもらったようです。
この会は、がん患者の会であるにもかかわらず、死亡率が一般より低いらしいです。
がんが治癒してしまった「治ったさん」がたくさんボランティアでかかわっていらっしゃる、元気で明るい素敵な会のようです。

発酵玄米を取り入れるまで、玄米は夫が嫌うので、精米機のメモリをめぐる攻防が続いていました。
発酵玄米を炊き始めて数日後、夫が娘との電話で「発酵玄米、おいしいよお」と言っているのを聞いてしまいました。
大成功です!

本当に!おいしいのです。
まるでお赤飯みたい。
でも、お赤飯が嫌いな子も、食べてます。

それも、炊き立てより、日がたつにつれておいしさが増すのです。
すぐなくなってしまいますが、10日ほど持つらしいです。

夫はお弁当におにぎりを持っていくのですが、玄米はぽろぽろしてまとまらないと不評でした。
この発酵玄米は、同じ玄米なのに、粘りがあって、しっかりまとまるのです。f0186096_1026152.jpg


つくり方をご紹介します。

材料
 玄米 4合
 小豆 1/3カップ
 塩   小さじ1
 水   5カップ

① 玄米と小豆を水でよく洗い、ざるに上げる。
② 圧力鍋に入れ、水3カップと塩を加える。
③ 泡だて器て右回りに8分間混ぜる。
④ 水2カップを足し、ごく弱火で30分間加熱する。
⑤ 火を強め、圧がかかったらごく弱火にして30分間炊く。
⑥ 火を止めて10分間そのまま置く。
⑦ ふたを開け、ジャーに移しながらほぐす。
⑧ 保温設定にして、1日1回混ぜる。

教えてもらったのは大体こんなふうですが、我が家では水を50ccほど多めに入れます。



心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
E-メール:info@d-rainbow.com
URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2013-04-17 10:29 | 生活雑記

ナチュラルハイジーン

6年半前から、ナチュラルハイジーンの食生活を取り入れています。

ハイジーンとは、とっても健康的な・・・というような意味だったと思います(間違っていたらごめんなさい)。

私がしているのは、
朝食は生の新鮮な果物(なるべく国産)だけ。
動物性のものはなるべく食べない。牛乳、乳製品、卵も。
生野菜をなるべく多く摂る。
精製したもの(白米・白砂糖・ふすまを全部取り除いた小麦粉とその製品、油など)をなるべく避ける。
食品添加物、農薬をなるべく避ける。
生のナッツを摂る。
特別に肉や魚を食べるときは、なるべくご飯やパン、麺などの炭水化物を摂らず、野菜を多く食べる。

この食生活は私にとって、とても楽で、手間がかからず、おいしくて、安上がりです。

狙いはそこにはなかったのですが、確実におなかがへっこんで、ウエストが細くなりました。
もちろん体重が減りました。
潤いが出てきて、それまではスープ、牛乳、紅茶などで流し込んでいたパンを、飲み物無しでおいしく食べられるようになりました。この変化は、とても早かったです。

もっとも大きな、ありがたい変化は、食後のしんどさが全く無くなったことです。
以前の私は、夕食後は座っているのも辛くて、しばらくからだを横にしていました。
それが今は、食べ終わると同時に立ち上がってすぐ食器洗いをするのが、楽しくて快適なのです!

このすばらしい食の方法が、あまり知られてない様なので、これから少しづつ、気の向くままにf0186096_16201870.jpgご紹介していきたいと思います。
[PR]
by d_rainbow | 2013-04-12 16:22
ハリー・ランバート(ハラランボス)著 ナチュラルスピリットから2012年9月に出版された本です。

ハラランボスはギリシャ人ですが、お連れ合いは日本人、2001年から毎年秋に東京で日本語で講義をしています。
本の内容は、201o年までの講義から選んでまとめられたものです。

20世紀最大のヒーラーとも言われるダスカロスから学んだエソテリック・ティーチングを、分かりやすく丁寧に紹介しています。
観察・内省によってエゴイズムをなくしていくことがもっとも大切、エクササイズと瞑想を続けることによりテオーシスに到る、しかし、決して急いではならない。

繰り返し繰り返し大事なことが語られてい、すぐ忘れる私にはありがたい本です。
繰り返すことにより、潜在意識に定着する、同じことがちがった観点から何度も語られています。

大好きなダスカロスの『エソテリック・ティーチング』は難しいので、導入としてのこの本が私にはとてもありがたいです。

私は2009年に始めて憧れのハラランボスの講義に参加しました。
物静かな、揺るがない穏やかさと自然な謙虚さ、といった印象でした。
f0186096_16292844.jpg

前年までは予約不要だったのですが、年々参加者が増えて、そのときは1室に入りきれず、別室でビデオ受講する人たちもいました。
昨年はウイメンズプラザの大ホールでされたようです。



心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
E-メール:info@d-rainbow.com
URL:http://www.d-rainbow.com
[PR]
by d_rainbow | 2013-04-09 16:30 |

リラ自然音楽

リラ自然音楽をご存知ですか?
私は昨年春に、ふとしたきっかけで知りました。

阪神大震災のあった1995年の秋に誕生しました。
植物に声をかけ、耳を傾けてみたら植物が歌を歌っていた!
誕生のきっかけになった風緒めぐるさんにとっては、それは当然のことだったようです。

その音楽にヒーリング効果があることが徐々に分かってきて、研究が始まり、自然音楽歌手青木由有子さんの歌とピアノ、竪琴などでたくさんのCDが発売されています。


癒しの効果は人や動物、植物だけでなく、無生物とされているものにも及ぶようです!

我が家での面白い現象
電子レンジが古くなって、ボタンを押しても反応しないことが多くなっていました。
「天使さんお願い!」と言ってから押すことによって、何とか役割を果たしていました。
ところが、リラ自然音楽のCDを掛け始めてしばらくすると、天使さんの出番が減ってきました。
今では全く正常に作動しています。天使さんの出番はゼロです。

もうひとつ
我が家では36年前に買ったステレオのスピーカーを使っています。
さすがに左側のスピーカーが音を出さないことが増えてきました。
リラ自然音楽を掛け始めて、せっかくいい音楽をかけるのだから、スピーカーを変えたほうがいいかな・・・と思ってふと耳を澄ますと、音が出ています!f0186096_1620556.jpg
今では全く正常、左右のスピーカーからすばらしい音楽が流れ出ています。


この「リラ自然音楽」とても奥が深く、楽しいものなので、これから少しづつご紹介していきたいと思います。
[PR]
by d_rainbow | 2013-04-08 16:21 | リラ自然音楽