心とからだのセラピースペース


by まりりん

カテゴリ:お知らせ( 5 )

2014年1月から丸3年、
月1回、東加古川にあるソフィアハウスを会場に、
『奇跡のコース』を楽しむ会を開いてきました。
今年12月でちょうど満3年になりました。
台風で1回中止しましたが、
計35回
北は東北山形から、西は山口まで、
延べ27人の、様々な方がご参加くださいました。
『奇跡のコース』というものを、人々に知ってもらいたい
スピリチュアルなことを話し合う場を提供したい
という思いで開いてきました。
様々な貴重な出会いがあり、
ここから発展した会も複数生まれました。
そろそろ役割を終えたという感触があり、
12月20日の会を最後に
会を閉じることにしました。
これまでご参加くださった方々、ありがとうございました。
いつも居心地のいい場を提供してくださった
ソフィアさん、ありがとうございました。
これからは、別の機会に、あるいは別の場で、
お出会いできることを楽しみにしています。

[PR]
by d_rainbow | 2016-12-26 10:50 | お知らせ
ハーバードの脳神経外科医、このブログでもご紹介した
世界的ベストセラー『プルーフ・オブ・ヘブン』の著者エベン・アレグザンダー医師が
NHKスペシャルに登場するかもしれないそうです。

詳細は不明だそうですが
ナチュラルスピリットニュースによると


【NHKスペシャル】で
著者が登場するかもしれません(詳細不明)。

9月14日(日)
午後9時00分~10時13分放送予定

臨死体験
立花隆 思索ドキュメント
死ぬとき心はどうなるのか


『私』という存在は死んだらどうなるのか、
死ぬとき『私』は何を見るのだろうか──。

20年余り前、臨死体験について徹底的に取材し考察を深めてきたジャーナリスト/評論家立花隆さん。

74歳を迎え、がんや心臓の病を抱えて死を間近に感じる今、
再び臨死体験の最新研究の現場を見つめ、
“死”について思索しようとしている。

死の間際に一定の人が見る臨死体験。
臨死体験が世界で注目され始めた1980年代以来、その解釈としては、
脳内現象として科学で説明できるとする「脳内現象説」と、
肉体が死んでも“魂(もしくは自我を感じる「意識」)”が存在し続けるという「魂存在説」───
これら二つの説が互いに相容れない、激しい議論が続いてきた。

そうした中、立花さんは新たな臨死体験の掘り起こしをすると同時に、
そもそも「意識(魂)」と呼ばれているものの正体とは何なのか、
最新の脳科学・心理学・哲学にいたるまで、
徹底した取材に基づいて正面から挑もうとしている。

科学的に見て、死後の世界があると言える余地はどれくらいあるのか。
死後の世界がないとしたら、『私(自分)』という意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。
私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。

有史以来、人類が答えを追い求め続けてきた
生と死にまつわる壮大な謎───その謎に挑む立花さんの思索の旅を通じて、
大震災や紛争などで多くの命が失われる今、
命や『私』の存在する意味を考える。
(番組HPより)

臨死体験にご興味のある方は、ぜひご覧ください♪   ということです。
f0186096_15335142.jpg


               ゼロ会メンバー あみちゃん撮影





        心とからだのセラピースペース ダブルレインボー
            E-メール:info@d-rainbow.com
            URL:http://www.d-rainbow.com

            ℡ 079-423-3780
[PR]
by d_rainbow | 2014-09-02 15:36 | お知らせ
整理用ナプキンへのDV相談窓口掲載が更に拡充しました。
新聞各紙でも報道されています。
以下は、お一人でこの運動を進めてこられた川本弥生さんからのメールです。

嬉しいご報告です〓
私が生理用品メーカーに呼びかけていた活動ですが、本格的に実現し、今、店頭に並んでいます!
大王製紙が、私の手紙を受け取ってから2年。社内でも相当、検討したそうで、最終的には、利益追求よりも、最優先すべき問題だと判断し、進めてくださったそうです。
私の集めた署名や、本格販売を望む声を、たくさんの方が寄せてくださったことも、あと押しとなりました。
このことが、テレビで紹介されます。
11月12日・読売テレビ、夕方の『テン』という情報番組の中の特集コーナーです。
もし、可能なら見てみてくださいね〓
        川本弥生
[PR]
by d_rainbow | 2010-11-16 10:21 | お知らせ
「ウルトラガード朝まで超安心デラックス360 16+2枚入り」のナプキンのパッケージに「怖いと感じたら、それはDVです お近くの相談窓口をご案内します」と、DV相談ナビの電話番号が印刷されます。

12月10日頃から1ヶ月の期間限定です。

反響によっては期間、商品とも拡大する可能性あり。

熱い思いを抱いた、たった一人の女性の運動の結実です。
彼女自身もDVの被害者です。

どうぞあなたのほんの少しの働きで、運動を拡げてください!

この期間に、この商品を買ってください。
メーカーに、声を届けてください。

f0186096_1463818.jpg



エリエールの問い合わせフォームのアドレス
  ↓
http://www.elleair-tech.co.jp/page_04_02_02.html


お客様相談室℡ フリーダイヤル 0120-205205



彼女のブログです。訪問してみてください。

*諒ちゃんの生涯ブログ:DVの果てに~悲し過ぎる結末~
http://blogs.yahoo.co.jp/anna_mama_718
*活動記録ブログ   :DV家庭の子どもたちを守りたい(活動記録) 
http://ryo87723.blog20.fc2.com/
*オンライン署名:DV家庭の子どもたちを守りたい ~お母さん、勇気を出して!
http://www.shomei.tv/project-769.html
[PR]
by d_rainbow | 2009-12-12 14:07 | お知らせ
ダブルレインボーのHPに推薦文を寄せてくださっている川本弥生さんが、署名プロジェクトを立ち上げました。
「DV家庭の子供たちを守りたい!~お母さん、勇気を出して~ 」というタイトルです。

 もし、身近にあるものに、DVの相談窓口が記載され目に付いていれば、被害を回避できたのかもしれないとの思いから、 生理用品の会社に、その掲載をお願いしています。

 DV家庭の子供たちを守れるのは、お母さんの一刻も早い気付きと勇気なのです。

インターネットで署名するサイト・『署名TV』→→「DV」で検索すると出てきます。
アドレスは  http://www.shomei.tv/project-769.html です。

以下は、川本さんからのお願いの言葉です。

初めての試みで、誤字があったり、写真がうまく掲載されなかったり・・と、
不完全なものになってしまいましたが、(訂正ができないそうで・・)
渾身の思いを込め、ナミダを流しながら書きつづり、
この署名プロジェクトを立ち上げました。

その紹介文を読んでいただき、
賛同していただければ、ご署名をお願いいたします。
一人でも多くの方のお力添えをいただき、
このプロジェクトを成功させたいと願っています。

どうか、どうか、よろしくお願いいたします。

実名のみの署名・・となっておりますが、
   匿名でも、ご署名いただけます。

そして、また、ほかの方で、賛同してくださるような方がありましたら、
ご紹介いただけますでしょうか。

思えば、私が今、こんなに元気になって、このような活動ができるまでになれたのは、
周りの人たちに支えていただいたおかげです。

今度は私が、たくさんの今苦しんでおられる、DV被害者の方の
お役に立ちたいと思っております。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by d_rainbow | 2009-03-18 14:11 | お知らせ