心とからだのセラピースペース


by まりりん

カテゴリ:生活雑記( 35 )

ホワイトリボンデ―

「ホワイトリボンデー」という日があるのを知りました。
11月25日だそうです。

女性に対する暴力撲滅のための国際デー。
1999年に制定されたのだそうです。

昨日まで知りませんでした。
知っていたけど忘れていたのかもしれないけれど。


ピンクリボンはよく宣伝していて、知っています。
乳がんの検診を勧める運動のようですね。

でも、乳がん検査のマンモグラフィーって、
ものすごーく痛いというのはよく聞くけれど、
強く圧迫するので、細胞をつぶすとか。
精度がうんと低く、
逆に被ばく量はけっこう高いとか。
生検は、がんがあれば
針を抜く時にがん細胞をばらまくとか。


ホワイトリボンの宣伝の少なさと、
ピンクリボンの派手さと。
ひんしゅくを買いそうだけど、
お金の流れとの相関を連想してしまいます。

[PR]
by d_rainbow | 2017-09-04 15:00 | 生活雑記

酵素シロップ

ローフードが気に入って、
その中の、
酵素シロップを作りたくなりました。

姉が以前から作っていましたが、
とても大掛かりなやり方で、
私にはとても無理!
と思っていました。


とりあえずどんなものか、調べることにしました。

図書館で「酵素シロップ」で検索すると、
何冊か見つかりました。
早速借りてきて…

私向きの、手軽にできるやり方が載った本を見つけました。


どうも今日はパソコンの調子が悪く、2回もストップ((+_+))
手短に書きます。

まず甘夏で作って、成功(^^)/
味をしめて自家産杏で作って、
おっいしい!!
かすかに紫がかったきれいなピンク色のシロップです。

3度目、今、梅を仕込んでいます。
赤みのある実を選んだので、
オレンジ色になっています。

豆乳に5%ほど入れてよく混ぜると、
飲むヨーグルト状になって、とてもおいしいです。




そして、これがほしかったのです!!
シロップをとった残りの果物。

ケーキに入れたら、これまたとってもおいしいケーキができます。


[PR]
by d_rainbow | 2017-06-30 10:51 | 生活雑記

いくつかの言葉

友人からのメールに、こういうのが添えられていました。
独り占めするのがもったいなくて、
ここにご紹介します(^^)/

なんか、魅力を感じる言葉

「価値観が違うという愛♪」

「食べ方は生き方」
丁寧につくられたものを
丁寧に味わう

Bless」=「祝福」

「蕩々(とうとう)と滔々(とうとう)と、炎々と延々と、遠々と縁々と、流れて薙()がれて和()がれて消えよ」


[PR]
by d_rainbow | 2017-06-20 15:16 | 生活雑記
夫が納豆をよく食べるので、
毎週注文していました。

家には夫が作った大豆があります。
納豆菌水もあります!

だのに納豆を買うって、ちょっと残念。


家で納豆を作れないか、調べてみました。
結構簡単に作れそう(^^♪


都市生活生協のカタログに
ヨーグルトメーカーが載っていました。
これを買えばできそう!

でも、他と比較することにしました。

関西資本のジョーシン(^_^)に行くと
ほぼ同じ値段でもっと使いやすそうなのがありました。
早速入手。


付属のケースで作ると匂いが付くと
夫が言うので、
紙パックを手に入れるために
豆乳を購入。

いつもの都市生活のと違って
コープの有機だのに
まるで水のようにびしゃびしゃ。

試しに万能酵母液でヨーグルトにしてみました。

まあびっくり(^_^)
とてもいい感じの、おいしい豆乳ヨーグルトができました(*^^)v


しかし
わざわざそのために豆乳を買ったのに、
そのパックを使うのが気が進まず、
結局
ヨーグルトメーカー付属の容器を使うことにしました。


まず1.5cの大豆を洗い、
一晩たっぷりの水に浸けます。

水をたっぷり含んで膨らんだ大豆を
やわらかーくなるまで蒸します。
よく蒸したほうが、
そしてゆでるより蒸すほうが
おいしいようです。

熱いうちに
大匙1杯の納豆菌水をまぶします。
やわらかいシリコンのスプーンなどで
大豆を傷つけないようにやさしく
まんべんなく。

そして容器に入れます。
なるべく水分を入れないように。

キッチンペーパーをはさんで蓋を軽くします。

43℃で8時間。
途中数回
換気を兼ねて、ふたを開けて様子を見ます。

豆の表面がうっすら白っぽくなり、
納豆らしい香り(^^)/

夫に味見してもらいました。
合格(*^^)v(*^^)v

ここで普通は冷蔵庫に1日置くと
匂いが薄くなり、
冷凍保存するのですが、
夫は匂いが強いのが好きなので、
1日室温で放置後、冷蔵庫で保存。


とてもおいしいそうです(*^^)v
私は食べないので(^◇^)

でも、もっとにおいがきつい納豆がいいと言うので
夫好みの納豆菌探しを始めることにしました。
いいのが見つかったら、
納豆菌水も作り直そうかな。


実は、ヨーグルトメーカーもほしいもののひとつでした。
また、ほしいものが入手できてしまいました(*^^)v

これで、玄米菌の万能酵母液の発酵も、
納豆菌水の発酵も、
ヨーグルトつくりも、甘酒も
簡単です。


ほしいものはない、電気製品は要らない
などと言っていたのですが
このところ
ミル、2台めの炊飯器、クルル、ヨーグルトメーカーと
いろいろ買ってしまいました。

でもこれで、
夫の作った大豆やダイコン、ニンジン、カブ…が活用できるし、
甘酒や納豆を買わなくて済むし、
アーモンドプードルを買わなくていいし、
・・・
麹も作ろうかな。



[PR]
by d_rainbow | 2017-04-20 11:15 | 生活雑記

べジパスタとクルル

ローフードレストランらうあいはうすへ行ったお話に
べジパスタが気に入って
「クルル」を注文したことを書きました。

北海道からだけど、
意外と早く届きました。

さっそく、毎日のように活躍しています。


まずは、一人の時に
大根をやってみました。

とても細い、刺身のつま(^◇^)ができました。
やわらかくて、しんなりして、食べやすいです。

細いと、刃と押さえの間にうまく立てるのが難しいです。
軽いので、器具がごとごとと動きやすいです。
でも、お値段の割に、うまくできます。
プラスチックだから、
割らないように、大事に使いたいと思います。


次の日、夫が張り切って、
ニンジンをしました。

すごい勢いでハンドルを回して、
空回り(@_@)

押さえる必要に気付いて

見る間に大量のニンジンのつまができました。
大根も少しして、
ルッコラを加えてサラダにしました。

大量のニンジンも意外と食べやすくて、
胡麻ドレッシングが合ったからか、
翌日義母も気に入って食べたようです。


切り込みを入れずにすると、長ーいのもあって、
ちょっと食べにくいので、
少し切り込みを入れるようにしました。


玉ねぎは
千切りの刃を引っ込めて、
薄ーくスライスできます。

かっち君に教えて頂いた
とってもおいしい玉ねぎの食べ方

スライスして2時間放置。
冷蔵庫で3・4時間冷やす。

飛び切りオイシイ淡路の玉ねぎを
昼食後にスライスして、
夕食においしくいただきました。
おかか醤油で。


クルルにレシピが4つついていて、
ジャガイモのパスタのオムレツがありました。

めったに買わない卵を夫が買ってきて、
作ってくれました。
おいしかったです。

ぜいたくを言えば、卵なしで、うまくまとまったのが食べたいです(^^♪


らうあいはうすでいただいたような、
おいしいソースで和えたべジパスタが食べたいです。

図書館の本で、
ローフードとローフードソースを研究中です。
カシューナッツを粉末にして、ソースにしたり…

らうあいはうすで出たパスタは蕪でした。
カブは冬しかできないと夫が言います。
来年までお預けです。

[PR]
by d_rainbow | 2017-04-12 15:26 | 生活雑記
ヤマトヤシキ(地元のデパート)の地下で、
「御座候(姫路の有名な回転焼き)を買って帰ろうか!」と話しながら買い物し、

エスカレーターの前で考えが変わって、
節約のために買わないことにしました。

「食べたいなあー」と横目で見ながら
あのふわふわしっとりの感触!
甘いあんこのおいしさを思い出しながら、
帰りました。

帰ってから、
御座候、おいしいなあ、食べたいなあって、
思っていました(^◇^)


翌日、
インターホンが鳴って、夫が出ると
お隣さんとのこと。
なかなか戻ってこないので、
何かややこしいことでも持ち上がったのかと思ったら

雑談していただけでした。

そしてその手にはなんと
「御座候」の箱が!(*^^)v(^◇^)(*^^)v

しかも焼き立てのホコホコ♪

黒が3つ、白が2つ。

まず黒を1個づつ、さっそくいただきました!!
おっいしーーーい!

食べたいとは思ったけれど、ほしいと願うのは忘れていました!
願う前に、叶いました!!

そして翌日
今度は白を
オーブントースターでこんがり焼いて
いただきました。

これまた違うおいしさ!!

1個残ったのは、
夫が義母に持っていきました。


確か前にも、今年初めに
こんなことがありました。

大内博さんの「安らぎのワークショップ」で
「願う前に叶ってしまう」というのがありました。
でも、食べたいと思うのは、すでに願っているのかな?

どっちにしても、ラッキー―!!
おとなりさんありがとうございます!(^^)!


[PR]
by d_rainbow | 2017-04-07 10:24 | 生活雑記

菜の花のフォカッチャ

夫が帰ってきて「こういうのを作ってよ」と言います。

テレビで写していたそうで、
大山のふもとのパン屋さんで、
(ここ、去年の夏に行きました!)
イタリアの何とかいうパンの上に
菜の花を載せて焼いていた、とのこと。


フォカッチャかな?と思い
クックパットで探すと、ありました!

「イタリア主婦が焼く簡単フォカッチャ」


おもしろそう!
早速作ってみました。

薄力粉と強力粉半々に、
普通の3倍くらいのイースト、多めの水、
油と塩と砂糖をほんのちょっと
泡だて器でぐるぐる混ぜて、
倍になるまで発酵。

天板にたらたら(より固いけど)と流し広げて、

夫が作った津田蕪のとうが立った、
先を摘んで、さっと湯通しして
生地の上に並べ、
オリーブオイルを振り、
ペタペタ手のひら、指先で押さえてなじませ、
塩を軽く振り、
焼きました。

大成功!!

たいしてこねもせず、2次発酵もせず、
成形もせず、
とっても簡単。

おいしかったです!!
春のパン♪


[PR]
by d_rainbow | 2017-04-05 10:51 | 生活雑記
新聞に
三木の緑が丘にある
スローフードのレストラン「らうあいはうす」が紹介されていました。

2年前にオープン。
大阪や京都でも教室を開いているとのこと。

休みがちだったけど、
今年からスムージーのカフェを毎日、
ランチを月2回日曜日に提供するとのこと。


3月の記念日のお祝いをどうしようか考えていたので、
早速ランチを予約しました。


神戸電鉄緑が丘駅からすぐ
明るくて開放感のある清潔なお店でした。


まず出てきたのは酵素シロップ入りのお水。
ほの甘くておいしいです。

次はスムージー。
おめでたい私は何色だったか忘れました(-_-;)
色に弱いので…
緑だったかオレンジだったか・・・
とにかく、おいしかったです。
身体が喜んでいる!
何が入っているか教えてくれましたが、
これも思い出せません。
野菜と果物が2種類づつ入っている感じでした。

うちは毎朝夫が
万能酵母液とりんごとニンジンをミキサーにかけて
飲んでいます。
それと似ていました。
かんきつの味がして、それが効いていて
一段とおいしいです。

どろどろだのに
細いストローで飲むのが面白いと思いましたが、
少しづつ飲むほうがいいからなのかなと思いました。
訊けばよかった。

次の朝さっそく夫のスムージー‼に
せとかの皮を加えてみたら、
同じお味に…とってもおいしくなりました(*^^)v


次に出てきたのが
スープ。
一口飲んでびっくり。
冷たいのです。
見た目は普通のポタージュスープなんだけど…
とてもコクがあっておいしかったです。

どれも何がどうしてあるのか教えてくださるのですが、
残念ながらほとんど忘れてしまっています。

次はサラダ。
ベビーリーフなどの上に、
コーンやアボカド?などがナッツか何かのペーストで和えて載っていて、
ゴマ?のソースも添えられていました。
これもとってもおいしかったです。
これに菜の花?が周りにあしらってあったのかな?
酵素シロップに浸して、揉んであるのだそうです。
酵素シロップをいろいろに活用するのですね。

そのつぎがおもしろい
細ーいパスタが緑(春菊?)のソースであえてあります。
ソーメン?って感じ。
食べてみると(^◇^)
お野菜(@_@)なんか歯ごたえがあって、
カブみたいな。
意外だったけれど、これもとってもおいしかったです。

そして、
電話で聞いた時には
メインはパスタとミニピッツァということだったのですが
2日間熟成させた黒豆と黒米?入りの発酵(酵素?)玄米と昆布の煮ものでした。
おいしかったけれど、
うちでは万能酵母液の発芽前発酵玄米を何日かおいて食べているので、
感動はなかったです。

最後にデザート、
乳製品を使ってないチーズケーキ。
カシューナッツをペースト状にして、
冷やし固めたのだそうです。
面白い感触でした。


食後の感想は、
お茶でもいいから、あったかい物がほしい!!
前半はおいしくて感動したけど、
後半はそれほどでも・・・
ごはんにはお漬物もほしい…
だけど、おなかは満足した割りに身体が軽い!

お値段は妥当。

スローフードについて、程よく説明してくれるのもいい感じ。


あの細い、ソーメンに見える、べジパスタが食べたくて、
ネットで探して、
「クルル」を注文しました(*^^)v

1週間ほどして
「おいしかったなあ!!
また行きたい!」
と思いました、今も。

いろいろ、家でのお料理やお菓子作りのヒントも頂けました。

酵素シロップを作ろう!という気にもなりました。
まずは図書館で本を借りて読みます。


今は、気を付けてないと
非加熱の食物をあまり食べなくなるから、
スローフードを採り入れるのはとてもいいと思います。
加熱食品しか食べないのが続くと
かなり困ったことになるらしいので。













[PR]
by d_rainbow | 2017-03-31 11:04 | 生活雑記

ケムトレイル?

今朝、自転車通勤の途中、空を見上げると
飛行機雲が何本もありました。

まだできたての細いもの、少し広がったもの、
かなり幅広くなったもの。

これまで見たことのない多さでした!

ケムトレイル!(@_@)


ちょうど
徳間書店の5次元文庫
『マスコミとお金はひとの幸せをこうして食べている』

に載っている
名古屋上空のケムトレイルの写真を
見たところでした。


「時折、日本のニュースを見ていると天気予報の前後に
アナウンサーが唐突に飛行機雲の説明を始めることがある。
「飛行機雲には、尾の長いものと尾の短いものがあります。
両方とも自然にできるものです」と
排気中の水蒸気の粒を核にして飛行機雲が形成される様子を
図解して説明するのだが、
これなどはアメリカでは、
NASAがHP上で子供向けに行いケムトレイルの説明のコピーである」

そういえば、聞き覚えがある…


アメリカルイジアナ州では2007年、
飛行機雲から舞い降りできた粉を市民が収集し、
そのサンプルをテレビ局が研究時に持ち込んで分析した結果、
安全基準の3倍を超えるバリウムが検出されたそうです。

テレビのレポーターは
ケムトレイルが非公式の気象操作プログラムであると同時に
国民を対象にした生物化学兵器実験である可能性を指摘し、
その根拠として
1977年に上院聴聞会で公表された
アメリカ軍による生物化学兵器実験を挙げたそうです。

アメリカ軍は1949年から69年の20年間、
全米239か所の住宅街で
秘密裏に細菌や化学物質を散布していた。

飛行機、車、戦艦などから
各種細菌や化学物質を大気中に散布しており、
中にはカドミウムや大腸菌や炭そ菌に似た枯草菌などもあった。

「ケムトレイル」という用語が
政府の内部書類に明記されているそうです。

そして今も、
アメリカ政府はテロ対策の一環として
国民を対象にした模擬人体実験を合法的に行う権利の一部を
有している!


日本ではまだ言葉を知る人もわずか、
知っていても
都市伝説としてとらえている人がほとんどのようですが、
欧米ではすでに周知の事実で、
裁判や反対運動が起こっているそうです。



この本には、すごいことがいっぱい書いてあって、
人々に知ってもらいたい!!
という思いが沸いてきますが、


ふと『奇跡のコース』の視点に立つと

あ、エゴが「大変だ大変だ!!」と
この世界という幻想を
リアルにしようと躍起になっている!

これは夢
投影を解除するチャンス!!

でも、この夢はまだまだ続くから、
やっぱり人々に知っていてほしいことは
伝えていきたい。

この世界は幻想!!と
赦しを実践しながら、

アスパルテームの害とか、
うま味調味料の害とか、
伝えていきたいと思います。


そして、心穏やかに
すべての人の本質をしっかり見て、
誰をも非難することなく、
みんなが幸せになれるよう、
方向性を示せたらいいなあ…


あははは、難しくて、
とても無理!
かもしれないけれど、
思いはそんなところです。










[PR]
by d_rainbow | 2017-02-22 15:18 | 生活雑記
この冬はぬくぬくの夜を過ごしています(^^♪

年とともに冬の冷えを痛切に感じるようになっていました。
やがて寝室にも暖房が必要かしら
などと考えていました。


ふと、娘に何度も湯たんぽを薦められていたことを思い出しました。

かつて愛犬ももが使っていたオレンジ色のが物入れにあるはず…
面倒で何年も見送っていましたが、
動き出したら、すぐ見つかりました。

やかんに一杯お湯を沸かして、
満杯にしないと変形すると書いてあるので、
足りない分水を足して、
バスタオルでくるんで袋に入れて、お布団に入れました。
お布団の、温かくなっていてほしいあたりに置き、1時間ごとに移動させ、
寝るときに足の先に移しました。

きれいな色のあったかい湯たんぽを扱うのは、楽しいです(^^♪

さて、
お布団に入りました。
まあ!なーんて暖かいんでしょう!!(*^^)v
しあわせ~(*^▽^*)
お布団が温まっているから、手もあったかい。

暖かいって幸せ~

この幸せ、1回目が一番強烈、
だんだん慣れて、当たり前になり、、、
でも、湯たんぽやめたらみじめになるのは確実。

夜中トイレに起きず、
熟睡(*^^)v


そして朝。
お布団の中にいれば、寒さを全然感じません。
今日はあったかいの?と思ってしまいます。

まだまだ暖かい湯たんぽを持って台所へ。
ボールに2・3杯のお湯があるから、
これで手を温めながら朝の作業をします。


私が子供のころ、
姉が湯たんぽを使っていました。

ある日、起きたら、
ふくらはぎの外側に低温やけどしていました。
だいぶ長い間お医者さんに通っていました。
きれいに治りましたが。

だから、低温やけどにはとても気を付けています。

夫は寝るときに湯たんぽが足に触る位置に置きたがります。
私は足を延ばして、向こうのほうに押しやります。

ラジオでお医者さんが湯たんぽをとても薦めていました。
でも、低温やけどについての注意は全くしてなかったので、
ちょっと心配しました。



[PR]
by d_rainbow | 2017-02-07 10:32 | 生活雑記